ホーム>整体師のミカタ>2014年11月

2014年11月

高校野球のタイブレーク制導入、まずは賛成です

高校野球:タイブレーク制度義務づけ 来春の地区大会のみ(毎日新聞 2014年11月28日)

 ◇高野連、理事会で決定 選手の負担軽減が目的に

 日本高校野球連盟は27日、大阪市内で理事会を開き、来春の全9地区大会(都道府県大会やブロック予選などは除く)でタイブレーク制度を義務づけることを決めた。選手の負担軽減が目的。

 タイブレークは、試合が一定回数で決着しない場合に延長戦で走者を置いた状態から始める制度。具体的な方法については今後、協議し、来年1月に決める予定。

 日本高野連は来年春の都道府県大会と地区大会の両方で、一斉にタイブレークを義務づけることを目指したが、地区連盟から反対意見が出されたため、修正を迫られていた。

 一方、軟式については、来夏の全国高校軟式選手権大会から「タイブレーク制度」を導入する案が出ているが、4日の日本高野連の軟式部委員会で継続審議とすることが決まっている。

 また日本高校野球連盟の奥島孝康会長(75)が27日、来年8〜9月に日本で初開催されるU18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)後に退任する意向を明らかにした。

~:~:~

 高野連が、来春からの地区大会にタイブレーク制度を義務付ける決定をしたというニュースを見ました。賛否両論ありますが、私はタイブレーク制の導入に賛成の立場です。賛成の理由は、高校生のケガの予防です。

 もちろん、詰まり過ぎた大会日程が問題であるならば、それを緩和しましょうという話しにもなるのですが、延長15回引き分け再試合(以前は延長18回)というのはできるだけ避けてほしいと思うからです。今年は、軟式高校野球で延長50回という試合が選手にあまりに酷ではないかと物議をかもしましたね。想定外の事態に規定が追いついてない実情があらわになりました。

 タイブレーク制について、現役の野球部員に聞くと、意外にも大半が反対という報道でした。むりやり決着を迫られるのでなく、自分達の力で最後までやりたいということなのでしょう。きっと選手達は、そこまでの思い入れがあるのでしょうね。この気持ちは汲んであげたいと思います。しかしそれでもなお、大人・第三者は、冷静に、ケガや故障のリスクを最小限、限りなくゼロに抑える努力をしなくてはならないと思います。

 選手に聞けば、「ケガを恐れて出し惜しみするくらいなら、最後まで全力でやりきりたい」と応えるでしょう。 少し話しは違いますが、フィギュアスケートの羽生選手も、私は、運営側は強行出場を認めるべきではなかったと思います。「本人が出たいから出した」というのは、管理責任の放棄です。ケガの程度により出場可否を決めるマニュアル等を早急に作成すべきでしょう。『安全は、何よりも優先する』のです。

 また、最近私の整体院のところに、小学高学年~中学生の患者さんが目立って来るようになりました。膝や股関節を痛めてです。オーバーワーク(練習のし過ぎ)によるオーバーユース(特定箇所の使い過ぎ)が原因ですね。本人は、とことんまで頑張りたい、指導者も上達を願って、練習メニューをどんどん組む。それが好循環になっていたらいいのですが、鍛えているつもりが酷使されている状態なら、まずいです。本人も気づかないうちに、悪循環に陥ってしまいます。

 それは、本人がやりたいからやらせる、できるといっているから大丈夫と、本人任せにするのではなく、それを周りで冷静に見つめる目が必要なのだと思います。

 高校野球のタイブレークの詳細は分かりませんが、それが選手のケガや故障につながるのであれば、甲子園でもぜひ導入してもらいたいと思います。

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

馬頭琴・ホーミー×ハンマーダルシマー×バウロン=∞

~:~:~

 先週、念願のkarman(カルマン)のライブに行って来ました!

 と、その前に、『karman』の説明をしないといけません。karmanとは、 岡林立哉さん(馬頭琴/ホーミー)、 小松崎健さん(ハンマー・ダルシマー)、 トシバウロンさん(バウロン)の3人からなるユニットで、どこの国にも属さない感じの無国籍な、それでいて共感のできる、ここでしか聴けないオンリーワンの音楽を奏でています。まずは、紹介がてら、ほんのちょこっと、ライブの様子をYoutubeにアップさせてもらったんで、聴いてみてください。⇒https://www.youtube.com/watch?v=a14DvHwwOQ0

 じつは、馬頭琴/ホーミー演者の岡林君は、大学の後輩にあたり、ソロで活躍している頃からファンなのです。そして今回、なんと越谷でライブをやってくれるというので、家族4人で聴きに行きました。

