ホーム>整体師のミカタ>2010年10月

2010年10月

あさひ整体センターよりお知らせ

 当院のフリーコール『0120-42-4955』は、すべての携帯電話と関東圏内のどの固定電話からでもご利用可能でしたが、最近、都内の会社(03表示)からの営業電話・迷惑電話がとても多く、困っておりました。  加えて、ご自宅以外からご予約・お問い合わせする場合に、携帯電話から掛けられる患者さんが圧倒的に多いため、 固定電話からのフリーコール受信を 埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城の5県に限定 させていただくことになりました。  なお携帯電話からは、これまでどおり全国どこからでも受信可能ですので、お気軽にお電話ください。  今後ともあさひ整体センターをよろしくお願いいたします。    ========================= 《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》 『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   これからもどうぞよろしくお願いいたします。   =========================

おおらかな目で見ましょうよ。

小3授業で女性教諭、自殺や殺人をクイズに(2010年10月24日 読売新聞)  東京都杉並区の区立浜田山小学校で、3年生担任の女性教諭(23)が授業中に、自殺や殺人に絡むクイズを出していたことがわかった。  区教委によると、教諭は19日、2時限目の算数の授業の終わりごろに「3人姉妹の長女が自殺し、次女はその葬式に来た男性を好きになった。再会するにはどうすれば?」というクイズを出した。「妹(三女)を殺せば葬式で会える」が正解で、子供たちはショックを受けた様子だったという。  教諭は厳重注意を受けた。「子供たちにせがまれて、大学時代に友人と楽しんだクイズを出してしまった。非常に軽率な事をして反省している」と話しており、保護者に謝罪したという。  井出隆安教育長は「不適切な指導で児童の心を傷つけた。心からおわびし、信頼回復に努める」としている。 =========================  最近のニュースで、学校の授業や、テスト問題で、人が死んだり、殺したりという内容のものが出て、不適切とか不謹慎とかと指摘されていましたが、みなさんはどうお感じですか?  私個人としては、ニュースで取り沙汰された内容程度なら、別に問題視するほどのことではないと思っています。先生の指導の範疇かなと。マンガやアニメで、主人公の仲間が誰かをかばって死んでしまったり、悪役に殺されてしまったりするシーンは前からありますし、あまり好きではありませんが、「コロス!」とか「死ねー」なんて言葉もしょっちゅう出てきます。  そしてゲーム機では、自分が操作している主人公が倒されると、すぐ「あ、死んだ~」とか言いますよね。中高生とか、部活でがんばってヘトヘトになった時に、「もう死ぬ~」とか「死んだ~」とか言ってないですか?  推理小説でも、サスペンスドラマでも、ほとんど誰か犠牲者が出て、探偵や刑事さんが推理して犯人を突き止めて行きます。子ども番組の人気アニメ『名探偵コナン』でも然りです。これをいちいち不適切だとか不謹慎だとか指摘して規制しますか?  先生が授業やテストの問題で、死や殺人に触れるような内容を出しても、それがすぐ教育上、悪影響を及ぼすとは考えにくいです。親は、学校に子どもをまかせているのですから、いちいち小さなことにまで、目くじらを立てないでおおらかな目で見てあげるべきだと思います。  先生方も、子ども達に授業内容に少しでも興味・関心を持ってもらいたいと思って必死(←ここでも死が出てきましたね)です。気になるようであれば、あとは家で、親がフォローをしてあげればいいのです。いくら学校にまかせていると言っても、そのくらいはしてもいいでしょう。  こういうことが問題と取り上げられることにより、先生の自主性や、自由な発想から生まれる授業が阻害される方が、私は問題だと思います。
〈整体師の味方コメント〉
 患者さんへのアドバイスもあれこれ言い過ぎると、返って逆効果になる時があります。いろいろ言いたくても、ある程度大目に見ながら、「これだけは守って。」と絞った方が良い結果を期待できるでしょう。  ========================= 《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》 『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   これからもどうぞよろしくお願いいたします。   =========================

あさひ整体センターも本日で開院満5年、いよいよ6年目に入ります!!!

