ホーム>整体師のミカタ>2013年7月

2013年7月

他人事と言えば、他人事なんですが○

テコンドー協会騒動:資格停止問題 残る16人も出場認める−−全日本協会方針 毎日新聞 2013年07月19日 東京朝刊

 全日本テコンドー協会(金原昇会長)は18日、対立関係にある熊本県協会(樋口悦夫会長)から、28日に長野である全日本ジュニア選手権に参加を希望している全17人の出場を認める方針を固めた。18日付で、新たに選手16人が出場を求めて日本スポーツ仲裁機構に申し立てていた。

 この問題は先月、全日本協会が熊本県協会が「正常に機能していない」として、同協会所属選手の大会出場資格の無期限停止を決定。日本スポーツ仲裁機構が15日付で、17人のうち1人の申し立てを受け入れ、全日本協会に決定の取り消しを命じた。

 全日本協会は申し立てた1人の出場を認めたが、残る16人の出場に難色を示していたため、残る16人も18日付で申し立てたが、前後して全日本協会は出場を認める方針を固めた。全日本協会によると、熊本県協会に反発して離脱した別団体があり、その団体所属の選手12人にも出場を認めるという。

 

テコンドー:「権利奪わぬよう」JOCが全日本協会に通知 毎日新聞 2013年07月17日

 全日本テコンドー協会(金原昇会長)が、対立関係にある熊本県協会(樋口悦夫会長)所属選手の大会出場資格の無期限停止を決めた問題で、日本オリンピック委員会(JOC)は17日、28日に長野であるJOCジュニアオリンピックカップ第6回全日本ジュニア選手権への出場権利を奪うことのないよう全日本協会に文書で通知した。協会が求めに応じなければ、今後はジュニアオリンピックカップとしての認定を取り消すことも警告した。

 JOCの通知は、橋本聖子選手強化本部長名で出され、「大会は将来、五輪や世界選手権での活躍が期待できるジュニア選手の発掘、育成を目的としている。選手の権利を奪うことないよう善処を強く求める」としている。

 この問題では日本スポーツ仲裁機構が15日付で、大会への出場を予定する選手17人のうち1人が申し立てた主張を受け入れ、「役員間の争いが選手に波及してはならない」などとして全日本協会に決定の取り消しを命じた。

 効力は選手1人に対してのものだが、仲裁機構は残り16人へも門戸を開くよう求め、全日本協会の金原会長は難色を示した。金原会長は通知を受け、「今の熊本県協会についていけずに離脱した選手たちもいるのに、一方(現体制)だけの選手を擁護するのはいかがか。早急に理事会を開き、熊本県協会の正常化を図りたい」としている。

 ジュニアオリンピックカップに認定された大会は、JOCから運営費の補助などが受けられる。

~:~:~

 実は、自分には気になっていたニュースがありました。しばらく前に、

『テコンドー協会:内紛…小中高生17人出場できず 毎日新聞 2013年07月05日  

 全日本テコンドー協会(金原昇会長)が、熊本県協会(樋口悦夫会長)の組織運営を問題視し、同協会所属選手の大会出場資格の無期限停止を決めていたことが5日、わかった。同協会所属選手の1人が同日、全日本協会の決定を不服とし、日本スポーツ仲裁機構に仲裁を申し立てた。

 ◇全日本vs熊本

 申し立てなどによると、全日本協会は6月29日に東京都内で開いた総会で「熊本県協会は正常に機能していない」として、無期限停止を決定。今月28日に長野県で予定されている全日本ジュニア選手権にエントリーしていた小中高生17人が出場できない事態となり、17人のうちの1人が仲裁機構に申し立てた。

 樋口・熊本県協会会長が全日本協会を経由せずに、段位を認定する韓国の国技院に昇段申請をしていたことなどを理由に、全日本協会が4月に樋口会長の除名処分を決定。しかし樋口会長側も争う構えを示し、県協会会長にもとどまり、両者の関係がこじれていた。

 樋口会長は「無関係の選手を巻き込むやり方は許されない」と話し、8日に熊本市内で記者会見を開く。一方、全日本協会の長野修士理事は「全日本協会も選手を出場させたいが、今の熊本県協会は組織として機能していない」と反論している。

