ホーム>整体師のミカタ>2014年7月

2014年7月

まだ、イジメに甘い体質があるような気が。

下級生を床に投げ骨折させた疑い 前橋育英バスケ部 (asahi.com 2014年7月29日)

 私立前橋育英高校(前橋市)の男子バスケットボール部で昨年12月、上級生2人が下級生1人を体育館の床に投げ、鎖骨骨折のけがをさせたとして、群馬県警が6月、この2人を傷害容疑で前橋地検に書類送検していたことがわかった。地検は同じ非行内容で前橋家裁に送致した。

 学校によると、昨年12月の自主練習中、当時2年の部員2人が当時1年の部員を仰向けの状態で、1人が両手、1人が両足をつかんで空中で揺らした後、床に投げ、右鎖骨骨折の約2カ月のけがを負わせたという。上級生2人は「ふざけてやった」と説明した。学校側は他の部員にも聴取し、「いじめではなく、悪ふざけの一環」と判断。2人を昨年12月に停学処分にした。けがをした下級生は今年5月、「部になじめない」と転校したという。

 バスケ部は8月の全国高校総体に出場予定で、停学処分を終えた2人も選手登録されている。竹渕敏校長は「非常に危険な行為で、深刻な事態と受け止めている。再発防止を徹底したい」と話している。

~:~:~

 先日、気になる記事を見つけました。私が以前住んでいた群馬県高崎市の隣りにある、県庁所在地・前橋市の前橋育英高校のバスケットボール部で、昨年末、2人の2年生の過度な悪ふざけにより、1年生が骨折の重傷を負い、今年度にはその被害生徒が転校を余儀なくされている事態が発生していたのです。しかも、記事によると、学年が上がって3年生になった加害生徒は、8月のインターハイに出場予定だというのです。しかし、私はどうも釈然としません。

 まず、2人がかりで後輩を床に投げつける行為を「悪ふざけ」という括りにしていいのか?という問題です。私は、つい先日、日体協のスポーツ指導者講習で、体罰についての講義を受けました。また今後、暴力的な指導を行った結果、被害者が退部に追い込まれたり、心身に重大な障害を与えた場合は、その指導者は、無期の資格停止や資格剥奪の処分が下されることになるなど、体罰撲滅へ向けて、日体協は厳しい姿勢で臨んでいます。暴力的な指導には、パワハラやセクハラはもちろん、明らかに競技力の向上と無関係なしごきや、罰としての特訓も含まれます。

 私は、体罰は、指導の名を借りたイジメだと考えます。絶対に許されない行為です。その基準で見た場合、この2人がやった行為は、記事を読む限り、あきらかにイジメです。残念ながら、学校、とくに部活動の中では、まだイジメに甘い体質があるようにですね。

 8月のインターハイ出場を決めたということは、その前に県大会を勝ち上がっているということです。ですからその間、通常の部活動や対外試合もOKだったということになります。もちろん、ケガをさせた生徒は、停学処分を受け、十分反省もしているということで、部活動に復帰しているんでしょうが、これで万事片がついたとしていいのか、疑問が残ります。

 高校野球であればそうは行きません。例えば、越谷の某高校は数年前に、野球部内での暴力によるイジメが発覚し、ケガ自体はあざが出来る程度でしたが、そのことで県大会の出場を辞退しています。高野連と高体連では、組織も基準も違うのでしょうし、何でも連帯責任にすることに問題がないとも思いませんが、もしイジメ撲滅より、高校の実績作りを優先するというならば、教育の一環としての部活動という枠組みが揺らぐものとなります。

 高校生とはいえ、まだ未成年。間違うこともあります。若気の至りの時もあるでしょう。再チャレンジが許されてもいいと思います。しかしその一方、「これくらいなら悪いことでも許される」、「建前はイジメはダメだと言っても、競技の実力さえあれば、試合に使ってもらえる」と受け取られては、その生徒は、将来そういう価値観を持つ人間になります。それは大人の責任です。

 たとえ指摘をすることが、一時的に自分にとって不都合だと感じても、大人や、周りの人が、きっぱりと「それ、イジメだよ。」と、毅然とした態度を取ることが、イジメ撲滅への第一歩になるのだと思います。   