 あさひ整体センターは、本日10月25日で、
丸5年を迎えました!  
 これから6年目に突入します。2005年、訪問・出張から院内での施術に切り替えて、はたして本当に地元のみなさんに受け入れられるのか、わざわざ整体院まで来てくださるのか、当初不安もありましたが、これまでなんとかやってこれました。  また整体の技術によりいっそう磨きをかけて、みなさんが、整体にでも行こうかと考えた時、真っ先に思い浮かぶ整体院になれるよう、精進してまいります。今後ともよろしくお願い申し上げます。
〈整体師の味方コメント〉
 この業界は出店・撤退と入れ替わりの激しい業界です。長年続けていらっしゃるのは、そこに何らかの魅力があるからです。そういうところに患者として、施術のみならず、院内を見てみたりするのも、いろいろ参考にはいいと思います。  ========================= 《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》 『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   これからもどうぞよろしくお願いいたします。   =========================

レジ袋ってホントに減ってる?

gomi.jpg
 これは、私がゴミを出している場所の写真です。歩道の一部をゴミ置き場として使用してます。見ると大きな透明・半透明のゴミ袋ではなく、レジ袋が目立ちますね。別にレジ袋でも収集してくれますが、レジ袋でゴミを出す人は、あまり自分以外のことを考えない人だと思います。  まず第一に、レジ袋でゴミを出すということは、買い物でレジ袋をもらっているということです。つまりエコバッグをあまり利用していないのでしょう。もしかしたら、大きなゴミ袋は買うとお金がかかるので、あえてレジ袋で済まそうとしているのかもしれません。これでは結果的に複数のレジ袋分、ゴミが増えます。  また、収集業者も大きいゴミ袋1つで済むところ、小さなレジ袋4つとかではその分手間になって、きっとあまりいい気分ではないでしょう。収集するのが仕事とは言え、どうせなら少しでも気持ちよく仕事をしたいでしょうに。そのあたりゴミを出す側も考える必要があると思います。  なかには、ゴミ収集車が行ったあと、ゴミのあった場所を、誰に言われることなくきれいに掃除をする方もいらっしゃいます。しかし一方で、袋を口が半開きのまま出して、生ゴミ臭を発生させ、ネコやカラスをおびき寄せても平気な人もいます。気遣いのできる方、そうでない方、地域にはいろいろな方がいらっしゃいますが、少なくとも私は自分の出したゴミで人に迷惑をかけるのだけはイヤですね。  それにしても、一部スーパーではレジ袋有料化や完全廃止になっていますが、総量として減っているのでしょうか?かく言う私もついついエコバッグを忘れてレジ袋に買い物を入れることがあるのですが、私個人としては確実に減っているので、周りもそうなのかなと漠然と思っていたのですが、このゴミ置き場の光景を見て「?」と思い直しました。あまりゴミの出し方で目に余るのであれば、自治会でゴミの出し方の注意喚起を回覧するなどの対処が必要になるでしょう。  本当はそんなことをしなくてもひとりひとりが、気をつけてくれるのが一番いいのですが。
〈整体師の味方コメント〉
 事業系でなく、家庭ゴミとして処理している整体院さんは、少なくともゴミの出し方で周りに迷惑を掛けないように心掛けましょう。地域に根ざしてやっていくなら当然です。  ========================= 《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》 『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   これからもどうぞよろしくお願いいたします。   =========================

