ホーム>整体師のミカタ>2014年9月

2014年9月

秋の全国交通安全運動が始まります

 「秋の全国交通安全運動」が平成26年9月21日(日曜日)から9月30日(火曜日)までの10日間、全国各地で展開されます。

 埼玉県内では自転車乗用中の交通死亡事故が多く、自転車利用者の交通ルールの遵守とマナーの向上が課題となっています。 このようなことから、「自転車の安全利用の推進(特に自転車安全利用五則の周知徹底)」を本県の運動重点とし、運動を実施します。

人も車も自転車も、交通ルールを守って、交通事故をなくしましょう。(埼玉県HPより)

~:~:~

 今年も、この季節、全国交通安全運動が始まりましたね。埼玉県のHPによると、全国での重点項目は、

○夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止 (特に、反射材用品等の着用の推進及び自転車前照灯の点灯の徹底)

○全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

○飲酒運転の根絶

 

 埼玉県での重点項目は、

○自転車の安全利用の推進(特に自転車安全利用五則の周知徹底) だそうです。

 

 自転車のライトも、今は電球からLEDになり、タイヤについていた発電機も、車輪の中心部に移動して、故障や電球切れは少なくなりましたね。バイクと同じように昼間からライトオンでもかまわないと思います。自転車は、不意に側に来ている印象があります。周囲に自転車の存在を知らしめることが事故の予防につながります。

 シートベルトは、まだ一般道での後部座席の未着用が目立ちますね。私は、後ろの席に座る子供達に、必ずシートベルトを締めるよう注意しています。これは、ルールだからというより、単純に、安全度を高めたいからです。自分が安全運転しても、交通違反を犯したクルマが突っ込んでこないとも限りません。その時、「ああ、シートベルトしときゃよかった」では、遅いのです。

 飲酒運転は、これだけ社会問題となっていて、厳罰化も進んでいるのに、未だに無くならないのはどういうわけなんでしょうか?『飲酒運転の根絶』とありますが、ただ取り締まるだけでは根絶は無理なような気がします。運転手の呼気からアルコールを検知したり、眼球の動きを測定して、体が正常かどうか判断する装置が、早く開発されて、全車両に付く日が来てほしいと思います。

 自転車通行可の歩道を走る時に、自転車は歩行者をどかそうとベルを鳴らしたりしますが、これは誤りだそうです。歩行者が優先で、すれ違いや追い抜きたい時は、面倒でも自転車から降りなければならないとのことです。そうは言っても、現実には、私も乗ったままで済ませてしまいますが、少なくともベルを鳴らさなければならないほど、危険ならば、その時は一旦自転車から降りるか、危なくないことを確認して、車道に出るべきだと思います。基本的に、『自転車は、車両』です。

 その他、狭い路地の信号の無い交差点での、一時停止無視が、とても多いような気がします。私は、交差側に『止まれ』表示のある場合でも、「もしかしたら、無視して来るかも。」と思って、限りなく一時停止に近い速度(最徐行)で、交差点に進入するようにしています。いつも125ccのスクーターで移動しているので、もしも事故になったら、いくら相手が悪くても、ケガをして、痛い思いをするのは自分です。ですから『防衛運転』を、常に心掛けるようにしています。

 実際に、相手が止まらず、そのままスーッと一時停止無視して、交差点を通過し、ヒヤッとすることがとても多いです。前に一度、それで注意をしたら、こちらをにらみつけながら、頭も下げず、はき捨てるように、「どうもすみませんねっ!」と言われました。こういうのを、逆ギレっていうんでしょうね。きっと、この人は、また同じようなことをし、運が悪ければ、取り返しのつかない事故を起こすでしょう。早く、自業自得という言葉に意味に、気づいてくれればいいのですが。

 取り締まりが厳しいからという理由で、交通ルールを守るのではなく、自分の安全の為に、交通ルールを守ってください。

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

夢から目標へ『シフトチェンジ』

全米テニス:錦織、悔しい準優勝…チリッチに完敗(毎日新聞 2014年09月09日)

 テニスの4大大会最終戦、全米オープン最終日は8日(日本時間9日)、当地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターのセンターコートで男子シングルスの決勝が行われ、錦織圭(24)=日清食品=はグランドスラム初優勝の悲願はならなかった。

 男女を通じて4大大会のシングルスで日本勢初の決勝に進み、世界ランキングを自己最高の8位に伸ばした錦織だったが、世界ランキング12位のマリン・チリッチ(25)=クロアチア=が198センチの長身から繰り出す力強いサーブとストロークに押され、3−6、3−6、3−6でストレート負けした。4大大会の準優勝はアジア勢としては初めて。

 右足親指の故障から復帰した錦織は今大会で、18歳で初出場した2008年以来、6年ぶりにベスト16に進出。準々決勝では世界ランキング4位のスタニスラス・ワウリンカ(29)=スイス=に4時間15分のフルセットで競り勝ち、1918年の熊谷一弥以来の4強入り。準決勝では世界ランキング1位で過去に4大大会を7度制したノバク・ジョコビッチ(27)=セルビア=を降す快進撃を見せた。惜しくも、あと一歩及ばなかったが、世界の頂点が近いことを実感させた。

