ホーム>整体師のミカタ>2015年5月

2015年5月

危険回避の芯

部活事故:中1女子、柔道で頭打ち死亡 福岡市教委発表 ( 毎日新聞 2015年05月29日)

 福岡市教委は28日、博多区の市立中学校で柔道部の練習中、技をかけられた1年の女子生徒(13)が頭を打って意識不明となり、その後死亡したと発表した。女子生徒は4月に入部したばかりの初心者だった。市教委は近く専門家らで作る第三者委員会を設置し、原因究明と再発防止に取り組む。

 市教委によると、今月22日午後6時45分ごろ、女子生徒は校内の武道場で先輩の女子生徒と2人1組で練習中、大外刈りの技をかけられて転倒し、後頭部と首を打ち意識不明になった。すぐに救急搬送されたが、意識が戻らないまま27日午前に死亡した。脳内に出血があったという。

 練習時、いずれも有段者の顧問教諭とボランティア指導員2人の計3人が男女計14人の生徒を指導していた。毎日朝の練習で各生徒の体調を確認しているが、女子生徒から体調不良の訴えはなかったという。

 市教委は「指導方法に問題はなかった」とした上で「学校管理下で生徒の死亡事故を引き起こしてしまい大変申し訳ない」と謝罪した。

~:~:~

 また柔道で、部活中の不幸な事故が起きました。福岡市立の中学校で、柔道部の部活中に、中学1年の女子部員が、2年の女子部員に大外刈りを掛けられて、後頭部を強打し亡くなってしまったのです。本人と、親御さんの無念さを思うと、本当にいたたまれなくなります。また技を掛けた女の子のショックも大きいことでしょう。2012年からは柔道の死亡事故は無くなり、中学の武道必修化に向けての、柔道の安全指導の成果が実を結んできたと思われてきた中での事故だけに、徹底した原因究明が求められます。

 事故の内容も、『大外刈りで後頭部強打』という、今までも事故例の多い典型的な事故だけに、どうして防げなかったのだろうと不思議でなりません。『市教委は「指導方法に問題はなかった」』と言っているそうですが、問題がないならなぜ、事故は起きたのでしょうか?本当に問題がないなら、これは『たまには死亡事故が起きること前提の練習内容』ということなのでしょうか?理解に苦しみます。

 この指導方法には必ず問題があるはずです。死亡事故をゼロにするやり方は必ずあるはずです。それを見つけようとしないまま続けるのであれば、次の犠牲者はきっと出てしまうでしょう。

 大外刈りで投げられた時は、受身の取り方として、左手で畳を叩きながら、左半身を下側にして倒れます。後頭部を打ったということは、真後ろに倒れてしまった可能性もあります。またその際、瞬間的に投げられまいとして足を踏ん張ってしまい、のけ反ってしまったのかもしれません。初心者ということですので、後ろに投げられるのが怖くて、左手を相手の右袖から離せず、掴んだままで受身に使えなかったことも考えられます。柔道に関してド素人の私でさえこのくらいすぐに思いつくくらいですから、実際には初心者にとってはかなり危険と隣り合わせと言えるでしょう。

 部活中には、顧問の先生のほかに、ボランティアで2人の男性もいっしょに指導にあたっていたとのこと。一見、十分なように見えますが、私はここに落とし穴があったように思います。ボランティアの男性は想像するに柔道の有段者、いわゆる『柔道の先生』でしょう。先生は、「だいだいこのくらいの受身の練習期間を経れば、投げ技に入っても大丈夫」という感覚を持っていたと思います。しかしその感覚に頼るのはとても危ういのです。

 今の子たちは、外で相撲を取り合ったり、取っ組み合いのプロレスごっこをしたりという原体験、投げ技系の遊びをすることは、とくに女の子はほとんどないと思います。ちなみにウチの娘も、一度もしたことがありません。原体験としてもしやっていれば、自然と受身に近い動きが出るでしょう。力の弱い小さい者同士で、ケガの可能性が低いうちにこういう経験をするのは、昔は当たり前でした。ですから投げるほうも、この方向に投げたら危ないなとか、力はここで加減しないとマズイなとか、直感が働くのです。自分らが子どもの頃は、遊びの中で、そういう『危険回避の芯』みたいなものを知らず知らず育てていたのです。

