ホーム>整体師のミカタ>身近なこと

身近なこと

『勉強する』とは何か、なんで勉強するのか

 「勉強するってなんだろう?なんで勉強しなきゃいけないのかな。」

 子供の頃、ずっと考えていたことです。親や先生には、「自分のため」とか、「将来、就きたい職業に就くため」とか言われてたと思うのですが、実はピンと来ていませんでした。たしかにそれはそうなんですが、それが本質だと実感はしていませんでした。ちなみにこの場合の勉強とは、小中学校などの義務教育、高校普通科で学ぶ学問のことを指します。

 その答えは、今も探し中なのですが、とりあえず現時点での答えを、今日は書いてみたいと思います。

 私が思うに、『勉強』とは、社会と繋がるための最も効率の良いツール(道具・手段)です。話し的には、前回ブログの「モノサシとルール」に繋がりますね。ある程度、世の中の流れや仕組みを、自分なりに理解していないと、生活していくことは難しいでしょう。社会と繋がるためには、人と接しないといけません。人と接する時に必要なのは、会話・情報交換の手段です。情報交換には、お互いの知識が必要です。会話方法ですら知識と言えます。そしてその知識を取り入れるのに最も効率が良いのが、学校での勉強なのです。

 

 なんで雨が降るのか、なんで夏は暑くて冬は寒いのか、人間以外にはどんな生き物がいるのか、火ってなんだろう、電気ってなんだろう、自分が食べているものは、どこで作られているんだろう、自分と両親、祖父母、先祖の繋がりってなんだろう、自分のいる場所、地域、国っていつからあるんだろう、世界にはどんな国や地域があるんだろう、どういう言葉を遣えば、自分の考えが伝わるかな、相手の伝えたいことが分かるかな、お金ってなんだろう、働くってなんだろう、これらすべて、別にどうしても知らなければ『生』きていけないということはありません。しかし人として『活』きていくには、とても重要です。生活の『活』の部分の充実が、人間には必要なのです。

 

 人は、今までに得た知識を使って、生活をします。それは子供であっても。知識に工夫が加われば、知恵となり、生活を豊かにしてくれます。知識をより多くの人が共有する中で、常識が生まれ、それをみんなが守ることで集団の安定が保たれます。人が本当の意味で独りでは生きていくことは、相当に困難です。「自分は独りぼっちだ」と感じていても、日本にいるだけで、国という集団に属し、インフラを利用しています。買い物もしているでしょう。その時点で社会と接点は持っているのです。言葉も知らず、社会となんの繋がりを持つための知識も持たない自分を想像してみてください。おそらく絶望感しかないでしょう。

 

 また逆に、勉強を積み重ね、たくさんの知識を吸収し、それを用いて人の役に立つことが出来れば、多くの人に喜ばれ、歓迎され、尊敬されるでしょう。勉強が社会と繋がるツールという前提に立てば、より多く勉強することは、より太いパイプで社会と繋がることを意味します。より多くの人からの情報を吸収し、理解し、整理することによって、自分からも有益な情報を発信することが出来ます。『勉強』したことを正しく用いれば、それは『社内貢献』に繋がるのです。自分を謙遜する際に、「学が無い」なんて言葉を用いたりしますが、なぜ「学がある」のを尊敬し、「学が無い」ことを恥ずかしがるのか、難関大学への合格、卒業を偉いと思ってしまうのか、引いてはテレビでやたら東大生を持てはやすのはなぜか、根底には、『勉強』⇒『社会貢献』の図式が頭にあるからだと推察します。

 

 もちろん最近では、『高学歴ニート』などと言って、自分にインプットだけして、まったくアウトプットしようとしない、私にとってはまったくの意味不明な者も出て来て、先に述べたことが当てはまらない事象が増えて来ましたが、勉強をする主旨、意図というのは、変わってはいないと思います。私は、整体や空手道に関すること以外でも、本を読んだり、他人から新たに情報を得たりする度に、自分の不勉強を思い知らされます。しその一方、これまでの勉強のおかげで、その情報を聞いて理解する段階には来ているんだ、という自覚も持てます。そしてまた一つ社会と繋がりやすくなったのだ、活きやすくなったのだとも。

 

 うんちくをひけらかすのでなく、自慢話をするのでなく、単に承認欲求を満たそうとするのでなく、得た知識、知恵を仕事に活かしたり、自分の周りに還元出来れば、それはさらに社会貢献という名のベストな社会との繋がり方になります。そのためには、「若いうちこそ、勉強!」、「一生涯勉強!」なのだと思います。

 