 テコンドーでは2004年アテネ五輪の代表派遣の際も、国内団体の分裂騒動のあおりを受け、00年シドニー五輪銅メダリストの岡本依子(よりこ)選手が出場枠を獲得しながら参加が危ぶまれる事態に陥った。岡本選手は特例措置により個人資格でアテネ五輪に出場し、初戦で敗退した。』

という記事を目にしたからです。

 何はともあれ、選手たちに迷惑がかからなくて良かったと思います。しかしこれで幕引きということはないでしょう。テコンドー界の組織構成は、何も分かりませんが、問題が解決するまでにはまだまだかかりそうですね。

 それにしても、テコンドーの段位って、わざわざ韓国の国技院というところに認定してもらっているんですね。なんか面倒な感じがします。各国の協会なり連盟なりが段位認定する形であれば、熊本が、全日本を飛び越して韓国に認定してもらおうなんて気も起きなかったと思うのですが。なんで熊本がそんな手に出たのか、きっと熊本なりに理由があるんでしょうけど、新聞で読んだ記事だけで判断すると、これは筋が通ってない気がします。また、それを盾に、熊本の選手の参加を認めないとする全日本の手法にも問題がないとは言えず、JOCが選手達の参加を認めるよう求める通知を出したのだと思います。JOCとしても、東京五輪招致も大詰めの段階に来ているので、五輪競技であるテコンドーに変な問題を起こされたくなかったのですね。

 人が集まれば、その人なりの主義主張があり、それぞれに言い分や正義があります。対立も生まれるでしょうが、ただ意地の張り合いでは、進歩がありません。お互いに知恵を出し合って、問題を乗り越えていけば、その集団はきっとより強いものになるんだと思います。

 それにしても、なんで空手道じゃなくて、テコンドーが五輪競技なんでしょう?歴史的に見ても、競技人口においても、私は空手道のほうが五輪競技に適していると思うのですが、不思議でなりません。ちなみに空手道の国際化はかなり進んでおり、世界空手連盟の本部は日本ではなく、スペインにあります。他国の段位認定を日本がやるなんてこともありません。ただ、やはり空手母国日本で空手道を学びたい、という外国人は多いですね。

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

簡単に、『死ね』とか『死ぬ』とか言わないで。○

「死ねと書かれて逆上」広島遺棄の無職少女供述(2013年7月18日 読売新聞)

 広島県呉市の山中で女性の遺体が見つかった事件で、最初に死体遺棄容疑で逮捕された無職少女(16)(広島市東区)が、被害者とみられる専修学校の元同級生(16)(同市安佐北区)にスマートフォン向け無料通話アプリのLINE(ライン)で「死ね」などと書かれて逆上したと供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。

 一方、17日夜に逮捕された男女6人のうち少女2人は事件まで無職少女とほとんど面識がなく、県警は、交友関係がない2人まで加勢した経緯を調べる。

 捜査関係者によると、無職少女は当初、県警の調べに「一人でやった」と説明したが、17日に6人との共謀を認めた。LINEでグループ登録者が短い会話を交わす「グループチャット」で元同級生と口論になり、「死ね」「人間じゃない」などと書かれたことから逆上したとし、元同級生を呼び出して6人と一緒に暴行したなどと供述しているという。

~:~:~

101人が「いじめ」見聞き 名古屋市の中2男子転落死(2013年7月16日 朝日新聞)

 名古屋市の市立中学2年の男子生徒が転落死した問題で、市教育委員会は16日、全校生徒へのアンケート結果を公表した。男子生徒へのいじめと受け取れる言葉や行為を「自分で見聞きした」と101人が答え、このうち「死ね」という言葉を挙げた生徒が最も多く、21人いた。

 男子生徒は「いろんな人から死ねと言われた」とノートに書き残し、自殺をほのめかしていた。市教委は「いじめがあった可能性が極めて高い」として、近く設ける第三者委員会で解明を進める。

 アンケートは、10日に男子生徒が死亡後、12日に無記名で実施。551人のうち519人が回答した。自分で見聞きしたという生徒の回答のうち、具体的な言葉や行為を挙げたのは50件。「死ね」に続き、「自殺してみろ」(5件)が多かった。「胸ぐらをつかまれる」「たたかれる」などの暴力も計4件あった。 

