ホーム>整体師のミカタ>2014年2月

2014年2月

今年も、e-Taxで確定申告を済ませました○

 先週月曜日の2月17日から、確定申告の受付が始まったのは知っていたのですが、空手のほうで事務局やっていたり、ちょっと事務的な作業が重なっていたので、確定申告の準備がのびのびになっていました。それでも昨日、やっとe-Taxで確定申告を済ませることができました。これで、ひと安心ですね。

 期間は3月17日までと、1ヶ月間あるのですが、こういうのって「まだいいや。」って思うとドツボにはまりますよね(笑)。パッパと済ませることに越したことはありません。それにしても、この国税庁のe-Taxのホームページ、毎年少しずつリニューアルを重ねて、今年もずいぶん見やすく、使いやすくなっています。お役所の作るページにしては、なかなかだと思います。

 ちなみに確定申告が必要な人は、私みたいな自営業者のほか、不動産の賃貸収入があったり、会社からお給料をもらって働いている方でも年収2,000万円を超えていたり、また、お給料のほかに年金をもらっている人などが該当します。ほかにも該当するケースがありますので、詳しくは国税庁のHPなどでご確認ください。また、医療費控除などで還付金が受けられるのも、この確定申告のうれしいところですね。ドラッグストアで買ったお薬も当然、対象になりますので、レシートが残っていたら、ご家族分一度、かき集めてみてはいかがでしょうか。

 昨年は、初めてe-Taxを利用し、一昨年は、レイクタウン内の確定申告受付特設会場に提出したので、越谷税務署には行っていないのですが、あの一本道の渋滞には閉口しました。普段はバイクで動いているのですが、ついでに買い物を・・・なんて考えて、一度クルマで行った時には、本当に参りました。きっと今年も、税務署の混雑と、その前の道路の渋滞は、あるのでしょうね。

 そう考えると、やはりちょっとチャレンジしようかなと考えてる人、税務署は混雑していてイヤだと感じている人には、e-Taxはおすすめです。事前に、市役所で電子証明書内蔵の住基カードを取得必要はありますが、後は、インターネットにつながるパソコンと、カードリーダーがあればOKです。食わず嫌いの方、どうぞやってみてください。意外にスイスイ出来ちゃったりしますよ!

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。

http://www.mag2.com/m/0001002720.html

 これからもどうぞよろしくお願いいたします。 

 =========================

02/24のツイートまとめ○

Ken1Sakata2

【本日のブラックボード】

その『むり』が、頑張ったほうが

いい『ムリ』なのか、

そうでない『無理』なのか、

一旦、考えてみましょうよ。

http://t.co/Pralw9JyvR
02-24 09:55

02/19のツイートまとめ○

Ken1Sakata2

【本日のブラックボード】

まだまだ寒いですね。

でも、春はすぐそこ! それまで

とくに『首』『手首』『足首』などは、

保温につとめてください。

http://t.co/2fQRvVI8rS

02-19 09:49

02/16のツイートまとめ○

Ken1Sakata2

【本日のブラックボード】

雪かきお疲れさま!

腰痛や背中の張りは

『翌日』『翌々日』が

ご用心ですよ。

http://t.co/3KJcr6Vbyu
02-16 10:18

02/15のツイートまとめ○

Ken1Sakata2

新しい写真をFacebookに投稿しました http://t.co/Qzj44dZ8kt
02-15 14:36

雨がやんだら、近所の子供たちが出てきました。

雪かきするのかと思いきや、思いっきり遊んでます。

子供は、遊びを見つける天才ですね(^_^)

02-15 14:36

新しい写真をFacebookに投稿しました http://t.co/CaAzhtQT4j
02-15 14:36

新しい写真をFacebookに投稿しました http://t.co/D2CY4FxrN6
02-15 14:36

とりあえず、駐車スペースと通路、それとついでにバス停までの雪かきを済ませました。

雪がかなり重たいので、これから雪かきしよう思っている方は、

ムリせず雨で解けるのを待ったほうがいいかもしれません。

http://t.co/huNOKs9jE1
02-15 08:04

雪の中、気まずいことがありました○

140215kasa.jpg

~:~:~

 今朝の7時50分過ぎのことです。整体院の玄関と前の通路、駐車スペースと、一応バス停までの歩道の一部の雪かきが終わり、整体院の中に入って、まもなく玄関の外で「ドサッ!」という音がしました。(これは、屋根からの落雪だな。)と思い、そとへ出てみると、そこには、なぜか、千葉県有数のサッカー強豪高のバッグを肩に掛けた高校生の姿が。よく見ると、手にしていたビニール傘が折れていました。