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

夏こそ用心を忘れずに

 学校も夏休みに入って、梅雨明けして、いよいよ夏本番ですね。夏祭りやら、山や海への行楽、旅行、実家への帰省など、イベント事が多い時期。その一方で、明るい、楽しいニュースだけでなく、事故や事件などつらい、悲しいニュースも多く報道されます。

 子供達が学校から持ち帰って来る夏休みのしおりの中にも、事故や事件に巻き込まれないよう、また熱中症などにかからないよう体調管理に注意して、楽しい、充実した夏休みを過ごしてほしい旨が書かれていますね。

 そんな中、夏休み直前に起きた岡山の女児監禁事件は、本当にショックでした。私のも、小学生と中学生の娘がいますので、他人事としてニュースを見られませんでした。女の子が無事保護され、犯人が逮捕されたニュースを見た時は、ほっと胸をなでおろしました。

 越谷でも、ひんぱんではありませんが、不審者情報が流れることがあります。大きな事件に発展することはありませんが、それでもそういう時は娘が帰宅するまで気が気ではありません。よく、「先生のところは、娘さんも空手を習っているから、安心ね。」と言われますが、自分の目から見て、実際に娘たちがどれだけ『護身』というものを理解しているか、本当に危ない目にあった時に空手を有効に使えるのか、正直、クエスチョンです。

 今日も、朝のテレビで、「護身のための武道が見直されている」という内容のものが流れていました。私は、「安易だな~。」と思いながらも、こうして武道が注目されること自体はいいことだと思って、テレビを見ていました。

 護身は、字のとおり身を護ることです。どうすれば身を護れるか、それは危険な目に遭わないことです。即ち、危険予知、危険の事前回避が一番の護身なのです。武道の稽古を通じて、学ばなければならないのは、危険回避の『心構え』です。その上で、どうしても回避できない危険に遭遇し、すぐにその場から立ち去ることができない時にはじめて、武道で身につけた技術を用いて相手を制するのです。

 これは事件だけではなく、事故への備えにも言えます。横断歩道を渡る時、クルマは来ていないか、自転車で走行中、歩行者が横切ろうとしてないか、周囲の状況に目を配っておけば、自分と相手の優先順位に関係なく、危険を回避できる用意ができます。

 私も、スクーターを買い換えた初日、信号のない交差点を狭い路地から、軽自動車が一旦停止せず、私の目の前を横切り、私は急ブレーキをかけ、危うく事故を回避しました。もし、もう少しスピードを出していたら、こちらが優先道路だと高をくくっていたら、軽自動車の飛び出しに気づくのが遅れていたら、間違いなく事故になっていたでしょう。それでいくら相手に非があろうが、事故でケガして痛い思いをするのは私なのです。それでしたら、優先道路を走行中でも、ある程度の危険予知は必要でしょう。

 自分は、武道を習っているから、少々危険な時間帯や場所でも平気なんていう勘違いは絶対にしてはなりません。その時点ですでに護身になっていません。また、健康に自信があるから、この暑さの中でも平気とか、クルマの運転には自信があるから、スピードを出しても平気などもただの勘違いです。

 夏は、暑さにかまけて、ついつい気が緩みがちです。いろんなことに、「このくらいは平気だろう」、「今日くらいは平気だろう」と油断しがちです。しかし、だからこそ、『夏の用心のしかた』今一度、見つめ直す必要があるのだと思います。

 冷夏だとは思いませんが、昨年よりも梅雨明けが遅い分、短い夏になりそうです。用心を忘れずに、思いでいっぱいの楽しい夏をお過ごしください。

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

DNAだけでは決められない

DNA鑑定:父子関係確認訴訟 「DNA鑑定で父子」認めず 血縁より民法優先−−最高裁初判断 (毎日新聞 2014年07月18日 東京朝刊 )

 DNA型鑑定で血縁関係がないと証明されれば法律上の父子関係を取り消せるかが争われた2件の訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は17日、「血縁関係がないことが科学的に明らかで、夫婦が別居し、子供が妻に育てられている事情があっても、法律上の父子関係は取り消せない」との初判断を示した。その上で、いずれも「父子関係は取り消せる」とした2審を破棄し、妻側の訴えを却下する判決を言い渡した。(3面にクローズアップ、「質問なるほドリ」、24面に関連記事)