バスの運転、もう少し考えて。

 今朝、10月19日(火)、茨急バスせんげん台ゆき、8時39分下間久里東停発着のバスに、ちょうどバスに間に合うか間に合わないかのタイミングで老夫婦がやってきました。その前にすでにバス待ちの人が4人。その人達がゆっくり乗っていれば、または降りる人がいて、その人が財布の小銭を探していれば間に合いそうなタイミングでしたが、ちょうど老夫婦がたどり着く瞬間に、バスは発車してしまいました。老夫婦の落胆ぶりがあまりにかわいそうだったので、バスの運転手が分かるように、ここに日時を詳細に記載しました。  駐車場前を掃除しようと出てきたところで、その光景を目撃した私には、まるで運転手が、「先にバス停で待っていない方が悪い。」と言わんばかりに『いじわるをした』ように見えました。なぜなら、バスは発車の際には必ず安全確認のために、乗降口を視認します。そこへ手を挙げながら合図をして来る老夫婦が見えないわけがありません。だからきっとわざと無視して発車したのです。  実はその先、数十m先にもバス停があり、どうせそこでも停車するのだから、なぜ今5秒くらい待てないのか不思議でした。その後老夫婦は、次のバスが来るまで、15分間ただじっと待つはめになりました。思えば、茨急バスにはあまりいいイメージがありません。私が以前利用した時も急加速・急ブレーキが気になりましたし、ご近所の患者さんからも、この手の不満を聞いたことがあります。  たしかに、時刻表どおりにバスが来なかったり、混んでてなかなか目的地に着かなかった時はイライラしてしまいがちです。様々に変化する道路状況の中で、時刻表に準じた運行を心掛けるのは難しいでしょう。しかし、バスはただ時間どおりに走ればいいのではありません。乗客の存在を無視して何のためのバスでしょうか?  一部の運転手のおこないだとしても、それが茨急バス全体のイメージになります。管理者はバス停での発着の様子を観察したり、運転手に会社の人間だと気づかれないように乗車して乗り心地を確かめたらいいと思います。ちなみに、茨急バスのホームページには、メールフォームなどで問い合わせや意見を言うところがありません。こういうところにも配慮がほしいと思います。   うちの娘も空手道場に通う際に、この茨急バスを利用しています。もし運転の荒いバスに乗って、万が一ケガでもしたらと思うと心配になります。茨急バスはもう一度、バスが何のために街を走るのか、その存在意義について考え、それをすべての運転手に徹底させてもらいたいと思います。
〈整体師の味方コメント〉
 整体もただ患者さんに決まった時間、施術をすればいいというものではありません。こういうやり方だから、とかこう決まっているから、とかでは、まったく患者さんのためになっていないと思います。  ========================= 《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》 『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   これからもどうぞよろしくお願いいたします。   =========================

ダメとムリとヤダと

 何かひとに頼まれたり、意見を求められた時の否定的な言い方して、「ダメ」・「ムリ」・「ヤダ(イヤ)」などがありますね。最近は子たちは、私の子供もそうですが、「これやってみたら?」と勧めると、すぐ「ムリムリムリムリ・・・」と流行りことばのように「ムリ」を連発して断りに入ります。でも実際には無理なことなんて早々ないと思います。この場合きっと「ヤダヤダヤダヤダ・・・」が正しいのでしょうね。まあ、だだっ子のように振舞われて正しいと言うのも変ですが。  私なりの解釈では、「ダメ」は法的または常識的に許されないと思うから不可、「ムリ」は自分の能力を超えていると思うから不可、「ヤダ」はできるかもしれないが自分の好みとして不可、となるのかなと思います。例えば、子供がご飯の前にお菓子を食べたいと言い出して、それを注意する時に、「それはダメ。」言いますが、あまり「それはヤダ。」とは言わないでしょう。「それはムリ。」と言うと、「自分にとってはムリではない。」と反論されてしまいそうですね。  しかし、しつけの時、「ダメ」ではなく「ヤダ」を用いるのも時として有効です。頭ごなしに「そんなことしちゃダメでしょう!」と叱るより、「お母さん、あなたがそんなことするのイヤだな。」と言う方が効き目がある場合もあるでしょう。  「お母さん、新しいDSのソフト買って~。」⇒「ムリ。」、こんな会話よくありそうですね。この場合、ムリのひと言で片付けようとせず、自分がこれ以上子供にゲームをさせるのがイヤなのか、今あるゲームをクリアもせずに新しいのをねだるのがダメなのか、買ってあげたいけど経済的にムリなのか考えてから、子供に説明すべきだと思います。その方が、子供もなぜ今、ソフトを買ってもらえないのか、買ってもらうためには、手に入れるとしたら、どうしたらいいか考えるでしょう。しかし、ムリのひと言は、その可能性を遮断してしまう言葉なのです。  自分も気づかないうちに使ってしまっていると思いますが、この「ムリ」という言葉、コミュニケーションには大敵かもしれません。もちろん本当に無理な時は、きっぱりと言うことも必要ですが、この言葉を使う前に、一度よく考えてから言いましょう。  世の中、本当に無理なことは意外に少ないですよ。やれば、なんとかなる方が多いはずです。
〈整体師の味方コメント〉
 症状が重い患者さんに相談される時、「これって治りませんかね~?」と聞かれることがあると思います。ウソはいけませんが、簡単に可能性を捨ててもいけません。こういう時の声掛けはよく考えてから言ってください。  ========================= 《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》 『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   これからもどうぞよろしくお願いいたします。   =========================

