ホーム>整体師のミカタ>身近なこと>本年もよろしくお願い申し上げます○
身近なこと

本年もよろしくお願い申し上げます○

 ブログ・メルマガを更新するヒマがなかったかと言えばウソになりますが、やはり正月ボケなのでしょうか?身体も心も、もうひとつキレが悪いです。まあ、あせらずマイペースでやって行きたいと思います。みなさん、どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

 今年の元日はあいにくの曇りで、初日の出が拝めませんでしたね。私の実家の近くからは、筑波山の山肌あたりから日が昇り、おひさまが顔を出すのは午前7時40分くらいと、ずいぶんと遅くなります。ですから、7時半くらいから、犬を連れて散歩に出掛けるとちょうど、日の出を見ることができるのです。

 しかし、今年は元旦、二日目と曇り、ようやく三日目に念願の筑波山からの日の出を拝めることができました。茨城の朝は、埼玉よりも一段と寒く、外の水道の蛇口は凍り、犬用の皿の水も凍るほどでしたが、その冷たい空気が心地よく、散歩をしていると心身ともにリフレッシュされていくのが分かりました。3日連続で、朝7時半から8時半までの1時間、歩きましたが、やはり太陽が出た三日目が一番、良い『気』を取り込めた感じがしました。

 また、昨年は気づかなかったのですが、途中で、「どんど焼き」の用意がされているのを見つけました。「どんど焼き」というのは、おそらく茨城の風習だと思うのですが、藁で円錐状のタワーを作り、それを月の半ば頃に、しめ縄や松飾りなどの正月用品といっしょに燃やして、1年間の無病息災を祈るちょっとした火祭りみたいなものです。

 また、この火で餅を焼いて食べると1年間病気しないといって、細長い竹に餅を突き刺して、どんど焼きの火にかざして食べたりします。私も小さい頃やりました。できるのは、ただのすす焦げた焼き餅ですが、夜、どんど焼きの火を見ながら食べる餅は格別でした。茨城にいた頃は当たり前でしたが、こんなのも「ケンミンショー」や「珍百景」になるんでしょうかね?

 犬を連れて散歩しながら、筑波山を東に見るこの田園風景が、自分にとっての原風景なんだなと正月早々あらためて感じました。安心感につつまれながらも、身を引き締めなければ、との想いが心に湧き上がってきました。実家がある、帰る故郷があるというのはそれだけで幸せなんですね。

 

~:~:~

 PA0_0010.jpg

元旦は残念なから曇り。初日の出はオアズケです。

 

PA0_0034.jpg

3日目にして、ようやく晴れました。

 

PA0_0029.jpg

何mあるんでしょうか?けっこう高いです。一番上にダルマさんが居ますね。

 

PA0_0024.jpg

歩いていたら、他にも見つけました。

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。

http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.asahisc.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1292

コメント(1)

TITLE: こんばんは!
SECRET: 1
PASS: 9a426883ab9f88b9182c0eebe0602f9a
初コメントに挑戦~!!

ここ数日冷え込んできたけどみんなお元気ですか~??


久しぶりに見たら、何とチビ太が載ってる~ってびっくり。

どんと焼きは私も今まで見たことなかったから、お正月見ておけばよかったなぁ

缶ケリに夢中だった・・・


けんちゃんたちが帰った後も子供達とカルタをしたり、絵を描いたりと遊びまくってしまいました( *´艸`)

でも、今年のお正月はいつもと違い賑やかで楽しく過ごせました。

そういえば、15日の日は皆お墓参りの後に赤羽に寄ってくれて、一緒にご飯を食べました。

やっぱりおばちゃんはお墓で号泣しちゃってたみたい(´Д`。)

少しずつ少しずつ気持ちは落ち着いてきてるけど、やっぱふととてつもなく寂しく、悲しくなってしまう気持ち

は共感できます。(智ちゃんも私も未だによく泣いてるもんなぁ)

また度々電話したり遊びにいったりしようとは思ってるよ♪


そうそう、今度は智ちゃんも一緒に謙ちゃんのお家に遊びに行きたいと思ってます~

そのときは宜しくお願いします!!


とりあえず今回はお初でいろいろ書いちゃったので、管理者だけに表示を許可するってしときます(プライベートなことを書き込む場所じゃないもんねw)

ではでは~

ページ上部へ