 

 ◇「でも次がある」…錦織圭

 厳しい敗戦だったが、初めて決勝に来ることができた。チャンスだったので(4大大会優勝を)逃したのは悔しい。でも次がある。また優勝を目指してやりたい。楽しい2週間だった。

 

~:~:~

 

 プロテニスプレーヤーの錦織圭選手の快挙に日本中が沸きましたね。昨日は、スポーツ紙のみならず、一般紙までもが、錦織選手が、全米オープン準決勝で、世界ランク1位のジョコビッチ選手を破って、日本勢初のテニス四大大会決勝を決めたニュースを1面で報じていましたね。

 私は、WOWOWに入っていないので、ほとんど結果しか知らなかったのですが、このニュースを聞いた時は、本当に驚きました。そして、本日行われた決勝。相手のチリッチ選手の調子もかなり良かったのか、勝つことはできませんでしたが、TVやネットのニュースでは、錦織選手の大健闘をを讃えておりました。準優勝、本当におめでとうございます。

 同じ日本人が、世界の舞台で堂々と渡り歩く姿は、本当に誇らしく、励みになります。今月末から行われる楽天オープンにも、錦織選手は出場予定ですので、今年はどうやらプラチナチケットになりそうですね。

 日本人、男子の選手が、テニスの四大大会で活躍する話は、漫画や小説の中でしか見られませんでした。記憶に残るのは、松岡修造さんの1995年ウィンブルドンベスト8進出の快挙ですね。後は、錦織選手が出てくるまでは、他の日本人トッププロの方には申しわけないのですが、『夢』や『架空のお話』レベルでした。

 それが今や、『夢』どころではなく、しっかりとした『目標』となり、優勝さえも実現可能なところまで来ています。錦織選手なら、近い将来にかならず、四大大会優勝を現実のものとしてくれるでしょう。そう考えると本当にワクワクしますね。

 そしてそれを観た若い男子・女子テニスプレーヤーも、「自分にも出来るかもしれない」という、夢から目標への『シフトチェンジ』が行われてくることを期待します。もっと言えば、他のスポーツでも、もしかしたらスポーツの枠を超えて、様々な分野にも、この『シフトチェンジ』が波及してくれるのではないかと感じています。

 夢は見てるだけは、叶わない。しかしまず、夢を思い描かなきゃ、何も始まりません。何でもいいです。大きな夢を抱きましょう!そしてもしその思い描く夢を、本当に叶えたいと思うならば、自分の脚で階段をひとつひとつ昇るように、まず実行できる目標を設定し、それをクリアする努力を続けるしかありません。それを怠らなければ、夢は、いつかきっと夢でなくなり、明確な目標なり、現実のもとなります。

 錦織選手は、今回それを証明してくれたのではないでしょうか。

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

竜巻から1年ですね。

 昨年9月2日(月)に、越谷~松伏~野田を襲ったあの竜巻から1年が経ちましたね。今日は始業式、2学期の始まりです。娘たちは元気に学校へ行きましたが、まさか昨年は、その後であんな災害に見舞われるとは思いもよりませんでした。

 上の娘は、あの屋根の吹き飛んだ体育館にこそいませんでしたが、中学校が被災。竜巻が来た瞬間も、校内にいました。体育館で部活動をしていたお友達が何人もケガをしました。夕方、迎えに行くと、正門側の電柱は、すべてなぎ倒されており、裏口から入りました。下の娘は、数人のお友達路と近くの公園で遊んでおり、竜巻を目撃。たまたま外を見ていたご近所の方の親切で、家の中に避難させてもらっておりました。

 整体院も、寸でところで直撃は避け、屋根も壁も無事でしたが、看板だけは被害に遭いました。前の道路では、飛んできたがれきがフロントガラスやサイドガラスに直撃したクルマが止まっていたり、とにかく周辺に散乱したがれきの撤去や砂埃の掃除が大変でした。ちょっと先の家も全壊していたり、この被害で死者が出ていないのは奇跡でした。

 さすがに最近では、建て直したり、修繕したりして、家並みも元に戻った印象がありますが、よく見ると、家が取り壊された後、更地のままのところもあったりして、被害の爪跡を感じることもあります。

 自分もこの整体院から、直接竜巻を見ていますし、あの猛烈な風も感じています。とくにその時の恐ろしさがトラウマになってはいませんが、きっと毎年9月になると、あの竜巻を思い出すんだろうなと思います。「天災は、忘れたころにやって来る」と言いますが、それならば、へりくつをこねれば、「毎年忘れなければ、天災は来ない」となるので、私は、絶対に忘れません!というよりも、本当に忘れられないくらい凄かったです。

 今年は、広島で大規模な土砂災害が発生し、多数の死者も出ています。災害に対する備えと、もし災害の被害に遭った時の対処のしかたを、家族で、もう一度話し合っておいたほうがいいですね。また、地域で防災訓練があるところなどは、時間が取れる方は積極的に参加したほうがいいでしょう。

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

ページ上部へ