ホーム>整体師のミカタ>身近なこと>『みとめ』と『あきらめ』○
身近なこと

『みとめ』と『あきらめ』○

 人に何か教えるのって難しいなって感じませんか?

 とくに家で、我が子に勉強や躾を教える時など、どうしてこううまく伝わらないんだろう?と考えてしまいます。たしかに子供はすべてのことが勉強中で、いろいろできなくて当然なんですけど、それでも毎回同じことを繰り返し繰り返し注意していて、ホントにこの子ら成長してるんだろうか?と悩みます。まあ、これって、多かれ少なかれどこの家庭にもあることなんでしょうけど。

 今年から毎日新聞をとっているのですが、毎週日曜日に、西原理恵子さんの『毎日母さん』が連載されています。西原さんはすでに子育てには、ずいぶん達観されていて、玄関に靴が脱ぎ散らかしてあったり、部屋がどんなに片づいてなくても、それは「平和な我が家の一風景」なんだそうです。子供に「勉強しなさい。」と言わなくなったら、だいぶストレスが溜まらず、楽になったそうです。

 ここまでは達観はできませんが、あまり怒ってばかりいてもしかたありませんし、怒りながら教えても、耳をふさがれるばかりで通じてないのかなとも思います。子供に何かを教える時は、それは、子供にそれができるようになってほしいと期待を込めて教えます。しかしそれがなかなかうまく行かないと、期待が外れて親の方はイライラしてしまいます。そこであきらめてしまえば、楽なんだろうけど、それだと親の責任を放棄しているみたいで、そこは許せず、厳しくなってしまいます。

 しかしそこを『あきらめ』るわけでなく、『みとめ』るカタチでなんとかできないかと、最近考えています。「出来ないのを認めてしまっては、諦めてんのと一緒だろ!」と言われそうですが、自分もその区別がまだしっかりできていないのですが、おそらく似て非なる物だと思うのです。きっと漫画家の西原さんは、その『みとめ』というのができているんだと思います。

 『みとめ』は、ふつう感じ書くと『認め』ですが、『見留め』とも書けますよね。『あきらめ』はその子から、目を逸らしてしまうことですが、『みとめ』はしっかりとその子のすることを『見て、目に留める』ことだと思うのです。まあ見てるからつい口を出したくなるのですが、それをせずに、『みとめ』て行くのは、けっこう難しいことだと思います。

 このことが最近少しずつ分かりかけてきて、自分の感覚ですが、怒る回数が減っているように思います。もう少ししたら、子供に聞いてみようと思います。もちろん、時と場合には、真剣に叱りつけていることを、子供に分からせるべく、大きな声で怒ることも必要でしょう。それを放棄はしません。しかし、ふだんあまり怒らない人が、怒ったほうが、怒られたほうも、真剣に耳を傾けるのではないでしょうか。

 まだまだ親も勉強中です。答えはいつか見つかるのでしょうか・・・

 

  =========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.asahisc.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1288

コメント(1)

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 18d22c0f3f9e47522b84df34b8958e96
関係ない話で恐縮ですが、
仏教についてのおもしろいお話があります。
仏教の根本の教えは心と行いのやすらぎでした。
ブッダと仏弟子の感動の物語がたくさん書かれています。
たまには仏教の物語もおもしろいですよ。
以下のサイトをクリックしてください。

http://bukkyo.wiki.fc2.com/

ページ上部へ