 私は始め、高校生がこんなところに立っているのか分からなかったのですが、どうやらバスを待つ数分の間、整体院の玄関の軒を借りようと思ったようなのです。そこに運悪く、雨で滑りやすくなっていた屋根の雪が落ちてきたというわけです。彼は、扉を開けて出て来た私に、文句言うわけではありませんでしたが、突然のアンラッキーな出来事に不満そうでした。

 私が、「あぁ、上から雪落ちてきたんですね。大丈夫ですか?」と聞くと、やっと口を開いて、「バス待つ間、もう少し、いていいですか?」と聞いてきました。私が、別にいいですよと答えて、「君、○○高校のサッカー部なんだ。すごいね。通ってるんだ?」と聞くと、ええ、まあ、みたいな受け答えをして、何やらハンズフリーで携帯(スマホ?)で誰かと話し始めました。私は、まだ開院の準備が終わっていないので、また室内に戻りました。

 昼過ぎて、そんなやりとりも忘れかけたころ、患者さんの見送りに、外へ出てみると、整体院の壁ぎわに壊れたビニール傘が捨ててありました。傘を巻いて止めるビニールが黒かったのを覚えているので、おそらく朝の高校生の傘に間違いないと思います。それを見て、私はとても残念な気持ちになりました。

 ちょうど来週、ゴミかご出し当番だったので、かごの側に捨てやすかったのでしょうか。しかし間違いなく、そこはゴミ捨て場ではありません。それとも、整体院の屋根の雪で傘が壊れたのだから、整体院で捨てておけということなのでしょうか。壊れた傘をそのまま持ち続けるのがイヤなのなら、せめてひと言声をかけてくれれば、気持ちよく私が燃えないゴミの日まで預かったのに、こういう捨て方をされるのは、ちょっと悲しいです。

 とは言っても、たしかにウチの屋根の雪が落ちて傘が壊れたのだから、こちらも少し気まずいです。きっとあの高校生も、ひとのウチに勝手にゴミを捨てて来た気まずさは、残っているはずです。でも正直、スポーツマンにそういうことをされたのは、悔しいですね。これからはそういうマナーも学んでいってほしいと思います。傘は責任をもって、次の燃えないゴミの日に捨てることにします。

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 =========================

私が空手道を続ける理由○

道徳新教材 「日本人の自覚」深める 「美しい心」話し合い考える(2014.2.14 MSN産経ニュースより)

 文部科学省が来年度から小中学生に配布する道徳用の新教材「私たちの道徳」には、いじめ問題への対応などのほか、「日本人としての自覚」を深める記述も数多く盛り込まれた。分かりやすい物語で、日本人が昔から大切にしてきた“美しい心”とは何かを考えさせる内容だ。文科省は「道徳的価値を教え込むものではない。周囲と話し合って考えを深めてほしい」としている。

 小学5・6年生用の教材に盛り込まれたのは、剣道をめぐる物語だ。  親にすすめられて剣道をはじめた小学生が、正座の仕方や立ち方、礼の仕方などを厳しく教えられ、《何でこんなに礼にこだわるんだろう》と疑問を抱く。初めて迎えた試合の日。あっさり負けてしまい、ふてくされた態度で礼をすると、先生から「剣道をやる資格がない。他の試合をよく見てみなさい」と叱られる。

 《先生は何を怒っているのだろう》。そう思いながら上級者の試合を見ていると、試合に負けたあとでも立派な態度で礼をする姿に心を打たれ、《美しい》と感じるようになる。

 「剣道は、『礼に始まり礼に終わる』と言われるように、礼というものをとても大切にします。これは、日本人が昔から大切にしてきた相手を思いやる精神です。我々が受けついでいかなければならないことです」と先生に教えられ、小学生はこれまでの姿勢を改めるというストーリーだ。

