ホーム>整体師のミカタ>整体のこと>「コロナ、コロナも彼岸まで」ではありませんが
整体のこと

「コロナ、コロナも彼岸まで」ではありませんが

2020321164949.jpeg

2020321165029.jpeg

(2020年3月21日近隣にて)

~:~:~

 今年は暖冬で、お彼岸に桜が満開となりましたね。たしか7年前にもそうだったと記憶しています。その時は桜の中の卒業式でした。本来なら今年もそうなるはずだったのですが、新型コロナウィルス感染拡大防止策の一環で、軒並み卒業式が中止となり、越谷市では代替案で先生と卒業生のみでの卒業証書授与式のみ行われることとなりました。

 校門に皆が集まって写真撮影が始まってしまうと防止策の効果が十分でなくなってしまうので、保護者の登校を見送るよう通知がありました。残念でなりません。せっかくなので、桜の花の下で、娘の写真撮りたいものですね。

 「コロナ・コロナも彼岸まで」となって欲しかったのですが、なかなかそうは行きませんね。それでも日本国内では、この未曾有の事態に翻弄されながらも、何とか踏ん張りどころを見せ、パニックをギリギリで回避しようという日本国民みんなでがんばっています。何を恐れながらも、何が出来るのかをだんだんと見極められるようになって来ました。

 むやみに怖がるのでなく、まずはウィルスを体内に入れない事。これはマスク着用、こまめな手洗い・うがい、家庭や仕事場の清掃・消毒が重要になってきます。それと万が一ウィルスが体内に入ってしまった際に、抵抗出来る免疫力を持っている事です。新型といえどウィルス。免疫で撃退可能です。8割が軽症・無症状で、その後自然治癒しています。そのあたりは、既存コロナウィルスによる風邪と同様でしょう。

 ただ、高齢者や、循環器系や呼吸器系に疾患がある方、免疫抑制作用のある治療を受けている方は、ウィルスへの抵抗力が弱く、免疫力が低いと思われるので、新型のみならず感染症にかからないよう配慮が必要です。

 免疫力を高めるには、早寝・早起きといった規則正しい生活習慣、バランスのとれた食事、適度な運動・血行促進、十分な休息及び睡眠、ストレス過多にならないよう気をつける事が肝心です。

 また生徒・児童の健康保持、運動不足解消の為に、学校の校庭や体育館、公共施設等の使用に関して、消毒や換気その他、十分な対策を施した上での使用は推奨される旨の連絡も、スポーツ庁から県のスポーツ協会に出ています。

https://www.mext.go.jp/content/20200317-mxt_kouhou01-000004520_2.pdf(問44・45)

 そして4月新学期からの通常授業や春休み中の部活動再開に向けてのニュースも報道されましたね。入学式も十分な配慮の上、ぜひ実施してほしいと思います。

 世界はまだまだ感染拡大のニュースが連日報道されていますが、こういう時こそ日本が範を示して、感染拡大防止と、様々な文化活動・経済活動を両立させなければならないと思います。

 あさひ整体センターでは、ホームページに記載のとおり、清潔・消毒その他、出来る限りの配慮をし、患者さまをお迎えしております。整体療法には免疫力向上の効果が期待されることは、これまでも提唱されております。頭痛・腰痛・肩こり解消だけでなく、少しでも地域の皆様の健康増進、快適な毎日の実現へのお手伝いをしたいと考えております。

  

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.asahisc.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1664

ページ上部へ