ホーム>整体師のミカタ>ニュースを見て>“はなむけ”などと白々しい
ニュースを見て

“はなむけ”などと白々しい

15人と格闘訓練、海自特別警備隊員死亡…養成辞退申し出後(2008年10月14日読売新聞より抜粋)  広島県江田島市の海上自衛隊第1術科学校(長谷川洋校長)で9月、「特別警備隊」の隊員を養成する応用課程にいた3等海曹の男性(25)が、他の隊員15人を相手にした格闘訓練で頭を強打し、16日後に死亡していたことがわかった。訓練は本来、1対1で行われるが、今回は男性が同課程を途中で辞める直前で、制裁目的の集団暴行だった可能性もあり、海自警務隊が傷害致死容疑などで調べている。呉地方総監部は「訓練の一環で、いじめや集団暴行という認識はない」と説明する一方、事故調査委員会を設けて原因究明を進めるとしている。  同総監部によると、男性は9月9日、同校体育館のレスリング場で、防具をつけて行う徒手格闘訓練として、同課程の別の全隊員15人と、50秒間ずつ、連続して対戦させられた。男性は14人目のパンチがあごに当たって転倒、後頭部を強打して意識不明となり、同25日、急性硬膜下血腫で死亡した。発生当時、教官2人が同席して審判役を務め、レスリングマットを隊員らが囲み、男性が倒れ込むと、引き起こして続けたという。  男性は3月に同課程に進んだが、「続ける自信がなくなった」と申し出たため、9月11日付で学校を辞め、別の部隊への異動が決まっていた。今年7月にも、同課程を途中で辞める隊員に対し、16人が同様の訓練を行い、隊員が歯を折るなどのけがを負った。  愛媛県内に住む男性の父親(51)は、「第1術科学校側から、異動に対する『はなむけ』の意味もあったと説明されたが、体罰だったと思っている。なぜこんなことになったのかと尋ねても、自衛隊は『捜査中』と言うばかりで、きちんとした説明や謝罪は受けていない」と話した。 ~:~:~  これは、もう訓練の域を越えた、『集団暴行による傷害致死事件』であり、徹底的に調査の上、仲間だったはずの隊員を死に追いやった他の隊員、隊員の安全管理をするどころか、集団暴行に率先して関わっていた教官、この者達の厳正なる処罰を求めます。刑事事件としての立件も十分可能と思います。さらには、長谷川校長の管理責任も追求すべきでしょう。  『しごき』に名を借りた集団暴行で若い相撲取りを死に追いやった事件を、彼らは教訓としてまったく活かしていませんね。それにしても『はなむけ』とは、白々しい。やっている事は、「仲間からの集団リンチを耐え抜いたら、族を抜けてもいい。」みたいな、ひと昔前の暴走族と変わらないじゃないですか。以前にも怪我人を出しているところから、おそらく悪しき慣習になっていた可能性があります。  制裁でなく、あくまで訓練の一環とするなら、隊員の安全はどのように守られているのでしょうか。厳しい訓練を課す場合、安全に対する十分な配慮が必要です。 「隊員らが囲み、男性が倒れ込むと、引き起こして続けた」という事は、本人の意識がすでにもうろうとしており、相手の攻撃に対し、防御ができない非常に危険な状態にあったという事です。これで本人や相手をしている隊員の、技術の向上につながるとはとても思えません。教官は、暗に「途中で辞めたいなんて言い出すヤツはこんな目に遭うぞ。」と隊員達に脅しをかけ、隊員達も「辞めたいなどというヤツが悪い。」と制裁に同調していたのだと思います。  ある大学の応援団部でいじめがあり、部員がいじめを苦に自殺した事件で、その応援団部は廃部しています。今回事件が起きた特別警備隊の応用課程も、閉鎖を検討すべきではないでしょうか。このままでは、また第二第三の被害者が出るとも限りませんし、こんな人達に日本の国土・領海・領空を守ってもらおうとは思いません。  自衛隊がやっているのは、主に独自の自衛隊格闘術ですが、武道に精通している人もかなり多いはずです。心技体の『心』を鍛えるとはどういう事か、今一度考えてほしいと思います。 ~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~  どんなテクニックを身につけても、患者さんをおもいやる心がなければ無意味です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.asahisc.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/931

コメント(4)

