ホーム>整体師のミカタ>2013年9月

2013年9月

本来、車は公道で運転してはならないものって、知ってました?○

京都集団登校事故:逮捕の18歳少年、ドリフト走行か 毎日新聞 2013年09月25日

◇ガードレール越え、12メートルジャンプ

 京都府八幡市で集団登校の列に乗用車が突っ込んだ事故で、自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕された少年(18)が運転する乗用車が交差点で左折した際、車を猛スピードで横滑りさせる「ドリフト走行」をしていた可能性が高いことが捜査関係者への取材で分かった。府道のセンターラインや対向車線にタイヤ痕が残っていた。府警は、交差点を曲がりきれなかったことが事故につながったとみて危険運転致傷(制御困難な高速度)容疑も視野に調べる。

 捜査関係者によると、車は児童らが歩いていた歩道北側の柵に乗り上げた後、空中に飛び上がり、児童らの頭上をかすめて歩道南側の高さ約70センチのガードレールを飛び越え、約12メートル先の畑に着地していた。重体の小学1年の男児(6)は飛び上がった車のタイヤなどに頭をぶつけた可能性がある。

 少年は当初、市道から府道に出る際、一時停止の標識に従い「止まった」と説明していたが、その後はあいまいな説明をしているという。府警は、交差点進入時に横すべりして対向車線にはみ出していることや、制御を失って鉄製の歩道柵をなぎ倒して飛び上がっていることから、少年が一時停止せずに猛スピードで府道に進入した可能性があるとみて調べている。

~:~:~

 またもや、京都で小学生が被害に遭う痛ましい交通事故が起きました。しかし報道されているニュースを見ていると、これは偶発的に起きた事故ではなく、起こるべくして起きた、もっと言えば、加害者当人には、事故が起きても構わないという『未必の故意』があったのではないかとさえ思う事故でした。

 これはあくまで報道されている内容によるものですが、この18歳の加害者は、昨年の11月に運転免許を取得したばかり。しかも、小学生の登下校を見守る、見守り隊(保護者や地元のかたの協力で、全国各地でやっています)の話しでは、免許取得当初から、事故を起こした車が現場近くで暴走するのを、目撃していたとのことです。つまりこの加害者は、初めから安全運転する気など、毛頭なかったのです。これでは事故が起きて当然です。本当に、警察にはこういう車こそ、厳正に取り締まってほしいと、切に願います。

 さらには、警察の取調べには、左折時、猛スピードでドリフトしながら、曲がったにもかかわらず、一旦停止をしたとウソの供述をしたり、自分から携帯で、警察や救急に電話をせず、ぼうっとしていたらしいですね。これから詳しい実況検分が行われるでしょうが、近所の方の「空ぶかしのアクセル音の後、ドーンと大きな音がした。」という話しから、もしかしたら、道路左のガードレールに追突して止まった後に、逃げるために、ハンドルを切りアクセルを思い切り踏んで、その勢いで、今度は道路右側の歩道の柵に追突、さらに乗り越え、児童の上をかすめて、その向こうのフェンスを飛び越えて行ったのではとも考えられます。もしそうなら、この加害者の最後まで身勝手な振る舞いが、児童を巻き込む大事故を生んでしまったと言えます。

 小学生と中学生の娘を持つ我が身としては、こういった事故の報道は、他人事とは思えません。二人とも、安全には十分気をつけて通学していますが、この事故に遭った児童たちには、何の非もないのです。これ以上をどう気をつければいいのか、いきなり飛び込んでくる車に対処できる人間なんていません。ですから、車を運転する人が安全に注意を払う以外にないのです。

 車というものは、本来、公道を走らせてはいけないことになっています。しかし、国の認定した試験に合格した人だけ特別に、公道を車で走ってもいいという許可をもらうのです。私自身も実際そうなのですが、そんな意識で普段、車を走らせる人はいないでしょう。しかし、車は間違いなく『走る凶器』なのです。先日も駐車場で、幼い我が子を、誤って車で轢いて死なせてしまったとうニュースがありました。たとえ徐行をしていても危ないものなのです。ましてや、朝の通学時間に猛スピードなんてもってのほかです。