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

モノサシとルール

2019516153521.jpg

~:~:~

 久しぶりにブログを書きたくなりました。

 タイトルの『モノサシ』というのは、例えの話しで、『その人の持つ、物事の判断基準』のことです。なので、『物差し』書かずに、カタカナで『モノサシ』と書きました。

 人は、それぞれ心に独自のモノサシを持っています。ある事実を捉える時に、自分のモノサシで測ります。また、他人は他人で自分のモノサシで測りますので、同じ事実でも受ける印象は違うというわけです。面白いとかつまんないとか、気にならないとか我慢できないとか、そういう類いのものです。いわゆる『主観』というやつです。

 また、人は、独自モノサシ以外にも、共通モノサシという物を持っています。人が『常識』と感じているものです。しかしながらこの共通モノサシというのがやっかいで、自分は共通だと思っている点が、他者と微妙にズレていることが多々あります。そうなるとこれを『共通』と呼んでいいのか疑問が出てしまうのですが、それはさておき、多数の共通モノサシで、事実を測って得られたものを、この世の中の常識としているのです。

 そう考えると、常識の通じない人がいたりとか、○○界の常識は世間の非常識、なんてのがどうしてあるのか、理解出来ます。そう、使っているモノサシ、測るモノサシが違うんです。確信的にあえて独自モノサシで見るというなら、まだ何か目的があるんでしょうけど、独自モノサシと共通モノサシの区別のない人とは、まず話しが合いません。相手がなぜ自分と違うことを言うのか、理解出来ないのです。相手も、自分と同じモノサシを持っていると勘違いしているからです。

 逆に、独自モノサシ、共通モノサシの他に、相手モノサシを持つ人もいます。相手の独自モノサシに理解を示せる人です。そういう人の対応がいわゆる『神対応』というのです。また、共通モノサシにもイメージとしては、色や形、幅や長さがあります。相手モノサシまでは持てなくても、変な色は付けず、いろんなものをしっかりと測れる幅や長さを持った共通モノサシは持ち合わせたいものです。

 そして、人は、モノサシを使ってルールを決めます。どのようなルールでも基本的に、みんなが安心して何かをやりやすくするために決められるものですよね。それが場合によっては、自分にとって不都合な時もあるでしょう。しかし、ルールはルールですから、みんなが守ってこそ自分もその恩恵を受けられるわけです。しかし、独自モノサシしか持たない人は、ルールを勝手に上書きしようとします。身勝手な理由を持ち出して、自分だけの特別なルールを、突然ゴリ押ししようとするのです。

 もちろん、不可抗力や不注意で、ルールを破ってしまう瞬間は誰にでもあります。ルールを順守することのみに固執したら、とてもやりにくく、過ごしにくくなってしまい、本末転倒です。しかし、それとルールを上書きしようとすることとは別です。自分王国の中で自分が王様なら、気分次第でどんなルールを作ろうと上書きしようと、かまいませんが、他人には、その自分王国ルールは関係ありません。そこで軋轢や諍いが生まれるのです。公衆の場で、他人をいきなりマナー違反だと叱責して、トラブルになるケースが報道されたりしますが、叱責する側は、本当に叱責するほどのマナー違反なのか、自分王国ルールで騒いでいるだけなのか、一歩引いて考えてみる必要があります。

 

 アイデンティティに関わる「これだけは譲れない」というものを除いて、出来るだけ共通モノサシで物事を測り、少しだけ相手モノサシを想像してあげ、自分の都合でルールの上書きするなどというわがままをしなければ、そんなにトラブルは起きないと思います。また、相手が気づかずに、独自モノサシ&ルールを使おうとしている場合は、やんわりと指摘してあげれば、さすがに「まずかった」と思って、引っ込めてくれるでしょう。ただそういう人は、プライドが高い場合が多いので、その辺は、気をつけなければいけませんが。

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

新元号は『令和』

20194284448.jpeg

~:~:~

 昨日、4月1日に、5月から始まる新元号の発表がありましたね。発表の瞬間は施術をしておりましたので、後でテレビを見て知りました。予想では、永や安で始まる2文字では?というものが多かったのですが、令で来るとは私も予想外でした。なんか命令の令だし、にすいをつけたら冷になるので、つめたい印象があったのですが、律令制の令でもあったのですね。中学の時、歴史の授業で、701年、大宝律令制定「鳴れ一発、大宝律令」なんて覚えました。法治国家として、国の安定、国民の安心、安全を願う良い字だと思い直しました。

 西暦さえあれば、元号なんて不要と考える人もいるかもしれませんが、私はそうは思いません。西暦を用い、他の国々と歩調を合わせる事も必要ですが、自国の針の進め方を自分でしっかり持つというのも、国のアイデンティティからして大事だと思います。また、学期や学年、中学、高校などの卒業や入学という節目があるからこそ、今までの事を振り返り、新たな一歩を踏み出す良いきっかけになります。たとえは変ですが、「平成を卒業して、令和に入学」みたいな感じですね。

 私も、この平成最後のひと月をできるだけ充実して過ごし、次の時代につなげていきたいと思います。

 「明日は今日より、もっといい日」です!

