ホーム>整体師のミカタ>2007年11月

2007年11月

結果オーライでは済まされない

無免許で「瀉血治療」、札幌の72歳療術師を逮捕(2007年11月25日20時38分 読売新聞)  北海道警札幌南署は25日、医師免許がないのに患部から血液を吸い出す「瀉血(しゃけつ)治療」をしていたとして、札幌市南区真駒内柏丘、療術師渡瀬正方容疑者(72)を医師法違反(無免許医業)の疑いで逮捕した。  調べによると、渡瀬容疑者は、8月下旬ごろから11月12日ごろまでの間、自宅に設けた診療室で、札幌市の自営業男性(55)や名古屋市の自営業男性(50)ら3人に、腰痛などの治療目的で計4回にわたり瀉血治療を行った疑い。  渡瀬容疑者は1990年ごろから違法治療を始め、これまでに北海道や東京都、沖縄、愛媛両県などの患者2000人以上から1000万円以上の利益を得ていたとみられる。  調べに対し、渡瀬容疑者は「瀉血治療で膠原(こうげん)病やがん、脳こうそくなどの患者を治してきた。患者は口コミで集まってきた」と話しているという。 ~:~:~  以前にも、川崎の整体院が患者さんに瀉血治療を行い、医師法違反で逮捕された事件がありました。こういう療術師は、「医師以外は医療行為を行ってはならない」という意識があまりに欠けています。「法律ではそうだが、実際に患者さんが良くなれば問題ない」という「結果オーライ」の感覚で施療しています。たしかに一見効果があると見られるケースもあったでしょうが、こういったいいかげんな考えで施療しているのですから、患者さんに健康被害を及ぼし、トラブルになるケースもあったと思います。  自分の行為が、患者さんを健康にするどころか、患者さんを感染症などの危険にさらしているという危機意識をまったく持たず、がんなどで苦しみ、わらをもつかむ思いで来ている人に医学的根拠もなく、「悪い血を出せば健康になれる」などといいかげんな治療をすることは、許しがたい罪です。この療術師を信じてしまった人の中には、本来医師から受けるべき治療をせず、かえって病状が進行してしまった人もいたのではないでしょうか?厳しい処分を求めます。  私のところではしていませんが、中国整体などで、「吸い玉療法(カッピング)」というのを、しているところがあります。吸い玉療法には瀉血する方法としない方法があります。瀉血しない方法ならかまいませんが、瀉血する方法については、医師法に触れるおそれがあります。 ~:~:~:~:~:~:~  「結果良ければすべて良し」という言葉がありますが、そんな考えで施術をし、もし、患者さんに健康被害が発生した場合、あなたは責任をとれますか?  患者さんに施す技術は、適法であることはもちろん、しっかりと裏打ちされた正しいものでなければなりません。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆  ↓励みになります。1日1回のクリックおねがいしま~す[emoji:e-365] blogRanking にほんブログ村 健康ブログへ

勉強会に参加して。

 先日、整体院をお休みにして、カイロプラクティックの勉強会(練習会)に行ってきました。今回も、関東のみならず、東北や中国地方といった遠方からの参加者もいて、皆、熱心に受講し、技術を学んでおられました。  今回学んで来て、一番実感したのは、「知っているのと、知らないのでは大違い」ということでした。それというのも、今回教わったテクニックは、骨格や筋肉についての知識があり、施術時に、「どこをどうしようとしているのか。最終的には、どうなっているか。」がイメージできる人であれば、簡単にできるものだったのです。  つまり、今回の参加者のレベルであれば、習得は十分可能。でも、誰も教えてもらうまで、その方法を知らなかったのです。「言われてみれば、それに近いやり方を別で使っているかも」という方はいらっしゃいましたが、それでも、実際に「○○を○○して・・・はいっ どうですか?」と講師の先生が目の前でやってみると、会場から「おお~!」と声が上がります。  それに、ある技法は、自分の出身の整体師養成校で教わったものとは、違うアプローチの仕方で簡単に骨格の調整ができてしまうといったもので、「えっ そんなんでいいの?」って感じにさえなりました。おかげで、整体技術の引き出しがまたひとつ増えました。  また、これまで習ってきたことの確認もあらためてすることができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。講師の先生、モデル役になってくれた方や、参加者全員にこの場を借りて御礼申し上げます。  それにしても今回もつくづく、自分が知識も技術もその使い方さえまだまだ知らないんだなって整体の奥深さを思い知らされました。  整体院では、患者さんから先生と呼ばれ、整体教室でも、空手道場でも講師・指導員を勤めているので、先生と呼ばれています。でも、私は先生と呼ばれる資格のあるのは、学校の教師と医師(歯科医含む)だけだと思っています。だから、私は、先生ではないのですが、仕事柄、「先生・・・」と話しかけられると、自分が先生になったような気がして、勘違いしそうになります。それが、いつか「おごり」にならないとも限りません。  ですから、そんな自分に、本来の自分の器量・力量を再確認させる意味でもこういう勉強会に参加する意味は大きいと思います。 ~:~:~:~:~:~:~  現在、整体師を目指して学んでいる方、今がんばって習得しようとしている技術は、整体のほんの入口の技術に過ぎないのかもしれませんよ。  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆  ↓励みになります。1日1回のクリックおねがいしま~す[emoji:e-365] blogRanking にほんブログ村 健康ブログへ

