ホーム>整体師のミカタ>整体のこと>初の成分献血でした。
整体のこと

初の成分献血でした。

 先週、レイクタウンで初めて成分献血してきました。今回は、一旦血液を抜き取り、血漿を遠心分離して取り出して、赤血球などはまた身体に戻しました。端的に時間が、倍近くかかる分少々面倒なもので、全量献血よりも協力は少ないそうです。お役に立ててよかったです。

 その際の血液検査詳細は以下のとおりです。

ALT(GPT)   標準値8~49⇒20

γ―GTP       9~68⇒25

総蛋白 TP    6.6~8.2⇒6.6△

アルブミンALB   4.0~5.1⇒4.4

対グロブリン比A/G 1.3~2.1⇒2.0

コレステロールCHOL140~259⇒194

グリコアルブミンGA 16.5未満⇒13.6

赤血球数RBC   418~560⇒464

ヘモグロビン濃度Hb12.7~17.0⇒13.9

ヘマトクリット値Ht 38.8~50.0⇒41.1

赤血球容積MCV 83.0~99.5 ⇒98.6

赤血球Hb量MCH 26.8~33.5⇒30.0

同 濃度MCHC 31.7~35.2⇒33.8

白血球数WBC   38~89⇒32△

血小板数PLT  17.0~36.5⇒23.6

とまあ、こんな感じでした。

 

 いつもとそんなに変わらず、基本的に問題なしです。ここ最近、晩に、焼酎のロックを飲んでいるので、少しだけ気になっていたのですが、肝臓の数値は相変わらずいいですね。しかしまた、総蛋白の値が、下限ギリギリに戻ってしまいました。玉子に、納豆、鶏肉、豚肉と蛋白質は毎日しっかり摂っているのですが、まだ足りないのでしょうか?プロテインでも飲みますか?(笑い) そして今回も、前回同様下限を大幅に下回っている項目がありました。白血球数です。

 免疫力の代名詞である白血球が少ないとどうなるでしょう?たとえば、感染症にかかるリスクが増します。これは、体内に入ってきた細菌を防ぎきれず、負けてしまう可能性があることを意味します。この最悪な例が、敗血症です。こわいですね。

 しかし、実際、最近が体内に入ってくれば、正常ならは、白血球の数は増えます。ですから、数が少ないということは、身体の中に害をなす菌があまりいないと解釈できますよね。

 私には、『ケンカは、そうなった時点で、半分負け』、『ケンカを回避できたら、自分の勝ち』と持論があります。この考えを当てはめれば、白血球数が少ないままで健康なら、細菌とケンカしないで済みますから、私の身体の勝ちということになります。

 世間も、身体も、平穏無事が一番です。

 

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.asahisc.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1595

ページ上部へ