 指導者がその感覚のまま、今の子たちに指導すると、持っているはずの『危険回避の芯』がないので、思わぬケガにつながります。転んでも、手をつけずににそのまま顔面を打ったり、手のつき方がヘタで骨折したり、肘を脱臼したりしてしまう子どもがいるくらいです。ですから、「入部してもう1ヵ月以上経つのだから、投げ技の受身も普通に取れるだろう」と安易に考えてはいけないのです。

 中学生、高校生の時期は、勉強も運動もどんどん吸収していきます。体格も体力もどんどん成人に近づいていきます。部活も熱心に取り組めば、中学の3年間でビックリするほど技量が向上します。しかしできることが多くなれば、その分危険度も増すのです。そこを踏まえた上で、教える側、教わる側は、いろいろなことに臨むべきだと思います。その際、『危険回避の芯』をどの程度持っているかも、ぜひ考慮してほしいですね。

 亡くなられた生徒のご冥福と、このような悲しい事故が二度と起きないことをお祈りいたします。

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

過失以上故意未満は、危険運転の扱いとすべき

事故:登校の列に乗用車…児童ら6人重軽傷 大阪・豊中 (毎日新聞 2015年05月20日)

 20日午前7時50分ごろ、大阪府豊中市柴原町5の市道で、登校中の小学生の列に乗用車が突っ込み、近くの市立桜井谷小学校に通う男児5人が負傷した。1年の男児(7)が車の下敷きになって意識不明の重体。6年で11歳の男児2人が腰の骨折などで重傷、2年で7歳の男児2人が軽傷という。近くにいた女性(40)も軽傷を負った。

 大阪府警豊中署は車を運転していた会社員の中村恵美容疑者(50)=豊中市宮山町2=を自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで現行犯逮捕した。「娘を送った帰りだった。なぜ事故を起こしたのかよく思い出せない」と供述しているという。

 豊中署によると、現場は車道と歩道が区切られていない片側1車線の直線道路(幅約7.6メートル)。男児らは現場そばの小学校に西から東に向かって対向車線脇を歩いていた。

 車は児童の列に後ろから突っ込んだとみられ、男児2人が下敷きになった。事故を起こした車の前方には信号機がない四差路を右折しようとしていた車が止まっていたといい、中村容疑者がこの車を追い抜こうとして対向車線にはみ出した可能性があるとみて調べている。

 車は速度制限(時速30キロ)の道路標識などをなぎ倒し、四差路の歩道を囲む鉄製ポールにぶつかり停止した。中村容疑者は1人で運転していた。

 毎日新聞の取材に応じた中村容疑者の母親(75)によると、中村容疑者は通学する中学1年の長女(12)を最寄りのバス停に送り届けた後だったという。母親は「娘から『子供をはねる大変な事故を起こしてしまった』と動揺した様子で電話があった。子供たちに申し訳ない」と話した。  現場は大阪モノレール・柴原駅から北東約600メートルの住宅街。

~:~:~

 春の交通安全運動期間、最終日となる20日に、豊中市で、またも乗用車が登校中の児童の列に突っ込むという、悲惨な事故が起きました。5人が負傷し、うち1人は意識不明の重体だそうです。なんとか助かってほしいですね。私も小学生と中学生の娘を持つ身。どうしても他人事とは思えません。こういった事故をゼロにすることはできないのでしょうか?

 事故の様子を報道や新聞で読むにつれて、唖然としました。事故を起こした乗用車の運転手は、右折の為に一時停止していたクルマをなんと、『右側から』追い抜こうとしてアクセルを踏み、そのまま道路右端まで突っ込み、背後から児童らを轢き、または跳ねたというのです。もし、そこに児童がなくても、このクルマは、右側通行というとても恐ろしい違反をしており、前から対向車が来れば、正面衝突は免れません。それに対向車が来なくても、前のクルマが右折を始めるタイミングで右から追い抜きをかければ、これも後ろからの追突になります。いったいなんでこんな危険行為に及んだのでしょうか。

 私はこういう行為も、危険運転罪の適用範囲に含めるべきだと思います。たとえ事故を起こそう、後ろから児童を跳ね飛ばそうという意図はなかったとしても、これは単なる過失ではありません。交差点内を右側通行で進入するという危険極まりない行為の末の事故です。交通違反に関しては故意です。もし故意に交差点内での追い抜きなんてバカな真似をしなければ、こんな痛ましい事故はおきませんでした。この際、過失以上故意(殺意)未満による行為の事故は、危険運転という扱いにすべきだと思います。