空手道あれこれ

 先日、春日部市の空手道大会に審判として参加してきました。大会には越香会の春日部道場の子、数名も参加していました。空手道には様々な団体があって、ルールもそれぞれです。「カラテやってます。」と言うと、よく「キョクシン?」とか聞かれて、「いえ、剛柔流です。」と答えたりするのですが、世間的に有名な極真空手のルールは、私達の全空連のルールとかなり違います。実は、その他にも防具付き空手・硬式空手道というものがあり、春日部ではこれが盛んです。  ですから、大会は午前中は、形の部、午後は、組手の部ですが、組手は、全空連ルールのものと、防具付きのルールのものと、2つに分かれて試合がありました。私は、当然、全空連ルールでしか、審判はできませんから、休憩の合間に、となりのコートでやっている防具付きの方の組手を見ていました。  防具付きは昔、何かの大会で観客席からしか見た記憶しかないのですが、間近で見て、つくづく「元はおんなじ空手なのに、全然違うなあ。」と感じました。拳サポーターをして、防具の上から、ガンガンお互い、突き合い、蹴り合いをし、それがしっかり入って、相手にダメージを伝えられたらポイント、という感じでした。とにかくハードな印象で、防具の上からでも痛くないのかな?って思ってしまいました。もちろん安全面は十分に配慮され、幼年の部もありましたから、ケガの心配はあまりないと思いますが。  風貌や試合の流れは、テコンドーや日本拳法に近い印象がありました。もっとも、歴史は空手道の方が古いですから、防具付き空手・硬式空手道のやり方(またはその源流)を日本拳法やテコンドーが参考にしたと言う方が正しいのでしょうが。  防具を付けて、思いっきり突き蹴り仕合うのが、ベストとは思いませんが、極真のように素手素面で、顔面への突き攻撃一切無いが前提で中段突きとローキックの連打で試合が決まるのも、観てて面白いとは思いません。また、全空連ルールのとくにジュニア・カデットで、突きがメンホーに触れたら即忠告というのも、まだ馴染みません。  ちなみに、どの空手道が強いか、という質問はまったくもって意味がないです。強いて言うなら、自分にとってどの空手道のスタイルが一番合っているか、というくらいでしょう。その人がどの空手道に向いているかで、強くなる度合いが違ってくるのではないでしょうか。もっとも、柔道なら?剣道なら?相撲なら?レスリングなら?ボクシングなら?ムエタイなら?サンボなら?グレーシー柔術なら?と幅を広げればキリがありませんが。  空手道は、武道であり、その技術は格闘技です。護身にも使えず、相手を制することもできない技は意味を為しません。攻撃をギリギリで捌くテクニックや緊張感を学ぶ必要もあります。しかしその一方、稽古時に安全面には十分な配慮がなされなければ、技を習得する前に、全員ケガで辞めてしまうでしょう。その矛盾を克服するために、それぞれの団体が独自の進歩を遂げて、現在に至っているのです。おそらくみな現状に満足せず、更なる進化を模索するでしょう。  私は、私の信じる空手道に向かって邁進するだけです。
〈整体師の味方コメント〉
 整体もいろいろな技法や考え方がありますね。セミナーなどに参加して、自分に合っている技法を探して進化の糸口をつかむのもいいかもしれませんね。  ========================= 《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》 『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   これからもどうぞよろしくお願いいたします。   =========================