 会見に同席した校長は、男子生徒が「死ね」という言葉を受けて自殺した可能性について「(男子生徒に)いろんな変化をもたらしたと思っている。可能性は高いと思う」と答えた。

~:~:~

 自分がちょうど歳頃の子を持つ身なのでそう感じるのかもしれませんが、最近、子供が犠牲になる事件がとても多いように感じます。その中でも、16歳の少女が同い年の少女を殺害して、山中に捨ててきた事件や、中2の男の子が飛び降り自殺をした事件は、たいへんショックを受けました。夜のニュースで連日取り上げられるなかで、少しずつ事件の経緯が伝えられてきて、どうしてその手前で止めることができなかったんだろうと、とても悲しく、悔しくなりました。

 この2つの事件、まったくの別物ですが、キーワードは両方とも『死ね』です。とても強い言葉で、冗談でも、言われると「ドキッ」として、その分少し寿命が縮んだ気になる、聞きたくない言葉ですが、少年少女の間では、聞かない日はないくらい、「死ね」・「死ぬ」という言葉はあふれています。中1の娘も、学校で言われたことはあるらしく、「言ったことはあるのか?」の問いには、はっきりとは答えなかったので、言っているかもしれません。

 もちろん、例えばTVゲームやDSなどのアクションゲームで、自分が操作するキャラクターが、倒されてしまった時に「うわぁ、死んだ~」とか言ってしまうのはよくあります。また、今年のような連日の猛暑で、暑さのあまり「死ぬ~」とか独り言を言ってしまうのも理解できます。しかし、冗談でも人に面と向かって「死ね」と言うのは別です。自分で「オレ、そこまで言われたら、もう死ぬわ~」というのもダメだと思います。少なくとも私は、絶対に耳にしたくはありません。

 このように軽いタッチで、日常的に「死ね」という言葉が使われているなら、言われてもまったく抵抗がないのかというとそうでもないようですね。やはり言われると傷つくし、嫌な気持ちは、心の底に溜まっていくのだと思います。よく『言霊』と言いますが、本当に相手の寿命を奪っているのかもしれません。だからもう、簡単に「死ね」だの「死ぬ」だのという言葉を使わないようにしませんか?

 私の好きな漫画家の1人に、荒川弘さんがいます。この方は、作中で、主人公だろうが、悪役・敵役だろうが、登場人物には絶対に「死ね」とは言わせないそうです。派手なアクションシーンも多く、実際に戦って死ぬ場面もあるのですが、それは「子供達が観る物だから」と、アニメ化になる時も徹底したそうです。

   言葉の力は意外に大きく、ちょっとした物の言い方で、無理なお願いも聞いてもらえたり、逆になんでもないことのはずなのに、相手を怒らせてしまったり、悲しい時に和ませてもらったり、いい気分だったのに、一気に崖から突き落とされた気分になったり、それなのに、私達は普段から言葉をぞんざいに扱い過ぎですね。

 まずはネガティブワードを別の言い方に置き換えたりするところから始めてはいかがでしょうか。気をつけていれば、間違ってもネガティブワードの最たるものである「死ね」という言葉は出てこないと思います。

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

選べるしあわせ・ふしあわせ○

 子供の、食べ物の好き嫌いは、親の悩みのタネのひとつですが、とくにウチの場合、妹の方が、好き嫌いが多いですね。食わず嫌いの物と合わせるとけっこうな数になります。う~ん、ぜいたくな悩みですね。ただ、これを現代っ子のわがままでかたづけず、今回はそこをもう少し掘り下げてみたいと思います。

 私は小さい頃からなぜか、あまり好き嫌いがなく、何でも食べていたように思います。それこそピーマンでも、しいたけでも、小さい骨のある魚でも、牛乳でも、これが嫌い・食べれないっていうのはあまり記憶にありません。ただひとつ、友達に家に遊びにって、砂糖がかかったトマトを出された時は正直、あまり手が出ませんでしたが。しかし周りの友達は、あれが嫌いとか、これは食べれないとか言っていたように思います。そして学校の給食でも、家のごはんでも、出された分を残そうとすると、叱られて、最後まで食べさせられたものでした。

 当然、ウチでも子供に取り分けた分は残さず食べさせるようにしているのですが、食べれると思って出した物でも、苦手スイッチが入ると、もうダメです。ダラダラ時間ばかりかかって、それでも無理矢理にでも食べさせると、吐いてしまいます。吐くのは、わざとじゃなくて、本当に気持ち悪くなって、吐いてしまうようです。やっかいですね~(苦)。