 小学3・4年生用の教材では、「伝とう文化を大切に」というテーマで、和服、和食、和室、風呂敷などについて写真付きで説明。「他にどのような日本の伝とうや文化がありますか」と問いかけている。  このほか中学生用の教材には、エルトゥールル号遭難事件が取り上げられた。

 明治23(1890)年に和歌山県沖で沈没したトルコ船エルトゥールル号の乗員を、近くの集落の人々が総出で救助。蓄えていた食糧を全て提供して介抱に努めた。それから100年近くたった1985年、イラン・イラク戦争が激化する中、テヘラン空港に取り残された日本人のためにトルコ政府が救援機を飛ばし、全員を脱出させたという史実に基づいた物語。

 自らの困窮も構わずに人を助ける日本人の「無私の心」が、100年も続くトルコの親日感情に結びついたのだと、生徒に気づかせる構成になっている。

 「日本人としての自覚」を深める内容について、道徳教育に詳しい高橋史朗明星大教授は、「剣道などの『道』の文化を盛り込んだことは、子供たちのアイデンティティーを育む上でとても意義深い。問題は、学校現場でこの教材がきちんと利用されるかどうかだ」と話している。

=========================

 インターネットのニュースで気になる記事を見つけました。来年度から小中学生に教える道徳教育の、新教材についてです。その中で、小学5・6年生向けには剣道の礼についての話しが採用されていました。礼の大切が理解できないまま臨んだ試合で負けてふてくされて、しかしその後、上級者が試合で同じく負けた後、立派な態度で礼をするのを見て、自らの姿勢を改めるというお話しだそうです。これは剣道だけでなく、空手道や柔道、おそらく野球やサッカーにも通じる精神だと思います。

 『武道は礼に始まり、礼に終わる』みなさん、この言葉、どこかで耳にしたことがあると思います。でも本当にそうなのです。武道が人格完成の道ならば、礼を欠いては絶対にいけないのです。礼を重んじることを通してこそ人は、心が磨かれていくのだと思います。まさに私が空手道を続ける理由がここにあります。今、少年部で稽古の指導を担当していますが、本当に教えたいのは、これなのです。このニュースを見た時、腑に落ちました。

 また、礼というのは、相手を思いやる心の表れです。空手道も、剣道も、柔道も、合気道も、相手がいないと出来ません。形や素振り、体捌きなどはできるかもしれませんが、道場、稽古場がなければそれすら出来ませんよね。だから、稽古や試合を始める時は、「正面(場)に対し『礼』、お互い(相手)に対し『礼』。」なのです。

 武道やスポーツをやっていないと、なかなかこういうことを学ぶ機会がないと思いますが、せめてこういうふうに道徳の時間中で、みんなで考えることが出来るのは非常にいいことだと思います。また、実際に武道を学んでいる子供たちも学校で学んでから、また道場に来ると、一層身が引き締まって、稽古に集中できると思います。

 私も、子供たちへの指導の仕方を今一度、見直して、礼の仕方がおざなりになっていないか、確認したいと思います。

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

02/12のツイートまとめ○

Ken1Sakata2

【本日のブラックボード】

オリンピック観戦➡︎夜更かし➡︎

寝不足➡︎「腎」の疲れ➡︎

腰痛意外にありますよ。

ご注意 を!

http://t.co/hlQquB3t9H
02-12 10:18

02/10のツイートまとめ○

Ken1Sakata2

【本日のブラックボード】

「雪かき、どうもお疲れさまでした

意外と腰にキテますよ!いたわってくださいね。」

今日のは、もうこれしかないでしょう。

http://t.co/lmlaEeViq7
02-10 09:37

02/08のツイートまとめ○

Ken1Sakata2

こんな大雪の中でも、

自分の整体を受けに来たいと

思ってくださる方が、

いることに感謝です。

お気をつけて、お帰りを。

http://t.co/gBHseNMeaV
02-08 15:39

ページ上部へ