面白いホームページを見つけました。

 昨晩、web検索をいろいろ繰り返していたら、面白いサイトを見つけました。 その名は『虚構新聞』です。URLは下記のとおり↓   http://kyoko-np.net/  ちゃんと読めば、ウソだとすぐ分かるのですが、書いてある内容がどれも、「えっ、そんなことが?」とか、「ああ、あれって実はそういうことだったんだ。」と、一見なっとくしてしまいがちなものばかり。ホームページの作りも、本物のニュースサイトと遜色ないできで、ついついいろんなウソ記事を読んでは、笑ってしまいました。  このサイトの面白さは、ただデタラメを書くのでなく、周知の事実を元に、皮肉を込めてパロディ化したり、そこからとんでもなく想像力を発展させて、おかしい方向に持っていったりと、こういうのをエスプリが効いていると言うのかなと思いました。  とくに、鳩山前首相が尖閣に引っ越す話しは、読んだ瞬間に思わず吹いてしまいました。ホント、できるならやってほしいと。他にも、甲子園の総当り戦とか、回転寿司のレーンのスピードを上げて、お客の回転率を上げるとか、とにかく面白いものばかりなので、試しに見にいってください。  しかし、このサイトの作成・管理って、趣味でやってるんだと思うのですが、一人でやってるんでしょうか?そうであればこの出来栄えはすごいなって、ホームページやブログをやっている身としては、つくづく感心してしまいました。 ========================= 《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》 『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   これからもどうぞよろしくお願いいたします。   =========================

筋としては、一旦辞職すべきでは?

陸山会事件:国会議員にも波紋 小沢氏起訴議決(2008年10月5日毎日新聞より)  小沢元代表の起訴議決で4日、与野党の国会議員にも波紋が広がった。  代表選で小沢氏の推薦人だった川内博史衆院議員(鹿児島1区)は、小沢氏の秘書の一人を取り調べた前田恒彦検事が、証拠改ざん事件で逮捕される前に結論が出されていた点に触れ「審査会が今日開かれていたら、違う結論だったのではないか」と皮肉り、「議決書には『(検事への)供述は信用できる』と書かれているが、その調書が信用できないことが問題になっている」と強調した。  民主党の三宅雪子衆院議員(比例北関東)は「早く判決で無実が証明されてほしい。党内から(小沢氏の処遇に関する)極端な意見が出なければいいと思っている」と淡々と語った。「小沢ガールズ」の代表格の田中美絵子衆院議員(比例北陸信越)は秘書を通じ「推移を見守りたい」とだけコメントした。  「起訴は当然」と語るのは国会で小沢氏の政治とカネ問題を追及してきた自民党の西田昌司参院議員(京都選挙区)。「国民がおかしいと思ってきたことを、民主党は一切調査してこなかった。国民に説明すべきだ」と語気を強めた。  同様に小沢氏の資金問題を追及してきた同党の小里泰弘衆院議員(鹿児島4区)は「(小沢氏は)これまで参考人招致や証人喚問から逃げてきたが今度こそ国会で説明すべきだ。小沢氏を代表選に出馬させ、大勢の議員が支持した民主党の責任も重い」と批判した。
~:~:~
 小沢代議士・民主党元代表が、 いわゆる陸山会事件について、検察審査会から起訴相当の再議決を受け、強制起訴されることになりましたね。検察としては、有罪判決を勝ち取る自信がないから不起訴としていたのでしょうが、このまま不起訴のままうやむやになってしまうのは、国民としては納得がいかないと思うので、この検察審査会の議決は妥当だと思います。  そして、小沢代議士はこの起訴議決を受けて、まずは一旦議員辞職をすべきだと思います。例えば公務員の場合、刑事事件で起訴された場合、休職をよぎなくされるのが通例で、有罪が確定されると刑によっては失職にもなります。起訴されただけでは、まだ有罪と決まったわけではなく、法的には推定無罪ですが、十分に嫌疑がある状態、限りなく黒に近いグレーで、しかも問われているのは、政治家の立場を利用した犯罪についてですから、有罪が確定するまでずっと、国民の代表として議員を務めてもらうことに、甚だ違和感を感じます。  本当は、刑事事件で起訴された国会議員は、裁判が結審するまで、休職、その間の給与や歳費の支払いは保留、有罪が確定した場合は失職という法律を制定してほしいのですが、国会議員が自分達の不利になるような法律をやすやすと作るはずありません。こういうケースでは政党が離党勧告、国会では議員辞職勧告決議案を採択、国民も辞職を促す世論を作っていくしかないのでしょうが、現実にはそれでも議員辞職しないでしょうね。  もしここで、スパッと議員辞職をし、無罪を勝ち取った後、悲劇のヒーローとして選挙に臨めば当選間違いなしでしょう。しかし、このままズルズルと疑惑を引きずったまま議員を続け、結果的に有罪となった時はもう政界復帰はありえないでしょう。ここは、『身を捨ててこそ、浮かぶ瀬もあれ』と行ってほしいところです。   しかし、検察審査会の議決で起訴にはなりますが、検察自身は、現段階では有罪まで持っていける自信はなさそうです。一審の判決が出ても、控訴、上告となり、最高裁まで行きそうですね。国民の代表たる政治家の犯罪、これが今後どう裁かれるか注視したいと思います。
〈整体師の味方コメント〉
 いざ自分の事となると、スパッと行かないものですが、それができるかどうかがその人の器の大きさだと思います。 ========================= 《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》 『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   これからもどうぞよろしくお願いいたします。   =========================