 ちなみに、今、学校では、どうしても食べられない物は残していいそうです。ウチの子も、残念ながら残すものはあります。

 でも、今って、好き嫌いしても、ほかにたくさん食べる物があるんですよね。同じ栄養素でいいなら、調理法もたくさんあって、違う食材や自分に合う味付けの物があるんです。選べちゃうんですよ、実際。「この栄養は、この料理からでないと」ということがなくなってしまったので、好き嫌いをなくすメリットのひとつが消えてしまったんですね。

 もちろんまったく選択の余地がないのは、嫌ですし、誰しも強制されるのは好きではないでしょう。しかし、何でも選んでいいよ、自由だよ、とされるのも果たしてそれでいいんだろうかと、いぶかってしまいます。自由に選べない、制約がある状況だからこそ頑張れる、というものがあります。自分が許容できる範囲での強制(言い方が難しいのですが)というのは、実は自分からではできないことへのチャレンジを、与えてもらうチャンスでもあります。そこを自分が好きな方・楽な方を選べてしまうのは、せっかくのチャンスをフイにしているようで、それってある意味ふしあわせですよね。

 選択肢が多いということは、必ずしも良いことばかりではない。逆に、それをしないと前に進めない、進みたければ、目の前の課題をクリアするしかない、ほかに選択肢がないというのも、悪いものではない。そうは思いませんか?

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

これは、しつけの範囲に入れましょうよ○

男性教諭、給食マスク忘れた女子児童の口にガムテープ

 栃木県鹿沼市の市立小学校で、給食の配膳時に使うマスクを忘れた2年の女子児童(7)の口に、30代の男性教諭が一時ガムテープを貼り付けて代用させていたことが3日、分かった。

 市教育委員会によると、給食当番だった女児が、クラス担任の男性教諭が27日に「つばが飛ばないように」とガムテープを縦3センチ、横5センチほどに切り、女児の口をふさいだ。指導のつもりだったという。

 貼って1分ほどして「人道的によくない」と、不適切だったことに気付いてはがした。しかし今度は、4つ折りにしたティッシュペーパーにセロハンテープを付けてマスクに見立てたものに貼り替え、約10分間にわたって配膳作業をさせた。男性教諭は学校に対し「なぜそんなことをしたのか分からない」と話しているという。

 男性教諭は、女児がマスクを忘れた24~26日の間、配膳当番をさせず、給食室から給食を運ばせるなどしていた。配膳当番はローテーションで回るようにしていたという。

 市教委などに2日、男性の声で匿名の電話があり発覚。男性教諭は女児と保護者に謝罪した。女児は男性教諭に「先生、そんなに心配しないで」と手紙を渡したといい、ショックを受けている様子はないようだ。  市教委は「不適切な指導で学校に改善を指導する」としている。 [ 2013年7月4日 ]

~:~:~

 今朝たまたま、テレ朝の情報番組を見ていたら、体罰の話しになっていて、尾木ママがしたり顔で、上記ニュースの先生の批判をしていました。しかし私は、その番組内で紹介している記事に『6月24日から4日連続でマスクを忘れたため』と書いてあるのを見つけて「おや?!!」と思いました。これって、先生が非難されること?と疑問に思って、Webでこのニュースをあらためて見た次第です。

 まず、この生徒、月曜から4日連続でマスクを持って来ない時点で、先生をナメてます。『女児がマスクを忘れた24~26日の間、配膳当番をさせず、給食室から給食を運ばせるなどしていた』と先生もそれなりに対応していたが、効果なく、もう少し強い態度で、反省を促さなくてはとの思いからの『ガムテープ』だったのでしょう。まあ、はがす時に少しヒリヒリするかもしれませんが、べつに痛いわけでもなく、何より月・火・水と3日間も猶予をもらっているのですから、これくらいの罰は当然でしょう。