 現行法では、治療期間が3ヶ月以上のケガ、または後遺傷害の残るをケガを負わせた危険運転致傷の場合、運転免許の欠格期間は7年、また、危険運転致死傷罪の場合でも最長で欠格期間は10年ですが、私は、ケースによっては一生、車を運転させないという法律を作ってもいいと思います。また、これは人権にも絡んでくるので、実現は難しいのかもしれませんが、技量に問題はなくとも、性格に問題ありと判断された場合は、試験合格を見送るという制度ができてもいいとさえ思います。それだけ、車は危険なもので、それゆえに、本来、公道で走らせてはいけないものなのです。

 普段何気なく私たちは、車(自動車・バイク等)を走らせていますが、生活にかかせないものであると同時に、特別に許可をもらって走らせているんだという自覚をもって、ハンドルを握るべきなのだと思います。

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

竜巻がもたらしたもの(プラスの面)○

 今月2日の竜巻被害から、早3週間。先週の台風18号からも1週間。本当に1日1日があっと言う間に過ぎていきます。日常生活はほぼ元通りですが、それでもまだまだ修繕待ちの家屋、修理中の家屋が目につきます。そんな中こういうブログを書くのは、不謹慎なのでは?とも考えたのですが、とりあえず何でも、プラスの面を考えることによって、少しでも気持ちが前向きになればと思い、書くことにしました。

 竜巻発生から、しばらくたったある日、大学時代の後輩からメールが来ました。その後輩は埼玉県内に住んでいるのですが、その後輩に、私もその後輩も大学時代にたいへんにお世話になった知人から、竜巻被害を心配する電話があったそうです。後輩は、「自分のところは、被害の遭った越谷からだいぶ離れているので大丈夫ですが、坂谷さん宅はすぐそばだったそうです。」と伝えてくれたそうです。そうすると、知人のかたに、「私は坂谷さんの連絡先を知らないから、あなたから、坂谷さんから私のほうへ連絡するよう言ってくれませんか。」と言われたとのこと。私はその旨のメールを受け取った時に、不義理の自分がとても恥ずかしくなり、そんな自分を心配して下さった知人にとても申しわけなくなりました。

 実は、現在、大学時代の先輩・同期・後輩の中で、定期的に連絡を取り合っているのは、あまりいません。もちろん年賀状のやり取りは続いていますし、何かあった時は連絡を取れるようにしているのですが、普段の生活の中にはあまり入ってきてはいませんでした。あれだけお世話になった知人にも、すっかり音信不通のままでした。ですから、そんな私がずうずうしく連絡を入れるのは、返って失礼かと思いましたが、不義理を叱られるのを覚悟で、電話をしました。

 大学卒業からもう20年以上、OBとなってからお会いしなくなってからも10年は経っています。しかし電話の向こうの声は、私が学生時代のままでした。うれしくって、ちょっと涙が出そうになりました。知人は優しくいろいろ言葉を掛けてくれました。私も今まで話さなかった分、いろいろな話しをしました。1時間半くらい電話で話したのって、何年振りでしょうか?うれしくって、時間があっと言う間に過ぎました。大学時代のいろいろなかたの名前が出てきたので、今度連絡を取ってみようと思います。

 また、なんと、その知人のかたから、わざわざ旅行に行った先から、葡萄(ピオーネ)を送っていただきました。もうありがたいのを通り越して、本当に申しわけないです。恐縮しっぱなしで、お礼の電話をしました。

 もし、今回、竜巻がウチのすぐそばを通り抜けなかったら、こうして知人と話せることもなかったでしょう。そういう意味では、これは竜巻がもたらしてくれたものということになります。不幸な出来事は、いろいろありますが、その出来事がもらたすことの中に、もしプラスの面を見出せるとしたら、そのことは純粋に喜んでいいのかもしれません。

 『人間万事塞翁が馬』ですから、被害が出た分、たいへんだった分、こういう良いことがあってもいいですよね!

~:~:~

grape.jpg

すっごく甘くておいしいピオーネ(実はちょっと味見してしまいました)

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

竜巻から早10日○

 もう、あの甚大な被害を一瞬で巻き起こした竜巻発生から10日も経つんですね。街自体は平穏を取り戻し、日常に近い生活を送っていますが、まだブルーシートのかかった屋根は数多く見られます。足場を組み、養生をされて、外壁工事に取り掛かっている家もありますが、業者さんが足りなく、工事開始を待っている家も多いようです。