 右側通行のほか、制限速度30km/hのような生活道路を60km/h以上で走行したり、酒酔い運転や薬物運転などで人身事故を起こした場合も危険運転罪でいいと思います。これらは、違反行為・危険行為を故意に行なっているからです。その上での事故なら、未必の故意をにんていされても致し方ないでしょう。そうでもしないと、今回のような事故をゼロにしていくことなんて出来ません。

 こんな偉そうなことを言って、実は私、先日、制限速度40km/hの58km/hで走行し、18km/hオーバーで1点の減点と反則金12,000円を科せられてしまいました。片側1車線ですが、空いていて、ついアクセルを踏み込み過ぎてしまいました。誘導された先には、すでに違反車両が何台も止まっていました。自分自身では周囲に気を配って安全に走行しているつもりだったのですが、交通ルールに違反している事実には変わりません。速度超過による事故を起こす前に、戒めとして捕まってよかったと解釈するしかありませんね。

 このように、ささいな違反ならいいだろうと高を括っていると、感覚がマヒしてしまい、いつしか重大事故を起こしかねない危険な運転をも、自分では安全だと身勝手に考えてしまうかもしれません。重大事故をおこせば、被害者のみならず、その家族、自分自身のみならず、自分の家族も不幸に巻き込みます。もしそれが自分の交通違反が事故の引き金だったら、それこそ悔やんでも悔やみ切れません。

 こういった事故を他山の石として、安全運転に努めたいと思います。

  

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

目的によって教え方は変わる

 私の整体院には、実にいろんな患者さんがお見えになるのですが、スポーツ好きの患者さんがメンテナンスに利用されることも多くて、先日はテニスを楽しまれている中年女性の患者さんが来院されました。

 普段はどのような身体の使い方をしているのか、身体のどこに負担が来ているのかなどを知るため、患者さんには、お仕事の内容や趣味、生活習慣などをお伺いしています。この日も、大半がテニス中心の話しでした。その中で、この方が興味深い話しをしてくださいました。

 この方は平日に、複数名が一度に受ける、いわゆる通常レッスンのみを受けているのですが、同じコーチでも、通常レッスンと、マンツーマンで教えるプライベートレッスンでは、教え方が全然違うと言うのです。たしかに当たり前と言えば当たり前なのですが、最近は自分も(まだまだ未熟者ですが)空手を教える側に回ることが多いので、こういう意見は貴重だなと思って、聞いていました。

 どういうことかと言うと、通常レッスンでは、コーチはとにかく優しいらしいです。ちょっとしたところでもほめてくれるし、レッスンが終わった後も、「足痛くないですか?ケガないですか?」と気遣ってくれるとのこと。それに対して、この前見かけたプライベートレッスンでは、レッスンを受けている人が、ランク戦や、大会で勝ち上がりたいのでしょうか、コーチは、結構、檄を飛ばしていたらしいのです。その対応の違いに驚きというか戸惑いを感じているようでした。

 これはいったいどういうことなのかを、患者さんは私に見解を求めて来ました。私は、「通常レッスンは、テニスを楽しんでもらうのが目的で、プライベートレッスンは、試合で勝つのが目的なんじゃないんですか?」と答えました。テニスを楽しみに来ている人にも上達はしてもらうのですが、それは楽しみの延長上にあるものです。ある程度ラリーがつながったり、サービスの精度が上がったり、ボレーが決まるようになれば、テニスはますます面白くなるでしょう。でも、それは勝ちに行くテニスではありません。だから『ほめベース』でいいのだと思います。

 一方、勝つための技術を習得しに来ている人は、自分がどうしたらより上達できるのかそれを最優先に考えます。未熟な点をどんどん指摘してもらって、改善していけるなら、厳しい言葉はかけてもらえるほうがありがたいです。つまらないほめ言葉など要りません。つまり『厳しめベース』です。こういう時は、本当にコーチが認めてくれた時にだけ、少しほめてくれたら、満足です。

 私の説明を聞いて、この患者さんは納得した様子でした。テニスをすること自体を楽しむのか、試合で真剣勝負をすること、そしてその試合に勝つことを楽しむのか、その目的によって、教え方は当然変わります。もちろん勝ちに行くテニスの厳しい練習メニューも、それを本人が楽しめなければ、続かないでしょう。また厳しいだけで本人に上達の手応えがなければ、コーチへの信頼も揺らぐでしょう。