 私はこの事例は、体罰の括りに入れるのではなく、しつけの範囲に入れていいと思います。それで、「あなたも、嫌な思いをしたね。でも、マスクをしないあなたを見て、周りのみんなも嫌な思いをしているし、先生も嫌な思いをしている。それに気づいてほしい。」と言って、反省を促せばいいのだと思います。それを、ガムテープを、しかもたった1分間貼っただけのことで、その前後のいきさつも考えずに、鬼の首を獲ったように批判をする人には、代わりにぜひその子に注意してほしいですね。尾木ママならどうするんでしょうかね?お手並み拝見といきたいところです。

 『市教委などに2日、男性の声で匿名の電話があり』とありますが、もしかしたらこの子の父親かもしれませんね。最近は、親は、自分の子が叱られると、「あなたのしつけがなっていないからだ」と自分が責められているように感じて、自分の子の非を認めたがらない傾向にあるそうです。『子の恥は、親の恥』なのですが、自分が恥をかくのは嫌みたいですね。それで、非をなんとか先生側、学校側に押しつけて、『自分の子は悪くない=自分は悪くない』という図式を組み立てたいのでしょう。

 それと、一番違和感を感じたのは、記事にある、この生徒が「先生、そんなに心配しないで」と手紙を渡したというところです。もっと言えば、違和感を通り越して、気持ち悪いです。自分が悪いことして、叱られたのに、先生に対して、「そんなに心配しないで」って、何様つもりなんでしょうか?「お前が言うな!」って感じです。こんな恥知らずな手紙を書かせる親の顔が見たいですね。

 とは言っても、この生徒は、まだ小学2年生。良いも悪いも、礼儀も失礼も、すべてが勉強中です。しつけがなっていないのは、親の責任です。この生徒は、残念ながら、規則を守るということや、目上の人に礼儀をわきまえるということを学ぶチャンスを逸してしまいました。ですから、次も似たようなことをやるでしょう。その時に、きちんと叱ってくれる大人に出会えることを願います。きっとこの親には無理でしょうから。

 

 =========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

あなたは、どちら側に立ちますか?○

親に9500万円賠償命令 少年が自転車で人はねた事故 (2013年7月5日朝日新聞より)

 自転車で女性(67)をはねて寝たきり状態にさせたとされる少年(15)=当時小学5年=の親の賠償責任が問われた訴訟の判決が4日、神戸地裁であった。田中智子裁判官は「事故を起こさないよう子どもに十分な指導をしていなかった」と判断。少年の母親(40)に対し、原告の女性側と傷害保険金を女性に支払った損保会社に計9500万円を賠償するよう命じた。

 判決によると、少年は2008年9月22日夜、神戸市北区にある坂をマウンテンバイクで時速20~30キロのスピードで下っていた際、知人の散歩に付き添い中の女性に衝突した。女性は頭の骨が折れ、現在も意識が戻っていない。

 判決は「少年の前方不注意が事故の原因」と認定。少年側は「危険な走行はしておらず、日頃から指導もしていた」として過失責任を否定したが、判決は母親が唯一の親権者としての監督義務を十分に果たしていなかったと判断した。そのうえで、女性が事故に遭ったために得ることができなくなった逸失利益や介護費などを考慮し、母親には女性側へ3500万円、損保会社へ6千万円の賠償責任があるとした。

~:~:~

 もう5年も前に、こんな痛ましい事故が起きていたんですね。しかもその後、裁判にもなって。こどもが引き起こした事故なだけに、記事を読むとなんともやるせない気持ちになります。

 さて、こういった事故のニュースを見た時、あなたは被害者、加害者どちらの側に立ちますか?きっと、多くは被害者に同情し、「加害者には罰を」、と思うでしょう。それは至極まっとうな考えです。「わざとじゃないなら、しようがないよね~」で済ませていたら、世の中、事故だらけになってしまいます。私も基本的には、故意でないにしろ、重過失を起こした者に罰が与えられてしかるべきと考えます。

 しかし、そうなると、この加害者家族らの今後の人生はどうなるのでしょうか?当然「自業自得だろ」「一生かかっても罪をつぐなえよ」「他人を何年も意識不明の状態にしておいて、自分だけ幸せになるつもりか」という非難の声も上がろうかと思います。被害者側に立てば、そう思いたくもなるでしょう。

 ただ、もし自分や自分の子供が事故を起こしてしまったら、同じことを言われてもしかたないと思うでしょうか?自分の兄弟や親友の子が、事故を起こした時、その人に同じことを言うでしょうか?きっと、言えないでしょう。「まだ小学生だろ」「一生台無しってのは、かわいそうだよ」「この子の、幸せになる権利を奪っていいはずないよ」という擁護の声も上がっていいと思います。加害者側の立場からなら、こう考えるでしょう。