貼り紙の効果はいかに?

          jihankihyouki
 先日、自販機にこんな貼り紙をラミネートして、貼ってみました。  整体院の真ん前に、せんげん台駅行きのバス停がありまして、そこの歩道側に面して自動販売機を1台置いております。毎朝、玄関や駐車スペース、バス停付近の歩道などを掃除するのですが、バス停付近には、いつもタバコの吸殻が落ちています。  バス停には、「この付近での喫煙はご遠慮下さい」と、一応禁煙を促す表記があるのですが、喫煙者としては、バスを待つ間にちょっと一服したいらしく、よく吸殻が落ちていました。そこで、しばらく前に「携帯灰皿を使いましょう」という小さな表記を私の方で、勝手にバス停に貼らせてもらったのですが、あまり効果はありませんでした。  そこで、もう少し、環境美化に協力してもらおうと思い、自販機に上記のような貼り紙をしてみたのです。このバス停を利用する方は、この近くに住んでいて、朝、通勤や病院や施設への通院に利用する方がほとんどです。だから、ここでタバコを吸う人もきっと、ご近所さんに違いないので、 「この道路 あなたの街の 一部です」 という標語にして、注意を促してみました。ちなみに今朝の吸殻は2本でした。いつもよりは少ない方です。これから効果が出ることに期待したいと思います。  なかには、風で飛ばされてくるものもありますが、タバコの吸殻の他に、アルコール飲料の空き缶、レシートやガムの包み紙といった紙くず、マクドナルドのシェイクのカップや紙袋、ペットボトルなどが捨ててあることもあります。  私は、菓子パンの袋や空き缶など、ゴミになってしまったものを家やゴミ箱のあるところまで持っていることには抵抗を感じないのですが、ポイ捨てする人は、今まで手にしていたものが、用が済んでゴミになった瞬間に、「1秒でも手に持っていたくない」、「今すぐ捨ててしまいたい」という衝動にでもかられるのでしょうか?自分の庭以外は、すべてゴミ箱という感覚なのでしょうか?  もちろん、どこにいようと、所定の場所以外でゴミを捨ててはいけませんし、火のついたタバコのポイ捨ては、火事の原因になったりするので、絶対にしてはいけませんが、せめて、自分が歩いてこれる範囲くらいには、自分の庭と同じような美化意識を持ってほしいと思います。  先週の土曜日の夜、明治大学の剛柔流空手道部(体同連)の稽古の指導に行ってきました。帰りの伊勢崎線の電車の中で、チューハイの空き缶が転がっていました。そういうのを目にした時は、私は拾ってから電車を降りるようにしています。 ~:~:~:~:~:~:~  周囲の状況に気がつかない人、周りに気を配れない人、気づいても何も行動を起せない人は、整体師向きではありません。これは、技術の習得よりもはるかに大事なことです。   ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆  ↓励みになります。1日1回のクリックおねがいしま~す blogRanking にほんブログ村 健康ブログへ *ミクシィに谷原保育園の存続希望するコミュを作成しました。↓ http://mixi.jp/view_community.pl?id=2763047 *ミクシィに参加されたい方は、あさひ整体センターのHPからメール を送ってください。ご紹介メールを送信いたします。