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 1f4b88f4ead3b9e80d2043c9dc1072dd
今回の事件は自衛隊が、通常の国家の軍隊という機能集団ではなく、
自衛隊村ともいうべき変わった共同体になっているからこそ起こった
事件なのです。
例えば米国海軍特殊部隊SEALSの訓練の様子を描いた米国映画
「G.I.ジェーン/G.I.JANE」(1997)という恰好の見本があります。
ここでは訓練について行けないので「私は訓練を止める!」と宣言すると
その時点から「訓練」に参加する資格を喪失してしまいます。
当然その時点から訓練生でなくなるわけなので、訓練から除外されます。
当り前のことですが資格を喪失した人間にいくら訓練を施しても時間と税金の無駄でしか
ありませんからね。それよりも新たな訓練希望者の方に時間と金を使った方が合理的でしょう。
それが機能集団というものなのです。
しかるに我が国の自衛隊は、自ら資格の喪失をした人間にケジメをつけるという意味で訓練と
称した集団暴行です。
これをいくら訓練と言い張ったところで彼は異動するんですからまったくの無駄な行為ですね。
ではなぜこのような無駄でバカらしいことが日本では起きるのかといえばこれが、自衛隊が共同体
であるゆえに辞める際の儀式としてのケジメとしての通過儀礼を必要とするからなのです。
でもこれは、特殊部隊というものの求めれれている機能から考えれば全くの無駄な時間でしかありません。
本来そんな必要はありませんよ。それとも余程暇なんでしょうかね?
他国に比べて訓練が楽なのでリンチをする暇と体力が残ってるんでしょうかね?
例えば自動車工場の工員が辞職を願い出たらケジメとして、過労でひっくり返るまで一人で車の組み立て
をやらされるでしょうか?
絶対しないでしょ?彼ひとりのためにラインはストップですからね。
機能集団である工場は、やる気のない人にはさっさと辞めてもらって次の人を入れますよ普通。
ただ恐ろしいことに、軍隊にしろ会社にしろ一旦機能集団であることを喪失して共同体に化してしまうと
社会的規範や法律よりも自分たち共同体内部の決まり事を優先させてしまいます。
これは組織としてものすごく有害なのです。組織を最終的に破滅させてしまいます。
最近では三笠フーズ、赤福、吉兆、相撲界、などがあります。
少し前ならば雪印や三菱自動車、パロマがあります
古い所では日本赤軍の粛清です。
彼らの起こした事件はすべて彼らが機能よりも共同体になってしまったが
ゆえに彼らの内部でしか通用しない決まり事を優先させた結果起きたのです。
結果的に彼らの行ったことは、彼らの本来の機能や目的に反して有害でしかなかったでしょ

TITLE: コメント承認しますが・・・
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
333さんこんにちは。
コメントの主旨については理解できますので、承認しますが、
それにしても長いコメントですね・・・
これだけで、十分ブログの記事になっていると思います。

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
 プロフィールを見たら空手をやってらしゃるんっですね、
十人組手 やりませんでした?
私は初段の昇段審査のとき十人組手やりました。しかも、一人、2~3分で、参段昇段審査のときは3人でしたが、一人3~5分ほどやりました。死にはしなかったけど、身体はもうボロボロでした。
 空手をやるものにとって、多人数組手は、頻繁とは言わないが割りと身近にあるものだと思います。
 今回の事故(現段階では、事故と認識しています)の背景に何があったか、具体的に報道からは伝わらないけど、私は完全否定はしていません。
多人数組手=制裁、いじめ、りんち、なのでしょうか?
徒手格闘ですから、面をかぶって、グローブをつけて、胴を身に付けての組手で、相手の突きを顔面に受け、後頭部を打って亡くなられたんですよね
私が大学時代に所属していた日本拳法部で同僚が組手稽古中に同様の事故で亡くなりました。
 私の認識はそれと同じです。事故なんだと。現在のところ・・・・

空手に携わるものとして、今回の事故は無視できないと思い、関連記事を読んでいたら、このブログを見つけたので書き込んでみました。
 長々と 御免なさい

TITLE: コメントありがとうございます。
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
通りすがりの空手家さん こんにちは。
コメントありがとうございます。

十人組手はやったことないです。
四段位の昇段審査の時は、形を2つと組手2人でした。
稽古では、多人数を想定した練習もありますが。

今回の件は、事件・事故の両面からしっかりと調査(捜査?)して、
原因を究明し、再発防止につなげてほしいと思います。少なくとも
被害者の方の死がムダにならないように。

ページ上部へ