 夫と子との血縁関係が科学的に否定された場合、「妻が結婚中に妊娠した子は夫の子と推定する」と定めた民法772条の規定(嫡出推定)の例外となるかが争点だった。訴訟の当事者は北海道の元夫婦と近畿地方の別居中の夫婦。鑑定で「父子関係99・99%」とされた血縁上の父と子が、法律上の父と別れた妻と生活していた。小法廷はこういうケースでも「子の身分の法的安定を保つ必要はなくならず、法律上の父の子と推定される」と指摘。「民法は法律上の父子関係が生物学上の関係と一致しないことも容認している」と述べた。

 5人の裁判官のうち3人の多数意見。金築誠志裁判官(裁判官出身)と裁判長を務めた白木裁判官(同)が反対意見を述べた。補足意見を述べた桜井龍子、山浦善樹両裁判官を加えた計4人が立法論議を促した。白木裁判官は「民法制定時、鑑定で血縁関係が誤りなく明らかにできると想定できなかった。立法の手当てが望ましい」と述べた。

 元夫が鑑定を基に、元妻の子との父子関係取り消しを求めた四国の訴訟は提訴期間(出生を知って1年)を過ぎていることもあり、「取り消せない」とした2審判断を維持した。

~:~:~

 今朝の毎日新聞の朝刊で、DNA鑑定で血縁関係がないことが証明されても、父子関係が取り消されることはないいう、最高裁判決が出たという記事を読みました。率直に言って、私はこの判決を支持します。

 記事によると、夫婦は離婚し、子供は、母親と生物学上の父と暮らしています。親権を争うことになっても、母親が有利で、直ちに法律上の父に引き取られることはないでしょう。しかし、これでこの男性は、「あの子は、私の娘だ」と誰にはばかれることなく言うことができます。面会できる権利も得ます。これが大事だと思います。私は、現民法における『嫡出推定』の原則は尊重されるべきと考えます。

 もしDNA関係の結果を嫡出推定より優先するとなれば、さまざまな不都合を生じます。まず、そうなると、生まれた赤ちゃんはいちいちDNA検査を受けなくてはならなくなります。その結果を待って、法律上の父子関係が成立する運びとなります。ひょっとしたら、そういう未来が訪れるかもしれませんが、それでいいんでしょうか?

 それに検査結果は100%正しいと言い切れるでしょうか。検査の途中にDNAの取り違えなんてことはありえないでしょうか、心配です。もし、万が一本当は生物学上も父のはずが、何らかの間違いでDNA検査結果で否定されたら、幸せな家庭に、暗雲が立ち込めてしまいます。その時は誰が責任を取るのでしょうか。また、その危険性は、ないと言えるのでしょうか。

 また、DNAを最優先にするならば、第三者の精子提供による人工授精では、父子関係は成り立ちません。本当の父は、精子提供者になりますが、それでいいんでしょうか?その話しで進めていくと、今度は卵子提供で人工授精した子供を出産した場合、もし仮に卵子提供者が、「私がDNA検査では母親よ。」と主張したら、引き渡さなくてはならなくなります。

 一見、生物学上の親を親として認めることが正しく見えても、このように、DNAだけで決めてしまうのは、とても危険なことなのです。裁判長の「民法は法律上の父子関係が生物学上の関係と一致しないことも容認している」という立場は、とてもよく理解できます。この問題は、とても複雑で、さまざまな考え方があるでしょう。それにもちろんケースによっては例外も出てくると思います。もし民法を改正するにしても、一例だけを考えて進めるのではなくて、全体に矛盾が生じないよう慎重に進めるべきだと思います。

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

もう梅雨明け?熱中症にご用心

 先週の台風一過から、晴れの日が多くなり、気温もぐんと上がってきましたね。土曜日には35℃超えの猛暑日になりました。気象庁は、まだ梅雨明けを発表していませんが、実質的に、もう梅雨明けと思ってよさそうですね。

 気温・湿度とも高く、体調管理にはキツイ季節がやってきます。気温が高く、汗をかいた気化熱で体温を下げたくても、それを高い湿度がジャマをする。気がつくと、体温が思いのほか上がってしまい、クラクラとめまいが・・・と、熱中症一歩手前なんてことになりかねません。また、普段からの運動不足で上手に汗をかけない人も、熱が体内にこもりやすいです。くれぐれもご用心ください。ちなみに私は、なぜかよく分かりませんが、真っ先に右手の甲に汗をかきます。その後に胸とか、左手の甲とかの順ですかね。うまく汗はかけているほうだと思います。