 ここ自宅兼用の整体院でも、看板等被害が出ていますが、屋外工作物については罹災証明の対象外となるため、公的なサポート受けられることはなさそうです。それでも当ブログで、状況報告だけはしておこうと思います。

okikanban.jpg

『O脚矯正』の置き型電照看板もこのとおり、無残な姿です

~:~:~

tatekanban.jpg

歩道脇の立て看板の支柱も、手前の道路標識と比べると、傾いてしまっています

~:~:~

rakkabutsu.jpg

こんな大きくて長いトタン(?)、どこから飛んで来たんでしょうか? 壁や窓に突き刺さっていたらと思うとゾッとします ~:~:~

hisai.jpg

隣りの歯科医院さんの看板は倒され、停めてあった車も被害に遭ってしまいました 電柱には、トタンのような金属の板が2枚ひっかかっていました(9月3日早朝の写真) *もちろん現在は、きれいに撤去されています

~:~:~

okujoukara.jpg

整体院の屋上からの9月3日午後の写真 竜巻の直撃した家屋を中心に大きな被害が出ていることが分かります

:~:~

 また、3階ベランダのドアを閉めようと上に上がった際に携帯で撮った、竜巻の動画をYouTubeにアップしました。竜巻が整体院の横を通り過ぎたとたん、激しい風が細かいガレキとともに身体に吹きつけ、身の危険を感じて慌ててドアを閉めました。ご覧になりたい方はhttp://www.youtube.com/watch?v=Zi7J_VMy344で、見てみてください。

 どうしても、今回の竜巻で、プラスの点を挙げろというなら、地域のみなさんの団結力というか、つながりの深さというか、そういうものを再確認できたということでしょうか。とにかく道路や周辺のガレキの撤去のスピードはとても早かったように感じます。また、被害のひどい家への周りのフォローもよく耳にしました。ウチも停電で困っているところのお子さんを泊めてあげたりしましたし。助け合いの精神は、まだまだしっかりと生きているんだなと感じました。

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

整体風リラクゼーションにご用心○

 先日、ご近所の方が、「首が痛い」と言って、当院を訪れました。詳しく伺うと、春日部の商業施設にある整体院で、首を伸ばされ、ポキポキ鳴った後に痛みを感じたそうです。その店(あえて“店”と言わせていただきます)ではもう時間もなく、なんのフォローもないまま「しばらく様子を見て、それからまた来てください。」と、帰されてしまったそうです。その3日後どうしてもガマンできず、私のところに来たというわけです。

 その整体でなんで、ポキポキ音が鳴ったのか分かりませんが、触って診ると首の骨はズレたままでした。首の骨のズレは、骨盤の歪みと密接に関係していることがとても多いので、しっかりと身体全体の歪みを正しながら、首骨のズレを矯正して、整体を終えました。患者さんは痛みがすっかり消え、可動範囲も元通りになってとても喜んでくれました。今回は、ズレた原因がはっきりしているので、継続した通院は必要ないと考えましたが、メンテナンスの間隔で、通うことだけおすすめしておきました。

 たしかこの前も、ニュースで言っていましたが、最近本当に整体院やリラクゼーション、それに若い柔道整復師さんだけのきれいな整骨院が増えました。それだけニーズが高まっているということなのでしょうが、まさに利用者泣かせの『玉石混交』時代を迎えている状況です。

 ちなみに治療のための『医療マッサージ』を行うことができるのは、法的には医師と、あんま・マッサージ師のみです。ここに国家資格と言えど、柔道整復師は含まれません。ただ、慰安やリラックスのためのマッサージについてはこの限りではありません。しかし医療用と区別がつきにくいので、マッサージの名称を使ってはなりません。ですから、あんま・マッサージ師の資格がないのに、『リンパマッサージ』『タイ式マッサージ』『足裏マッサージ』などと謳うのは誤りです。

 また、整体の資格も国家資格ではありません。民間の整体専門校が独自の審査基準で、いわゆる免状を発行しています。ちなみに、整体の『学校』というものはありません。ですから『整体専門学“校”』というのは誤りですし、プロフィールに『卒業』と書くのも誤りです。正しくは、『専門校』だったり『学院』だったりします。そして『卒業』でなく、『修了』が正解です。この辺をいい加減に記載しているところは、あまり信用できませんね。  さてここからが本題です(いつも前置き長くてすみません)。

 最近とくに増えてきたリラクゼーション系のお店で、差別化を図るためか、整体を取り入れるところが出てきました。ただリラクゼーションとして、慰安的なマッサージに終始していれば、毒にも薬にもならない、いい時間つぶしになるのですが、そこに整体的要素を取り入れようとすると、これは問題です。やり方によっては、楽にしてあげるどころか、始めに書いた患者さんのように、痛めてしまう可能性があるからです。

