ホーム>整体師のミカタ>身近なこと>整形外科に行ってきました
身近なこと

整形外科に行ってきました

 今日の昼前に、近くの整形外科に行って来ました。実は、娘が手の小指側をケガして、1週間前に、妻が整形外科に診せに行ったのですが、その後なかなか痛みが取れないので、私が同行することにしたのです。正直、その整形外科さんの様子も気になったので、勉強も兼ねて、行って来ました。

 部位は、小指の下側、つまり中手骨の遠位端部付近です。ちなみに脱臼ではありません。始め、触って痛がる感じが、骨折のような痛がり方をするので、先週、レントゲンを撮って診察してもらったのですが、その時は、はっきり『ひび』と分かるものは写っておらず、痛み止めの軟膏を塗って様子を見るというものでした。患部に腫れや熱もないので、その時は妥当な診断だったと思います。

 しかし、その後「患部を押すと痛い」「しっかり握れない」など、症状が改善されないので、今日の再診に至ったわけです。今回もレントゲンを撮り、前回の物と合わせて見ました。しかし正直なところ、ひびなどの異常は、私にもまったく分かりませんでした。しかし、先生は、「よ~く見ると、これがひびかもしれないね。」と言いながら、パソコンのモニターを指し示したのです。言われてみれば、かすかにV字にうっすら黒い筋があるようにも見えます。ただ、痛い部位の場所に一致させて、「この場所がそんなに痛いんなら、これをひびだと思うのが妥当かな」という感じにも、思えました。

 先生の診立てでは、筋を痛めたとかではなく、骨のひびによる痛みとのこと。そのひびも特段なにもしなくても十分自然治癒するレベルだということ。固定も不要。ただし、もちろん衝撃の加わる過度な運動は厳禁。この1週間で、ひびが悪化していたわけではないので、今さら神経質になることもないのでしょう。痛みはサインですから、痛みがあるうちは、基本、そんなに使うなというわけです。後は、サインにしたがって、痛みの緩和にしたがい、徐々に動かしていけばいいのでしょう。とりあえず、大事に至らずほっとしました。

 ちなみに、そこの整形外科では、待合室からリハビリルームが見えるのですが、施術ベッドが何台もなって、理学療法士さん?あんまマッサージ師さん?が、懸命に患者さんをマッサージしてました。あんなに指ばかり使って疲れるだろうなぁと思っていたら、移動中の白衣の人が、自分の手三里のツボをもう片方の手で、マッサージしながら歩いてました(笑)。どうもお疲れさまです。

 保険である程度の時間マッサージが受けられるのはおトクかもしれませんが、他のベッドとのついたてもないし、会話もできなさそうなので、治療をこなすだけの慌しい印象を持ちました。もちろん、整形外科のリハビリルームに求められるものと、私のような整体院に求められるものは違います。私は私にしかできないやり方で、これからも患者さまへ貢献していきたいと思います。

 

*******************

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.asahisc.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1495

ページ上部へ