 岡林君の馬頭琴の心揺さ振られるあの弦の音と、あそこまで完璧に、音階を奏でられるのは、日本にどれだけいるのだろうかと思うくらい素晴らしいホーミーの音色は、前から知っていたのですが、それに負けないくらい感動を与えてくれたのが、ハンマー・ダルシマーとバウロンでした。この3つ(ホーミー含めると4つ)が、ひとつになった時の生の音を、こんなにも間近で感じることが出来たのは、本当に幸運です。贅沢なひと時を過ごすことができました。

 ハンマー・ダルシマーは、弦を専用のスティックで叩くのですが、音色が幻想的というか、爽やかというか、安らぎ感があるというか、これも実際に聴かないと分かりませんね。ハープのような、ピアノのような、でもまったくの別の音。とても不思議です。整体院のBGMにピッタリですね。

 バウロンは、この楽器も初めて見たのですが、とても心地よい音が出ます。しかもなんと、音の高さを自在に変えることができるのです。面白いですね。強弱高低を自在に操るトシバウロンさんの腕使い・指使いはいったいどうなっているんでしょうか?迫力がありながらも軽快で、自然とそのノリに引き込まれてきます。

 私の娘たちも、初めて見る楽器、初めて聴く音色に、興味津々でした。娘の音楽観にも少なからず影響を与えたようです。家族で聴きに行って本当によかったです。都内くらいなら出られるので、関東ライブの際は、また聴きに行きたいと思います。

 ライブで演奏していた、ポルカセットも収録されています。もちろん、ライブが一番いいのですが、★karman(カルマン) CD『流離う音楽』★もおすすめです。

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

ケガをしやすい状況とは?

 スポーツに限らず、仕事中や日常生活でも、生きていれば、多少のケガはしますよね。私も、5歳の時に、事故で左腕を骨折したり、左小指に多少後遺症の残るケガをしたりしています。もちろん子供の頃は、ズボンに穴をあけるくらい膝を擦りむくケガをしたり、頭にタンコブを作ったりして、親に心配をかけることもしょっちゅうでした。そういえば、少し前に、ウチの下の娘も、階段から前のめりに落ちて、両膝と左手、アゴなどを打撲してました。

 このように、一切のケガを恐れていたら、日常生活すらおくれないのですが、かと言って、ケガがいつも不運のせいとは限りません。と言うか、ケガが起こり得る状況で、ケガをせずに済んでいるほうが、むしろ幸運なのではないでしょうか。私は、今までの自分の生活や、見聞きしたことから、ケガをしやすい状況があるのではないかと考えています。

 「『ケガをしやすい状況』?今さら何を言っているんだ。そんなのみんなとっくに気づいているよ。」と言われそうですが、この『状況』が指し示すもの、それは周囲のことではなく、自分にあるというものです。つまり、ケガをしやすくしているか、しにくくしているかは、自分が決めているという考えです。

 では、ケガをしやすい状況の自分とは?ズバリ、今していることに、集中しきれていない時の自分です。ふざけていたり、いいかげんにしている時、油断している時に限って、事故って起きませんか?また、いいかげんな気持ちでなくても、考え事をしていたり、不安が頭を大きくよぎっている時なども、同じです。集中していない時は、不測の事態への対応がとても難しいのです。

 逆に、集中しきっている時は、危険を察知した瞬間に、おそらく頭で考えるより先に、身体が反応して、かわしたり身を護ったりします。もともと集中している時の動きは、いちいちあーしようとか、こーしようとか頭で考えていないからです。それでいて、自分の思ったとおりに身体を動かすことのできる状況なのです。

 もちろん、人は24時間集中しっ放しで生活することはできません。ですから、あまり集中しない状況下でも、安全に過ごすことのできる環境が必要です。それが、ルールだったり、マナーだったり、するんですね。また階段に手摺りがあったり、できるだけ段差をなくすなどの、ユニバーサルデザインも、多少気をつける程度で済むための工夫です。

 ケガといえば、フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦・中国杯で、羽生選手が他の選手と接触し、大ケガをしましたね。もちろん、試合直前、羽生選手も、ぶつかったエン・カン選手も、集中はしていたでしょう。しかし、集中の中身が、自分の演技内容の確認であったり、リンクの状態の把握だったりに行ってしまったため、『自分の滑りをしながらも、自然に周りの状況を察知する』ような集中力を発揮する状況ではなかったのではないでしょうか。こうなると、責任の所在は選手よりも、その場を提供した主催者側になります。

 私は、安全を選手まかせにしてきた主催者側に大きな責任があると感じています。もし事故を誘発するような環境を放置してきたのであれば、主催者は、これを機に、早急に対策を講じて、事故の防止に努めなくてはなりません。また、事故が起こった際の、救助のマニュアルも必要でしょう。

 以前より、私は『安全は、すべてにおいて優先する』と言い続けておりました。そして、ケガのしやすい状況・しにくい状況を把握しておけば、『安全は、自分で作ることができる』と申し上げたいと思います。

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

ページ上部へ