 おそらくこのテニスコーチはとても優秀なのだと思います。きちんとその目的によって、教え方を使い分け、レッスンを受ける人の求めているものを与えることが出来ています。私も、この話しを聞いてとても参考になりました。我が子につい厳しくあたってしまうのも、娘に、人生に勝ってほしいと思っているからなのかなぁとも思いました。

 もともと人生に勝ち負けなんてありませんが・・・

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

『認めて、ほめて、励まして』でも、我が子には・・・

 最近の子育て本・教育本は、“ほめて育てる系”が主流ですね。私も、自己啓発本や、子育て本をよく読むのですが、共通するキーワードは、『自信』だと思います。「もっと自分に自信を持つには・・・」、「自信を持たせるにはどうしたら・・・」という感じでしょうか。ある本には、子どもに自信を持たせるには、

1.行動やがんばり、あるいは存在そのものを、まず『認めて』あげること

2.出来ていないところはさて置いて、出来ている部分を『ほめて』あげること

3.不安や迷いがある時には、大丈夫だと『励まして』あげること

この3つが大切だと書いてありました。

 認めて、ほめて、励まして。空手のほうでは最近、指導の際にかなり意識しているのですが、実は、肝腎な我が子の前では、なかなかできていないのが現状です。こんなことで、立派な大人になれるだろうかと、心配のほうが先立ち、つい出来ていない部分への指摘や小言が出てきてしまいます。きっと我が子は我が子なりにがんばっているはずなのに、それをそのまま認めてしまうと、こんなもんでいいのかと努力しなくなってしまう気がして、ほめてあげることが出来ません。

 先程、子育て本を読んでいると言っておきながら、やってることがまるで違いますね。自分でもおかしいと思っています。それはきっと、私が親バカなんだからだと思います。我が子を客観的に見れずに、主観的に見てしまうのです。

 空手の場合は、子ども達はみんな大切でかわいいですが、それでも指導に際しては、客観性を持って、全体と個々を見ながら接することが出来ます。声が出ているとか、四股立ちが深いとか、突きや蹴りが力強いとか、それこそ、気をつけの姿勢がカッコイイとか、いろいろほめます。もちろん集中力が続かない子には注意もしますが、その後出来ていたら、ほめるようにしています。これらはきっと、客観視が出来ているからこそ、出来るのだと思います。

 きっと我が子にも、認められる部分、ほめられる部分は、たくさんあるのでしょう。ご近所さんや、患者さんからも、「娘さん、姿勢も良いし、受け答えも挨拶もきちんとして、しっかりしていますね。」と、ほめられることがあります。半分はお世辞でしょうが、私は、その残りの半分も、その言葉どおりに受け止めることが出来ずに苦笑いしてしまいます。客観視出来ていない証拠です。

 昨年の、ある空手の大会でのこと、組手試合の決勝戦、ある低学年選手のお母さんが必死に応援していたのですが、結果、負けてしまいました。そうすると、途端に烈火のごとく、自分の子どもを怒り始めたのです。叩きこそはしませんでしたが、選手は、試合に負けて悔しいのか、お母さんに怒られて悲しいのか、その両方なのか泣き出してしまいました。冷静に考えたら、準優勝です。立派じゃないですか。客観的に見たら。子どもは、十分ほめられることをしたと思うのですが、主観的には、優勝を逃した悔しさが上回ってしまったのですね。

 このお母さんのしたことは、子育て的には間違っていると思うのですが、きっとそれ程、我が子への期待が大きかったとも言えます。優勝出来る実力・能力が我が子にはあると信じていたんだと思います。もし、期待しているからこそ、キツく当たったのだとしたら、怒鳴り声でなく、もう少し別の、声の掛け方があったと思います。このお母さんも、冷静さを取り戻し、自分の言動を客観視出来たら、お子さんに謝って、素直に準優勝をほめてあげられるでしょう。その後、そうなっていたことを期待します。

 このように、実はなかなか我が子を客観視することは、案外難しいようです。私みたいな親バカパパはなおさらですね。しかし、そのことを自覚しておけば、ある程度は、言動に注意することが出来ます。我が子を一番に愛して、我が子のために行なった言動で、我が子に嫌われる。そんなことにならないよう、すでになりつつあってもそこから脱却できるよう、気をつけていきたいと思います。

 

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

ページ上部へ