 骨格矯正のテクニックは、見た目は簡単そうですが、他の歪みとの連動や、筋肉の状態をしっかりと診立て、その上で、ほぐし等を行い、身体をある程度緩めた後、矯正したい部位のみを正確に矯正することが要求されます。簡単そうに見えるのは、できる人がやるから簡単に見えるのです。誰もがすぐにできる代物ではありません。リラクゼーション系のお店、とくにチェーン店はとにかくスタッフが足りません。どうしても1~2週間の研修期間を経たら、後は現場でやりながらコツをマスターしていくことになります。もしこのレベルで矯正をやられたらと思うとゾッとします。

 もちろん、中にはレベルの高い、安心したところもあると思いますが、利用する側はそれが、本当に自分にとって良い物かどうか受けてみるまで分かりません。リラクゼーションやクイック系ならさほど問題ないと思いますが、『整体』とか『カイロプラクティック』とか書いてあるような整体風リラクゼーションにはくれぐれもご用心ください。安易に飛び込まず、できれば受けたことのある人から直接、施術の印象を聞いてからのほうがいいと思います。

 整体は、なぜか(なんとなくは分かりますが)、法整備から漏れ、国家資格化されず、その結果、『○○整体』のようなものが氾濫し、利用者側もどれを選択していいか混乱気味になっています。慰安系のものはともかく、整体と名のつくものには、なんらかの法的規制が必要なのでは?と思います。

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

9月3日(火)は通常どおり受付・施術いたします○

 あさひ整体センターは 9月3日(火)は通常どおり受付・施術いたします。

 皆様には、大変ご心配をお掛けしました。

 しかしながら、道路によっては、ゴミやガレキが残っている場合がございます。

 ご来院の際はくれぐれも、お気をつけください。

すぐ近くを竜巻が通りました○

 今日のニュースで、取り上げられていましたが、越谷で竜巻が発生いたしました。まずは被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げるのと同時に、おケガをされた方のお早い回復と、いち早く各被害の復旧がなされますことをお祈り申し上げます。

 竜巻は、2時過ぎごろ、当整体院のまさに10m~20m東側を通過して行きました。当院の被害は、置き型の看板が飛ばれてて壊れてしまったくらいで、建物自体にはほとんど被害はありませんでした。しかし、周りにはゴミやガレキが散乱した状態だったので、以降の患者さんには申しわけありませんがキャンセルさせていただき、片づけに専念しました。

 3軒先の家は、全壊状態で、竜巻の被害の甚大さを表していました。ほかにも電柱がなぎ倒され、通り一本隔てた向こうは、依然停電が続いております。周辺の被害は想像をはるかに超えるものでした。それに比べ私のところは、被害が出たとは言え、不幸中の幸いが重なってくれました。

 ひとつは、2時からの患者さんが入っていなかったことです。もし、クルマで来ていたら、飛来物で傷ついていたでしょうし、もしかしたら帰れなくなっていたかもしれません。それにウチのクルマも、妻が仕事で外出中で、無傷でした。帰宅し、周囲の様子にかなり動揺していましたが。

 私自身も、とくにケガなく助かりました。上の娘は、ニュースで映されていた北陽中にいたのですが、幸いケガはありませんでした。夕方になって中学校から電話があり、迎えに行ったのですが、建物も、周囲もひどい状況でした。ケガしたお友達の回復を願って止みません。

 またその時、下の子は外に遊びに出ていたのですが、実は私はそれを一番心配していたのですが、娘によると、公園で遊んでいたが、竜巻らしきものが近づいてきて、近所のお母さんが自分の家に、他の子といっしょに非難させてくれたそうです。もしそうでなければ、竜巻のルート的にはかなり危ない状況でした。

 そういう不幸中の幸いに守られ、被害は最小限に食い止められました。だからといって喜びはまったくありません。少し歩けば、屋根や壁を吹き飛ばれて被害に遭っているお宅が数多くあるのですから。ですから、自分もできるだけのことをしていきたいと思っています。

 最後に、今回、空手道関係の方々、整体関係の方々、旧友・知人など、多くの方に、ご心配の連絡を頂きました。この場をお借りして、お礼申し上げたいと思います。もう少し大変だとは思いますが、とりあえずなんとか大丈夫です。ケガもなく元気なので、がんばっていきます。皆様本当にどうもありがとうございました。

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

ページ上部へ