ホーム>整体師のミカタ>2017年3月

2017年3月

相変わらずの低蛋白、少白血球です・・・

 先日の冷たい雨の月曜日、自転車の患者さんが別の日に予約を変更するなど、時間が出来たため、11月以来の400ml献血に、レイクタウンに行ってきました。

 その際の血液検査詳細は以下のとおりです。

ALT(GPT)    標準値8~49⇒26

γ―GTP          9~68⇒27

総蛋白 TP       6.6~8.2⇒6.5△

アルブミンALB     4.0~5.1⇒4.1

対グロブリン比A/G  1.3~2.1⇒1.7

コレステロールCHOL140~259⇒158

グリコアルブミンGA   16.5未満⇒13.5

赤血球数RBC   418~560⇒503

ヘモグロビン濃度Hb12.7~17.0⇒14.9

ヘマトクリット値Ht 38.8~50.0⇒44.3

赤血球容積MCV 83.0~99.5 ⇒88.1

赤血球Hb量MCH 26.8~33.5⇒29.6

同 濃度MCHC 31.7~35.2⇒33.6

白血球数WBC    38~89⇒37△

血小板数PLT  17.0~36.5⇒28.1

とまあ、こんな感じでした。

 

 お酒は、ほぼ毎晩25度の焼酎をロックで飲んでいるのですが、γ-GTPはいつもどおり低いままです。ただ、これが日本酒になると悪酔いしてしまうんですよね。不思議なものです。2合でもうヤバイです。

 そして、総蛋白の値が、相変わらず下限を下回っています。これでも毎日結構な量の蛋白質を摂っていると思うのですが、まだ足りないのでしょうか??ここまで来るとギャグですよね。誰か説明してください!

 まあ、アルブミンの値や、アルブミン対グロブリン比を見る限り肝臓に問題はなさそうなので、「なんとかしなければ!」って感じではないですが。

 また、コレステロール値も、150台キープで良いですね。血糖の管理指標となるグリコアルブミンの値も、安定して13台をキープしています(間食、結構してるのですが・・・)。そして今回久しぶりに、赤血球数が500超えました。なんとなくうれしいです。多すぎても、ドロドロ血の温床になるので、このくらいで留めておくのが良いのですが。

 あとは、またもや白血球数の減少です。今回、0.1下限を下回ってしまいました。惜しいです!でも3月頭に、38度を超える熱を久しぶり出す風邪を引いたのですが、なんとか1日で回復出来たので、免疫力は十分あると思いますので、心配ではないです。これも、総蛋白といっしょで、何で少ないのか疑問です??

 ともあれ、誰かの役に立って、血液の状態を見ることで、自分の健康もチェックできるのですから、献血はとても良い制度ですよね。まさにWIN-WINです。

 今回、献血ルームは、平日日中だというのに、意外に人が多かったように思います。次は梅雨明け頃、ちょうど暑くなって、献血に行く人が減る頃、また協力しに行ってきます!

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

ページ上部へ