ホーム>整体師のミカタ>2015年3月

2015年3月

『流星ワゴン』に亡き父想う。

 ドラマは、だいたい週に1~2本観ているのですが、今期は『流星ワゴン』と『ウロボロス』を観ています。両方とも次回が最終回。どういう結末になるのか楽しみですね。 重松清作品でドラマ化された物としては、『とんび』がありますが、こちらも父子ものでしたね。しかし実はほとんど観ていませんでした。今回の『流星ワゴン』は、たまたま見たら、香川照之扮する『忠さん』のわけわかんない魅力に圧倒されてしまって、そのまま毎週観るようになりました。

 設定としても、私達昭和40年代世代の息子と、戦前から戦中生まれ世代の父なので、いわゆる『父子あるある』が随所に見られ、西島秀俊扮する永田一雄に共感しながら観てました。もちろんいろんな父親像があると思いますが、やはり自分の父親世代では、程度の差はあれ、忠さんみたいな人は多かったんじゃないかと思います。

 私の父も、さすがにあそこまでではないですが、『忠さんキャラ』だったように思います。子供の自分から見た父親は、大きくて、強くて、怖くて、わがままで、たまに優しくて、山のような壁のような存在でした。何をしても、何を言っても、「かなわないなぁ~」という感じでした。というよりも、意見なんて出来ませんでしたね。今で言う『トモダチ親子』なんてとんでもない、けっして横には並び立ってはいけない存在でした。親子の明確な一線というものがありましたね。優しくされてうれしくても、図に乗っちゃいけないという感覚でいました。

 叱られる時は、何よりも怖くて、ゲンコツを喰らうこともありました。今ではほとんど効果ないのかもしれませんが、悪さをして反省がない時、お母さんの「もう、お父さんに言うよ!」は、本気でマズいと思いました。亭主関白という言葉を知った時は、我が家はまさにそうだと思いました。子供ながらに、父の亭主関白ぶりに振り回される母を見て、かわいそうと思う時もありました。

 しかし、父が亡くなった後は、母からは父への感謝の言葉しか聞かなかったのです。私は、いくら何でも思い出美化し過ぎだろと思っていたのですが、私が間違っていました。このドラマで、永田澄江が息子の一雄に、「私は、不幸だなんて思ったこと1度もない。」と言い切るシーンを観て、本当にそうなんだなと思い直しました。夫婦の絆ってすごいなって思いました。

 やはり忠さんは、一見わがまま放題に見えるけど、根っこの部分で、しっかりと家族のことを考えてくれている。妻もそれを分かっている。お互いがお互いを必要としている実感がある。だからこの夫婦関係が成り立っているんだと思います。と同時に、自分は妻とそこまでのつながりを持てているんだろうか?と少し不安になってしまいました(笑)

 父親と同じことをして、比べたいというわけじゃないけれど、子供の頃に「かなわないなぁ~」と感じた感覚は、大人になった今でも変わらないんだなと思いました。きっと最期まで無理だとは思いますが、『オヤジ越え』は、自分が死ぬ間際まで取っておきます。まずは、お彼岸、父の墓前に手を合わせに行って来ます。

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

冬の身体から春の身体へ

 節分、桃の節句を過ぎ、いよいよ春ですね。陽もずいぶん長くなってきました。

 そして、少し前から、自分の身体にもある変化を感じてきました。タイトルにもありますように、冬の身体から、春の身体になってきたようなのです。

  人間の身体は、季節に応じて少しずつ変化しています。例えば、冬から春になる外気温20℃は、とても暖かく感じますが、残暑を過ぎて秋になった外気温20℃は、風も冷たく感じますよね。このように気温に対する感じ方も違うのです。

 それでは私は、どうして自分の身体が、冬の身体から春の身体に変わったと感じたのか?それはひとつは、その時軽い風邪を引いたからです。私は、ほぼ毎年、2月の終わり頃になると決まって軽い風邪を引きます。熱は出ません。鼻水が少し気になり、喉が痛く、痰がからみます。これが2~3日続き、気がつくと治ってます。実は整体では、軽い風邪は引いたほうが健康に良いとされています。

 風邪を引くことで、身体は、たまっている毒素を体外に押し出すのです。これを『瀉(しゃ)』と言います。人間は、瀉と補を繰り返しながら生きています。つまり代謝ですね。瀉が滞っては、新しい物を補うことはできません。冬はどうしても、代謝が悪くなります。つまり滞りやすいんですね。冬にダイエットをしてもなかなか上手くいきません。もともと溜め込みやすい時期なのです。

 ちなみに、風邪で熱が出るのは、それで体内の免疫力を上げて、菌やウイルスなどをやっつけてしまおうという身体の浄化作用のひとつです。おそらく私は、免疫力は高いので、風邪を引いても熱を出す必要がないのでしょう。

 また、もうひとつ面白いことがありました。それは睡眠の仕方の変化です。実は、この秋から、『睡眠記録アプリ ぐっすり~ニャ』というものを使っています。ちなみに私は、iPod touchでやっています。睡眠中の様子がグラフで分かるのですが、12月や1月と、最近ではグラフが違うのです。

 例えば1月9日のグラフでは、ほとんど動きがありません。寝返りしない眠り方をしていたのか、まるで死んだように眠っていますね(笑)。それが2月23日では1時間置きに大きく寝返りを打っています。私の場合は、どうやらよく言われる90分サイクルではないようですね。もちろん日のよってグラフの形はさまざまですが、身体はもう春に備えて動きたがっているんですね。しかしそれで眠りが浅いとか、疲れが取れないとかではないので、問題はないと思います。

 これからは、運動に適した季節となります。ただしその前に、身体を春の身体にしっかりと戻して、動きやすくしてからが賢明ですね。ちなみに、肩甲骨や骨盤の状態にも変化があります。季節の変わり目に身体の歪みが起因の体調不良のが多いのは、このためなんですね。そんな時は上手に整体を利用しましょう!(最後は宣伝)

 

~:~:~

20153618331.jpg  201536183340.jpg

 =========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

ページ上部へ