ホーム>整体師のミカタ>2018年3月

2018年3月

久しぶりの献血。

2018319145154.jpg

(今年3月の越谷梅林公園)

~:~:~

 先週、半年振りに、レイクタウンで献血をして来ました。10月末に左薬指を剥離骨折(マレットフィンガー)、手術をしたので、しばらく控えていました。ちなみに写真のみごとな梅林公園の様子と、献血とは関係ありません(笑)

 献血の検査結果で、気になったのは、今回初めて、アルブミン対グロブリン比(A/G比)が基準上限ギリギリの2.1まで行ったのと、白血球数が36と久しぶりに下限を下回ったことですね。総たんぱくは、6.7と下限の6.6よりちょっとだけ上回りました。ちなみに、糖尿病検査のひとつであるグリコアルブミンですが、これは12.9と、上限の16.5を大きく下回っています。高血糖状態は、万病の元ですから、これからも、食事や生活習慣には、気をつけたいですね。

 A/G比が高いというのは、実は総たんぱくが低いのと関係しており、アルブミン値が正常な為、高い比となるのです。アルブミンは、肝臓で作られますから、この値が正常なのは、肝臓が正常に機能している目安になるので、低くなるよりは良いですね。

 それにしても白血球の値、36って低いですよね(38~89までが基準値)。ご存知のとおり、白血球は、日々細菌やウイルスと闘って私たちの体を外敵から守ってくれます。ですから白血球が減ってしまうと、免疫力が下がり、風邪やインフルエンザなどに感染しやすくなります。今年も、インフルエンザにはかかりませんでしたので、免疫力が低いという実感はないのですが、手洗い、うがいなどは、年間を通じて気をつけたいと思います。

 私は、タバコも吸わないし、お酒は飲むといっても、家で晩酌程度だし、適度(を少し超えるくらい?)な運動もしているし、肥満体形でもないし、血液の成分的には、きっと良いほうだと思います。この血液が、誰かの為になるのなら、私の健康管理と合わせて、まさに一石二鳥ですね!

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

ページ上部へ