ペニーオークション、一種のギャンブルでは?

 オークションと言えば、ヤフーオークション、つまりヤフオクがすぐ頭に浮かぶのですが、最近、別の形態のいわゆるペニーオークションが流行っているようですね。先日もDMメール(迷惑メール)でペニーオークション系の入会案内が届きました。  少し前から、このような形態のオークションサイトがあるのは知っていましたが、今はかなり乱立しているようですね。仕組みとしてはギャンブル性が高いので、被害の声が大きくなれば、おそらく法規制の対象となるでしょう。私は、根がビビリなのでこの手の類には一切手は出しませんが。  その前に、ペニーオークションとはどのようなものか、まだ何も説明してなかったですね。くわしく書いてあるサイトを見つけたのでそちらをご覧になってください。 ・ペニーオークションサイト詐欺の手口 http://www.gekiyasuoku.com/ ・ペニオク裏比較 http://cr-auctions.xsrv.jp/  これらに書いてあるとおり、普通のオークションとは違い、あらかじめコイン(ペニー)を買って、それを入札の際に手数料として支払います。落札できなければ、その手数料はムダになってしまうのですが、落札できれば、かなりの低価格で商品を手に入れることができます。一方、サイト運営者もたくさんの人が入札して手数料を支払ってくれれば、落札価格がいくら安くても利益を手にすることができます。  これって、胴元が必ず儲かり、大多数の損する参加者と一部の得する参加者とで成り立つ構図になっていますから、ギャンブルと構図が一緒ですよね。思いっきり射幸心をあおってますし。さらに、サイト運営者が損しないようにおそらくサクラがいて、なかなか落札できないようにしていると思います(私が運営者なら必ずやります)。  しかしこれって、オークションと呼んでいいのでしょうか?お互いに買いたい価格を入札しあって、最終的にその価格で買う・あきらめるが決まって、あきらめたら、商品はあきらめるが、お金は別に出す必要がないのがオークションだと思うのですが。ペニーオークションは、名前はオークションですが、まったく別の形態の新しいギャンブルだと思います。  ウマイ話には必ずウラがあります。過去、詐欺で立件された、L&Gの円天やジーオーグループなどがその例です。きっとその時、出資者は騙されてるなんて思いもよらなかったでしょう。  「ここは、他と違って、大丈夫。」「私は、簡単に騙されるような人間じゃない。」その自信に根拠はありますか?火遊びが火傷、大火事にならないようお気をつけくださいね。
〈整体師の味方コメント〉
 手に入れたい物は、まっとうな手段で、まっとうな価格で購入するのが、最終的には得しているのかなと思います。  ========================= 《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》 『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   これからもどうぞよろしくお願いいたします。   =========================
ページ上部へ