 立場により、正しさいうものは変わります。たとえば、エジプトでは、昨年国民から選挙で、正式に選ばれた大統領が、突然、軍のクーデターによって事実上解任されました。しかし軍は、市民の現政権の不満の声を代行する形でクーデターを起こしたとしています。つまり大統領派にも、反大統領派にも、自分達が掲げる正義があるのです。

 相手の立場や意見も考え、自分の不利益も、多少は甘んじて受け入れながら、最終的な落としどころを見つけていかないと、物事は丸く納まりません。もちろん、割引分を最初から価格に転嫁する二重価格のような、法外な要求をして、さも妥協するようなマネはいけませんし、相手にもそのようなずるいマネをさせてもいけません。自分の立場と相手の立場、または第三者からの立場で冷静に考えていけば、どんな難題でも、きっと双方が納得する解決策が見つかります。

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

で、そこから何を学ぶか○

 最近、いろんなことが細分化され、専門化し過ぎていて、果たしてそれでいいのか?それはそれで意味があるのか。でも価値としてはどうなんだろう?というのをつらつら考えたりしてます。(また、よく分からない書き出しで、すみません。なにせ言葉を思いつくままに書いているもので。)

 人はいろんなことにチャレンジをするものです。他意なく純粋に、目標目指して、チャレンジして構わないのですが、最終的にはきっと、『で、そこから何を学ぶか』『それが自分の何に活かされていくか』が大事なんだと思うのです。もちろんそれは、オマケの部分なんですが。

 結果を最優先するあまり、効率よく最短距離で進むことを考えすぎてしまうと、そのオマケがついてこなかったりします。すると、結果が自分の望んでいたものでなかった時に、失望感しか残らなかったり、または望む結果は得られたとしても、意外に満足感が低かったり。当の本人に聞いてはいないので、私の単なる思い込みかもしれませんが。それにやっぱりオマケって、あったほうがうれしいですよね(笑)

 おそらく、勉強でも習い事でもそうなんですが、そう思い始めてたきっかけというのは、TVの、クイズ日本一を競う番組とSASUKEですね。普段から雑学を知識として覚えていたり、ひらめきや勘が冴えるようなクイズを解いていたりして、それをたまたまTVで披露する、競い合うならいいのですが、ある特定のクイズ番組で勝つためにはどうするかという努力は、その目標が終わった時にその人に何を残すのだろうかと考えてしまいます。

 また、体操やエクササイズ、仕事内容で、身体を鍛え上げた人達が『SASUKE』の中で、超人的な身体能力を発揮し、ステージをクリアしていく様を観るのは、じつに面白いのですが、ステージクリアの練習だけをして参加してくる人が、本当にステージをクリアしたのを観た時、素直に「スゴイ!」って思えないのは私だけでしょうか?

 大学の受験勉強なんかでも、感じることがあります。たとえば大学の入試傾向に特化した合格のテクニックを塾で教わって、もちろんけっして本人は楽をしているわけでなく、必死で努力をして、志望校に合格するわけですが、その時ついた学力ってどのくらい本人の身になっているんだろう?と思います。

 私が言いたいのは、せっかく努力するのだから、ひとつの目標だけで終わってしまうのはもったいないということなんです。その努力の過程から、当初の目標以外の何かを学ばないと損をしている、というよりも、本当はオマケの部分のために、努力しているのだと思うのです。(今回は、かなり分かりづらいですね、きっと)  子供が家でやる宿題も、それで学力が付く付かないは、問題ではないのです。学校から帰ってきて、家で机に向かう習慣をつけるのが大事なのです。宿題をしなくても、学校で覚えてきてるから、または勉強ができなくてもまったく構わないから、とかそういう問題ではないのです。遊びたいのを少しガマンして、まずは机に向かう。その習慣が身について大人になった時、きっとそれがとても役に立つでしょう。

 ムダなこと、余計なことにも、それなりに意味があり、そのひとつひとつが後々本人の身になるのだと思います。そう思うと、経験してムダなことなんて、何ひとつないのかもしれませんよね。    

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

ページ上部へ