そうして少子化は進んでいく・・・

 以前、私の娘が通う保育園が、閉園の危機に直面しているという話しを書きましたが、先日、その谷原保育園の板橋園長先生とお話しする機会がありました。  私がブログに保育園のことを書いていたのを人づてに聞き、実際に読んで下さっていました。私の他にも、保護者や卒園児とその保護者、地域の方々など保育園のことを心配している方がたくさんいらっしゃるようです。  前回のブログでは、私もやや感情的になって書いたこともあり、ブログの最後の方で、春日部市を少し批判するような表現になっていましたが、実際には、春日部市は、谷原保育園の移転計画に対し、とてもよくやってくれていたようです。  園長先生自身も、特例措置の陳情や代替地に関することなど、私が考えうるようなことはすでにすべてやっていました。できうることはすべてやり、精一杯努力した結果での「移転予定地開発不可」の決定だそうです。現実を受け入れ常に前向きである園長先生は、いつまでも移転予定地にこだわってはいないように感じました。  実は、前回のブログには書かなかったのですが、引き続き、春日部駅西口に移転用地を探す一方で、平成21年度に市が、駅東口に公設民営保育施設を開設する計画があり、保育園としては、それに応募を検討しているとのことです。私は、板橋園長が運営する保育園を大変気にいっています。今年卒園した娘も、今通園している娘もこの保育園が大好きです。園長のご苦労を考えずに発言するのを許していただければ、どんな形でも「板橋園長の保育園」を存続させてほしいと思います。  しかし、駅東口に保育園ができても、西口は保育園がひとつ減ることになります。既存の保育園での増員や幼稚園の延長保育などで、春日部市も待機児童を実質ゼロ近づけていますが、だからといって貴重な保育園を減らしていいとは、私には思えません。  都市計画法の改正も国民のため、その他の様々な法律や規定も国民のためのものです。それぞれが国民のためになるように存在しています。しかし、その結果、理想的な場所に、保育レベルの高い保育園が移転できないという現実があります。そうして、少子化は進んでいくのだなと感じました。  少子化対策は常に、何かの次、後回しにされているように感じます。だから、安心して子供を産めない・もうひとり産もうと考えにくい社会になるのだと思います。【産める病院が1年半で1割減(読売新聞全国調査)】  少子化対策のためには何をやってもいいとわけではありませんが、少なくとも最優先事項と考えなければ、この国の少子化は止まらないと思います。最も単純に考えるとこうなります。↓  例えば、出生率をもうちょっとがんばって1.33にまで、回復させたとしましょう。これでも、180万人から生まれる子供は120万人です。世代人口は3分の2に減るわけです。その120万人から生まれる子供は80万人です。2世代後になっただけでこれですよ。  私は、少子化対策こそが最も急務だと思いますが。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆  ↓励みになります。1日1回のクリックおねがいしま~す blogRanking にほんブログ村 健康ブログへ (ミクシィのコミュは削除しました) *ミクシィに参加されたい方は、あさひ整体センターのHPからメール を送ってください。ご紹介メールを送信いたします。

