ホーム>整体師のミカタ>2017年7月

2017年7月

しっかりと立つことの大事さ②

2017710154249.jpg

(整体院内のフィカス・ウンベラータ/小)

~:~:~

 前回、しっかりと立つことの大事さ①で、足裏の意識が大切と書きましたが、みなさん、足の指回しや、足首回し、足裏もみなどはやってますか?後で思い出すんですけど、その場では、他のことに忙しく、つい忘れてしまうんですよね。でもやらないよりましなので、気がついたら、やりましょう!

  今回は、私のことを例に取ります。最近、よつんばいになってから膝を伸ばし、宙にあげた状態で、両脚アキレス腱を伸ばすストレッチをすると、やや突っ張った感じになり、アキレス腱の伸びが悪いのです。アキレス腱痛というわけではないので、痛めないよう、稽古時に気をつける程度で済んでいたのですが、最近、今度は左膝の内側が痛くなってきたのです。

 とくに屈脚時や、曲げながら体重をかけた時に、痛みが出るので、空手の形を行う時に、ちょっと困ります。何で左膝だけ痛いのかな~と探っていると、ふくらはぎの張りが左のほうが強いのと、太腿の前方内側の膝に近い筋肉が硬いのが分かりました。また、案の定、膝裏も左のほうが硬かったですね。

 私は、数年前に、右脚すねの内側の腱を痛め、以来、ふくらはぎが左より右のほうが若干細くなってしまっています。片足立ちも、昔は右脚で立つほうが安定していたのですが、今は左脚を軸足にしたほうがしっかりと立てます。その左右差をアキレス腱や足首で調整していたのですが、アキレス腱が硬くなり、調整機能が落ちて、結果、左膝や左太腿に余計な負担がかかっているのでは?と推測した次第です。

 もちろん、膝のところで、十分に左右差を吸収できていればよかったのですが、膝裏が硬くなっていては、それも難しかったのでしょう。放って置くと、股関節痛や腰痛にまで発展しまいかねません。ここらでストップさせておかないと!私の場合は、腰痛は、殿筋群のこわばり、仙腸関節の動きの硬さ、そして腸の冷えなどが重なったり、ひどくなって来ても、引き起こされるので、要注意ですね。

・しっかりと立てない⇒脚、骨盤、腰などの負担がかかる⇒膝痛、股関節痛、腰痛になる

・膝痛、股関節痛、腰痛をわずらっている⇒痛いところに負担がかからないように立とうとする⇒しっかりと立てない

 これは、ニワトリと卵みたいなものですから、どちらが先ということもありません。どちらも原因にも結果にもなり得るということです。ですから、そのままでは、悪循環でどんどん身体の状態が悪くなっていってしまいます。どこかでこの悪循環を断ち切らないといけません。人には、自己回復力、自然治癒力が備わっています。しかし、それを発揮するきっかけとして、外部の力がどうしても必要な時があります。

 整体には、患者さんが陥っている悪循環を、自己回復の好循環に変える力があります。私は整体を施す時、「自分が患者さんを治すんじゃない。患者さんが自分で治るきっかけ、方向付けを与えるだけだ。」というつもりでいます。そのくらいの力加減が一番良いのです。とりあえず、自分の膝は、自己回復する方向でやってみて、難しそうなら、仲間の整体師を頼ろうと思っています。

 上半身編がまだなので、③に続きます・・・

 

  

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

『ただ、聞くだけでいい』でいいんです。

201774144017.jpg

~:~:~

 はじめに、最近読んだ本からの、一節を紹介します。

『話しを聞いてくれと言うと あなたは忠告を始める 私はそんなこと頼んでない

 話しを聞いてくれと言うと そんなふうに考えるんじゃないろあなたは言う あなたは私の心を踏みにじる

 話しを聞いてくれと言うと 私の代わりに問題を解決しようとしてくれる 私が求めているのはそんなことではない

 聞いてください! 私が求めているのはそれだけだ

 何も言わなくていい 何もしてくれなくていい ただ私の話しを聞くだけでいい』

 

 この一節を読んだ時に、まるで自分に言われているかのように感じました。20代~30代は、特にひどかったですね。妻も娘たちも、本当は私に話しを聞いてほしかったのに、いつも途中から意見を言われるので、話したいのに言葉どおり閉口してたと思います。今は気をつけているはずなのですが・・・それでも時々やってしまって、あとから反省しています。

 この『ただ、聞くだけでいい』という言葉を、20代~30代の自分に聞かせてやりたいと思うのですが、当時の自分は、この言葉の真意が分からず、聞く耳をもたなかったかもしれませんね。まだ自分には、人の話しを受け入れる器が、備わっていなかったでしょう。

 そんな自分に救いになったのは、偶然にもこの『整体』という仕事です。整体師になってはじめて、私は、『ただ聞くだけ』がどういうものかを知りました。私の整体院では、60分のコースを受けるかたが最も多いのですが、身体がほぐれてリラックスしてくると、患者さんはいろんな話しをしてくださいます。私のほうはというと、相づちをうちながらも、手を休めることなく、整体の施術をおこなっています。これがまさに『ただ、聞くだけ』状態なのです。

 患者さんの中には、60分の大半を眠って過ごすかた、起きてはいるけど、話すのはあまり好きではないかたもいます。ギックリ腰が辛くて話すどころではないかたも、当然来院されます。ですから、いつも会話をしているわけではないのですが、基本的に、会話の主導権を患者さんに預け、話題やペースなどは、なるべくこちらから合わせるようにしています。アドバイスを求められた場合も、こちらの話しは短めにするよう心掛けています(それでも語ってしまうことありますが)。

 私も、誰かに話してスッキリしたい!と思うことがあります。答えはだいたいもう、自分の中で出ているんです。ただそれを聞いて、「うん、うん」とうなずいてほしいだけ。そこを途中でさえぎって、「こうした方がいい」とか「私はこう思う」とか言われると、よけいストレスが溜まって、「話さなきゃよかった」ってことになります。自分がされて嫌なことは、人にはしちゃダメですよね。。。

 

 あさひ整体センターは、患者さんの話しをきちんと『聞く整体』、そして患者さんの身体にしっかり『効く整体』を心掛けています(笑)

 もちろん、肩こりや腰痛予防のストレッチや体操、猫背にならないように気をつける姿勢のポイントなど、時間を取って説明が必要な場合は、納得がいくまで、お話しさせていただきますよ!

 

  

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

ページ上部へ