 とにかく、汗をかくのが間に合わず、体温の上昇を感じたら、保冷剤や、氷の入った袋などで身体を冷やしてください。冷やす箇所は、『耳の下の首の部分』、『わきの下』、『脚の付け根(内側)』の3箇所です。もちろん、いきなり3箇所全部を冷やす必要はありません。その時の状況に合わせて使いわけてください。なぜその3箇所かといいますと、そこに『リンパ節』があるからなんです。それぞれ浅頸リンパ節、腋窩リンパ節、鼠径リンパ節と言えば、聞いたことあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか(血液で冷やすという方もいます)。

 ここで、クルマのラジエーターを思い出してください。ラジエーターの中には冷却水が入っていて、簡単に言えば、これでエンジンを冷やしています。ちなみにエンジンから熱を吸い取って温かくなったラジエーターの水は、ファンが起こす風によって冷まされます。クルマのボンネット開けると、たいてい前のほうにファンがついてますよね。

 つまりラジエーターのように、冷たいリンパ液を身体中に巡らせて、体温を下げようという作戦なのですが、そのリンパ液を冷やすのにリンパ節への冷却が必要になるのです。おでこを冷やすと気持ちいいですが、おでこにはリンパは通っていないので、体温は下がりません。また、汗の気化熱とおなじ原理を利用し、腕や脚に水をスプレーして、うちわであおぐという手もあります。

 また、熱中症時には、脱水症状になっている場合も多いですから、水分補給もしてあげましょう。この場合の水分は、ただの水でなくて、できれば、スポーツドリンクのような、塩分や糖分、ミネラル分などが入っているもののほうがいいですね。スポーツドリンクは冷やしてある必要はないです。おいしくはないですけど、体温に近いほうが、吸収は早いです。

 もちろん、熱中症にかからないのが一番です。外出先なら、直射日光は避け、日傘や帽子を利用しましょう。こまめに水分を取り、室内なら、風通しをよくして、かいた汗が蒸発しやすいようにしておきましょう。ちなみに、アルコール飲料を水分にカウントしないでくださいね。ビールなど利尿作用が多いものは、かえって体内の水分不足を招くおそれがあります。お酒を飲んで帰宅した直後、まずコップの水を一杯なんてのは、身体が水分を欲している証です。

 そして、熱中症を気をつけるあまり、身体を冷やしすぎてもこれまた、身体に不調が出てきます。冬に限らず、夏場に、よく冷えた室内で、冷たい物を摂り過ぎて、身体が冷え、血行が悪くなった結果と、夏の疲労が重なり、ギックリ腰を招くなんてこともよくあります。身体の冷やし過ぎを恐れて、冷房をガマンして熱中症になっては元も子もありませんが、夏の冷えにも合わせてご用心ください。

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

拡大解釈と勘違い

  最近のニュースで、兵庫県議の政務活動費の不正使用疑惑が、取り沙汰されていますね。疑惑と言っても、報道を見る限りほぼ100%クロのようですが。しかしなんでこんな事態になってしまったのか、それは、この議員の際限のない拡大解釈が生んだ大きな勘違いが原因だと考えます。

 兵庫県では、県議会議員に月額50万円までの政務活動費が支給されます。これは埼玉県議会でも同じ額です。しかし活動経費として認められる上限というだけで、議員さんに給与とは別に、50万円おこづかいをあげますよという意味ではありません。当然、そんなに使わない月もあるでしょう。しかしせっかく交付されているのだから、使い切らなければ損だと言わんばかりの使い方をされては、県民税を納めている身からするとやり切れないですね。これを埼玉県でやられたら、私も怒ります!

 この、『月に50万使い切らなければ損』という考えで、『本人らが作成した「支払証明書」があれば、領収書なしでも支出OK』という抜け道を利用した結果がこの不始末です。おそらくこの議員は、「支払い証明書」を三つ葉葵の御紋ように、扱いを拡大解釈していき、打ち出の小槌を手に入れたかような勘違いをしてしまったのでしょう。これが一般企業なら、会社のお金を使い込んだ横領事件です。