いつもと違う疲れ方

 昨日、ある市の空手道大会の審判員をつとめてきました。本来なら、終日休診にするところなのですが、日曜日しか都合つかない方や、この日に施術をしておいた方がいい方など午後6時ごろから予約済みの3名に整体を施しました。  夕方、整体院に戻ってから、他にも、「当日これから整体受けられないか」とのお電話も複数いただいたのですが、ご予約の方のキャンセルの見込みも薄いので、心苦しかったのですがお断りしました。土日は当日になってみないと予定が立たず、どうしても事前に予約を入れづらい方もいらっしゃるようです。  秋は、他のスポーツイベント同様、空手道も毎週どこかで大会が開かれています。この日も他と大会開催日が重なり、越香会にも審判員のお願いが来ておりました。私の整体院は不定休で、原則土日開院としているので、さすがにそう頻繁には大会に行けないのですが、このように大会等が重なっている場合は、自分も審判員をつとめるようにしています。 (そういうことなので、患者さんにはご理解いただきたくよろしくお願いいたします。)  この日も他の大会等と重なっているため、審判員数に余裕がなく、昼休み以外休憩が取りにくい忙しい状況でした。それで、疲れたせいもあるのですが、今回はいつもと少し違う疲れ方をしました。   いつもは、正確なジャッジを取るためにはどうするか、自分は審判規定に忠実にジャッジをしてるか、動作は正しいか、選手達に全力を出し切れる試合をしてもらうにはどうしたらいいかなどに集中しているのですが、昨日はそれはもちろんのこと、その他に、他の審判のジャッジの仕方やコート係員の動きまで気になっていたのです。  よくよく考えてみれば、自分もキャリアの長い審判の先生に、試合の後、よくアドバイスを受けておりました(今も受けています)。きっと、その先生から見れば、自分のジャッジにはどこか欠けている部分があったのでしょう。そしてその先生もコート内外のことに本当に目が行き届いており、ちょっとした気遣いで試合の進行がスムーズに流れるのを感じることがよくありました。  私は、現役を引退し、審判に専念するようになってからまだ5年と、かけ出しひよっこ審判員ですが、それでもだんだんコート内外全体が見えてきたということなのでしょうか?コートの進行自体は、組手、幼年の部で係員が選手を取り違え(もちろん一番悪いのは、選手本人です)、試合をやり直すというミスもありましたが、その他はおおむね良好で、大会ドクターを呼ぶような危険なシーンもなく、スムーズに運びました。  こんなふうに書くと、自分が人にアドバイスできるような優れた審判員になってきたかのように見えますが、実はまだ続きがあります。   大会の終了間近、別のコートの全試合が終了して、私の主審をつとめている試合を見てた先輩審判から、「あの試合では、坂谷君は、片方の場外注意(カテゴリー2のペナルティ)しか取らなかったが、本来はもう片方の攻撃が極まっているのだから、ポイントを取ってから、場外に出た選手にペナルティを課すべき」と注意をいただきました。まだまだ自分も審(み)る目が甘いです。  ある方が、「審判にも審判道みたいなものがある」と言っていましたが、私も同感です。もっともっと、審判員としても向上していかなくてはと、気を引き締めました。 ~:~:~:~:~:~:~  チームを組んで仕事をする場合、自分の仕事を100%果たすだけでは、実は不十分です。それはきっと誰かのフォローの上に成り立つ仕事だからです。自分の仕事を100%できた人は、今度は周りの人が、スムーズに100%の仕事ができるように気を遣ってください。それがチームワークです。それは自分のためにも必要なことのはずです。   ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆  ↓励みになります。1日1回のクリックおねがいしま~す[emoji:e-365] blogRanking にほんブログ村 健康ブログへ *ミクシィに谷原保育園の存続希望するコミュを作成しました。↓ http://mixi.jp/view_community.pl?id=2763047 *ミクシィに参加されたい方は、あさひ整体センターのHPからメール を送ってください。ご紹介メールを送信いたします。

上手さのレベル、普通のレベル

 昨日、整体教室の実技授業の際、ある生徒さんのほぐしを受けました。簡単に言うと、整体は、骨格(おもに脊椎)を調整し、姿勢や身体の中を正しい状態にして、患者さんに健康になってもらう療法(定義は諸説あります)ですが、極理では、いきなり骨格を調整するのではなく、先にほぐしを行い、筋肉を和らげ、患者さんになるべく負担がかからないようにします(内蔵テクニックの話は置いておきます)。したがって、ほぐしは授業でも、とても重要視しています。  私は、受けてみて、その生徒さんに「体重を上手く使えず、腕力で押しているので、表面が痛いだけでほぐれる感じがしない。受けていて気持ちよくない。体重が片側しか使えていないからそうなる。」などと、ややキツイ言い方をしました。その生徒さんは、他の生徒さん達からは、良い評価を受けていたようで、私の指摘は、やや意外だったようです。  たしかに、この人は上手です。たぶん同時期に入った人達の中では、一番でしょう。センスもありますし、私もこの人はきっと良い整体師になれると思います。では、なんで、そんな上手な人をヘタだと言ったのでしょう?ただのイジワル?何かいやなことがあってのやつあたり?  実は私は、生徒の習い事のレベルで見ていたのではなく、患者さんに通じるかどうかのレベルで見ていたのです。この人は、すでに習い事のレベルは十分クリアしています。でも、実際に患者さんが満足するほぐしのレベルになっているかという点で見れば、まだまだヘタというわけです。  「上手だね。」とほめるのは簡単です。生徒さんも機嫌よく授業を受けてくれますし。でも、ほめられた人は、どのレベルを基準にしてほめてもらったのか?それを考える必要があります。整体に限らず、「上手になったね。はい合格!」と言われて、スクールを卒業(修了)し、何の疑問や不安を抱かずに開業したもののうまくいかず、あとでこんなはずじゃなかったと後悔するというケースはよく耳にします。  誰かにほめられてそれに満足しているようでは、その人は成長しません。常に先のレベルを見据えた努力が必要です。  先日、奥さんの紹介で、身体のコリがひどく、腰痛も慢性化しているとのことで、ある武道で公認8段位を持っている男性の患者さんがご来院されました。(奥さんから8段の話しは事前に聞いていました。)  私も空手道をやっているので、症状のほか、話しは自然と武道の話しになりました。私が、 「8段位なんてすごいですね。はるか遠すぎて私にはムリです。」 と言うと、その患者さんは、 「別に普通にやってれば誰でも取れるよ。」 と簡単に言うのです。私はすかさず、こう言いました。 「お言葉ですが、それは○○さん(患者さんの名)の、普通のレベルが高すぎます!」  どの武道でも公認の8段位を極めるには、相当な年月とその間のたゆまぬ努力が必要です。もちろん必要条件であり十分条件ではありません。それを努力を努力と思わず、「普通」と言い切るこの患者さんのレベルの高さに、私は舌を巻きました。  私の、整体も空手道も技量力量ともまだまだです。患者さんには、もちろん自信を持って日々施術にあたっていますが、慢心することなく、努力していきたいと考えています。  ちなみに、先述の患者さんには、施術後、「こんなに身体が楽になるとは思わなかった。」と言っていただきました。一応、普通のレベル以上という判断はしてもらえたようです。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆  ↓励みになります。1日1回のクリックおねがいしま~す blogRanking にほんブログ村 健康ブログへ *ミクシィに谷原保育園の存続希望するコミュを作成しました。↓ http://mixi.jp/view_community.pl?id=2763047 *ミクシィに参加されたい方は、あさひ整体センターのHPからメール を送ってください。ご紹介メールを送信いたします。

ピンチからチャンスへ。不手際を感動へ。

 先日、整体院をお休みして、茨城県桜川市(旧大和村)にある雨引山楽法寺に娘達の七五三祈願に行ってきました。  お寺は、同じように七五三祈願に来たご家族で、たいへんなにぎわいでした。ただお賽銭を入れ、お参りをするだけでなく、ここでは、護摩祈願(護摩修行)を受けることができ、たいへん人気(?)があります。護摩修行とは、御本尊御宝前に於いて清らかな火を燃やし、数々の供物を投入して願主の所願成就を祈願する、密教独特の修法であり、たいへん霊験あらたかであると云われております。(公式HPより)  私達も受付で1時間以上並んで、その後ようやく家族で護摩修行による七五三のご祈願を受けることができました。しかし、そこでちょっとしたハプニングが起きたのです。  護摩修行では、複数のお坊さん達でお経(般若心経)を唱え、太鼓や木魚を叩き、護摩を焚いたところに木札をかざして、その木札に霊力(?)を込めるようなことをするのですが、修行が終わって、木札を参拝者一人一人に渡す際、いざうちの娘の木札を受け取ろうとすると、名前が違っていたのです。私が自分の娘の名前(しかも苗字)を間違うわけないので、受付の後、受付票から木札に書き写す時に誤ったのでしょう。  指摘をすると、対応した若いお坊さんは、「申し訳ありません。すぐにやり直しますので、どうぞお待ち下さい。」と言ってくれました。木札の名前を書き換えて渡してくれるのかなぁと思って、娘達と待っていたら、なんと、忙しいはずなのに、 私達の為だけに、もう一回、お坊さん全員で護摩修行をやり直してくれたのです。  護摩修行は1時間に1回と決まっているので、これには、驚くと同時に、なんだか恐縮してしまいました。正僧様からも、申し訳なかったという丁寧な謝罪のお言葉をいただき、逆に、こちらが申し訳なくなってしまいました。不謹慎にも、家族と「なんだか逆に得しちゃったね。」と、このハプニングを喜んでしまいました。  対応としては、「木札を書き換えてそのまま渡す」とか、「他の参拝者とともに次の時間の護摩修行をもう一回受けてもらう」というものあったでしょう。しかし、この寺院は、参拝者が望んでいる以上の対応をしてくれました。そして、「不手際を感動」に変えてしまったのです。  今回、寺院側のすばらしい対応により、私達家族にとって忘れられない思い出となる七五三祈願をすることができました。この場を借りて、御礼を申し上げたいと思います。  ~:~:~:~:~:~:~  ミスが起きにくい体制をつくっておくことはもちろんですが、それでもミスはあります。肝腎なのは、そのミスをどうリカバリーするかです。その時にその人の真価が問われます。基本は「相手の身にどれだけなれるか」です。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆  ↓励みになります。1日1回のクリックおねがいしま~す blogRanking にほんブログ村 健康ブログへ *ミクシィに谷原保育園の存続希望するコミュを作成しました。↓ http://mixi.jp/view_community.pl?id=2763047 *ミクシィに参加されたい方は、あさひ整体センターのHPからメール を送ってください。ご紹介メールを送信いたします。

保育園存続の為に改正「都市計画法」の特例を認めて!