 拡大解釈というのは、時に恐ろしいものです。本来はこうあるべきなのだが、これくらいは許される余地がある⇒あれが許されるのならこれも許されるだろう⇒あれも許される・・・ となり、際限がありません。当初は許されるはずもないと思っている事が、次第にまったく気にならなくなってしまうのです。似たようなものに、『はげ頭のパラドックス』があります。「髪の毛が一本もない人をはげと呼ぶ」⇒「はげの人に髪の毛を一本足しても、はげと呼べる」⇒「はげの人に髪の毛をもう一本足して、二本にしても、やっぱりはげと呼べる」⇒これを順次繰り返し行くと、あら不思議、「全ての人は、はげと呼べる」ということになるのです。

 この流れで、もう少しお話ししたいと思います。今、集団的自衛権の行使をめぐり、憲法の解釈変更が、話題となっています。私は、現行の解釈のままでは、国の主権と平和を守り、すべての国民の生命と財産を守るのは、難しいのなかと考えています。ですから、今、政府が閣議決定した内容の範囲内での解釈の変更は、認められていいと思います。しかし、もしこれが拡大解釈の第一歩になるのなら、反対です。拡大解釈を繰り返し、ついには他国と戦争をすることが、日本を守ることだという勘違いに帰結してしまうのであれば、たとえ窮屈で、時に日本に不利益が生じる状態であっても、憲法解釈を変更すべきではありません。集団的自衛権という考え方に反対する人達の一番の不安は、ここにあるのではないでしょうか。

 決まりというのは、ガチガチに固めてしまっては、運用時には不便です。時には例外があってもいいでしょう。しかし、その時その時の自分のいいように解釈をし、事を進めてしまっては、すでにそこに法はありません。基本があって、例外がある、その例外の範囲はここまで。と決めておかないと、誰かが邪な考えを起こした時に抑制するすべがありません。今回のニュースは、その教訓となったと思います。

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

エニアグラムって知ってますか?

 みなさんは、『エニアグラム』って、ご存知ですか?つい先日その言葉を、妻から耳にしました。エニアとは9の意味で、グラムとは図表を意味します。ヒストグラムとか、ソシオグラムとかたまに耳にしますよね。でも図が9こあるということではなくて、円周に9つの点を置き、それらを線でつないだ図を指します。そして、人の性格を9つに分類して、自分や他人への理解を深めようというものです。

 実際には、144問の設問に答えながら、1~9の何タイプに属するのか見ていくのですが、web上にあるエニアグラム研究所の無料サンプル版では、36問の二者択一の設問に答えるだけで、診断ができます。ちなみに、私が読んだ本は、もっと簡単で、三者択一の2つの設問に答えるだけで、簡易診断できてしまいます。

 しかし、この本の設問は実によくできていて、分類した後のタイプを見ると、見事に当たっているのです。その後、web上の36問もやってみたのですが、結果はまったく一緒のタイプになりました。おそらく144問でやっても、私の場合は同じタイプになるでしょう。

 私を知る方には、私はどう見られているかわかりませんが、私は1タイプでした。ここでは何タイプがどうとか、あえて書きませんので、興味がある方は、本を読んだり、web上で公開しているサンプル版をやってみてください。私はけっこうツボにはまりました。

 もちろん、自分や誰かを型にはめて、「自分は、こういう性格だから」とか、「あの人は、ああいうタイプだから」とか、決めつけてはいけません。まじめな人にも、だらしなくしたい瞬間はあるでしょうし、どんな寛容は人にも、その人にとって許せない事というのはあるでしょう。怖い人に優しい側面、勇敢な人に臆病な側面があっても不思議ではないでしょう。また、同じタイプの中でも細かく枝分かれしていると思います。

 しかし、ある程度のくくりでタイプ分けすることによって、自分と他人への理解が深まるのもたしかです。ですから、血液型や星座、生まれ年などで、タイプ分けをしたくなるんですよね。ちなみに、私は自分が『B型気質』であると自認しております。B型の1タイプって、いっしょに居てどうなんでしょう。ちょっとウザイですかね(苦)?

 今回、このエニアグラムというものに巡りあって、あらためて自分というものを見つめ直せたような気がします。また、妻や子供への、接し方も考えさせられました。もともと妻も子も、私とはタイプが違うなと思っていましたが、本を読み進めていくと、その違いが明確になって、自分の相手への理解が不足していたことを実感できました。

 もちろん、すべてをエニアグラムにもとづいて考えるわけではありません。しかしながら、この考え方を知識として持っているか持っていないかだけでも、自身の身の処し方、相手への理解度が大きく変わります。

 教えてくれた妻に感謝です。

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

ページ上部へ