 私が娘を通わせている保育園((福)さかえ会 谷原保育園:埼玉県 春日部市谷原2-9-8)が、今、閉園の危機に直面しております。  4年前から、移転計画を進めてきていたのですが、ここへ来て、平成 19年11月30日に施行される改正「都市計画法」が障害となり、 一転して、予定地に移転ができなくなるという事態になりました。このまま では、平成21年4月には、谷原保育園はなくなってしまいます。 子供を預ける一保護者として、このまま看過できず、本ブログにて 特例での救済措置を訴えたいと思います。  この問題は、まさに、現在に至るまでの少子化を止められない行政の 象徴とも言えるものです。なんとか、特例を認めてもらい、保育園の施 設移転計画が、遂行できますよう希望します。  また、私は一保護者に過ぎず、本事案について、保育園からの連絡書 のみの、情報しかないため、情報不足は否めないと存じますが、分かる 範囲での内容にならざるをえない事をご了承ください。  下記経緯は、谷原保育園が保護者に配布した連絡書を読みながら、 私の方、書いた文章です。連絡書から抜粋しながら書いております。 ~(これまでの経緯について)  現住所の土地の賃貸借契約が平成21年4月22日の終了予定で、 諸事情によりその後の契約更新が不可となったため、平成16年に春日 部市役所の保育課に相談や移転に関する要望書を提出しています。  その後、移転候補地の地権者との折衝をしたり、保育園移転計画書 を春日部市保育課に提出するなど、移転計画を進めていました。(私も 子供を預ける際に、移転計画がある旨を保育園から聞いていたので、 気にはしていたのですが、つい先日まで順調に推移しているものと思っ ていました。)  建設予定地も決まり順調に推移していたはずでしたが、今年、8月に 11月から施行される改正「都市計画法」に抵触するおそれがあることが 判明。その後、9月に保育課を通じ、市や県に開発許可を要請しました が、10月17日に、保育園に、保育課から移転予定地の開発不可の 連絡が入りました。  移転計画作業を4年前から継続してきた旨や、移転不可の場合の保育 園利用者への影響の大きさも説明し、要請をしましたが、結果は、          「例外は、認められない」 とのことでした。 ~  園長先生も、連絡書にて悔しさをにじませておりますが、例えば、保 育園の移転計画が、1年早かったら、または、都市計画法の改正 が1年遅かったら、何の問題もなく、移転できるわけです。  移転予定地は、現在の保育園から車で5分くらいのところにあり、周 辺の環境も良い場所です。(連絡書から。ブログ主は現地未確認)  春日部市でも、保育園が足りません。女性も働く事が当たり前となっ た現在、保育園に不自由なく子供を預けられてはじめて、女性が安心し て働き、子供を生み、子供を増やしていくことができます。谷原保育園 は、この春日部に、なくてはならない存在なのです。  今、周辺で次々と大規模店舗、ショッピングモールが建設中です。大 企業は、改正されるのを見越して、先に計画、着工をしていたのでしょ う。たしかに谷原保育園にもこの法律に関する知識の甘さはあったので しょう。しかし、だからといって、このまま、長年地域の少子化対策に 貢献してきた、またこれからも貢献しようとしている保育園を見殺しに していいのでしょうか。  くしくも春日部市は「子育て日本一のまち」づくりを目指しており、 石川市長も「待機児童ゼロ、保育・子育て支援」を公約しています。 改正都市計画法の特例として認め、保育園の移転を推進させることが、 公共の福祉のために、そして何より対策が急務なこの少子化対策のいい 見本になるのではないでしょうか。 (ミクシィのコミュは削除しました) *ミクシィに参加されたい方は、あさひ整体センターのHPからメール を送ってください。ご紹介メールを送信いたします。
ページ上部へ