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

今年の自分を、漢字1文字で表すと・・・

201812259412.jpg

~:~:~

 もう2週間ほど経ちますが、今月12日に、その年の世相を漢字一文字で表す『今年の漢字』が発表され、平成最後の漢字は『災』に決まりましたね。わざわざそんなネガティブなものを選ばなくてもいいのではと思いますが、災の字は、2004年、平成16年にも選ばれているんですね。その時は、あさひ整体センター開業の前年。まだ春日部を中心に出張整体をしていた頃でした。

 今年の自分を、漢字1文字で表すと何かな~と考えていたのですが、昨日ふと思いついたのが、『可』でした。さすがに『災』ではないです(笑)。今年良かったことは、埼玉県空手道選手権大会、50歳~59歳男子形の部で準優勝し、関東マスターズに出場出来たこと。そして念願の(公財)全空連公認五段位を取得出来たことですね。また、上の娘の進路も決まったのもうれしかったです。

 あまりうれしくなかったのは、今年も全国組手審判員に落ちてしまったこと。そして出るはずだった日本マスターズ大会が、地震で中止になってしまったことです。また、空手クラブも新しいメンバーは入っているのですが、弥栄は、辞める生徒が多かったですね。空手を続けたいと思ってもらえるような稽古とは何か?何度も自問自答しています。

 また、整体の仕事面でも、順調ではありましたが、もう少しチャレンジというか変化があってもいいのかなと、不完全燃焼のような気がする1年でした。そういう意味で、優良可の可ですね。ちなみに去年は、個人的には不可でした(ある意味『災』だったかも?)。つらいことが多く、「来年はこれよりも絶対マシになる」と思っていたので、今年の満足度としては予想どおりでした。それで良までいかないけれど、可というわけです。

 また、可は、可能性の『可』です。けっして成績のABCDのCという意味だけではありません。来年につながる可能性のタネもたくさん見つけました。自分の整体療法が、患者さん・クライアントさんに与えられる可能性も改めて追求したいと思います。

 整体を通して、空手道を通しての社会貢献。これが、私の存在意義だと思って、来年一年活動していきたいと思います。みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

メール会員募集中

=========================

 

公認五段位合格しました

20181210121051.jpeg20181281679.jpeg

(現在の私と、小学6年生・39年前の私)

~:~:~

  先月11月4日(日)、日本空手道会館にて、(公財)全日本空手道連盟公認四・五段位審査会が行われ、なんとか合格することが出来ました。私は11月5日が誕生日なので、ギリギリ50歳での五段位取得達成となります。これも、ひとえに越香会野口会長をはじめ、師範や他の先生のご指導、さまざまな方からのアドバイスによるものと感謝しております。マスターズ交流会の練習会も、とても勉強になりました。本当にありがとうございました。

 

 思えば、3年半前、空手クラブを始め、指導していく中で、教え子達の空手に挑む懸命な姿を見て、「自分も上を目指さなくては」と一念発起したのが始まりでした。それから4度目のチャレンジでようやく目標を達成することが出来ました。

 

 写真のとおり小さい時から、私は運動神経が良いほうとは言えませんでした。体育は、どんなに真剣に頑張っても、5段階評価の3でした。走るのも、球技も苦手でした。ですから、そんな私が、空手をやっている、しかも子供達に教えている、ましてや公認五段位に合格したなんて、昔の私を知っている人からしたら、まったく想像も出来ないことでしょう。

 

 そんな私でも、大人になってから始めても、真剣に、長く続けていれば、いつか目標を達成することが出来るのです。あきらめずに努力すれば、『人は、自分の望んだ現実(いま)を手に入れることができる』のです。今回の合格を通して、このことを、子供達に伝えることができたらなと考えています。

 

 また、今回の合格は、今までやってきた私の空手が間違っていないことも示してくれました。これを自信の糧にして、今後の指導に活かしたいと思います。私自身もこれで終わりでなく、公認地区形審判や、組手全国審判、スポ協コーチなど、目指したい目標がまだまだあります。ひとつひとつ目標をクリアして、自分の理想とする空手道の完成に向けて、生涯掛けて努力し続けたいと思います。

 

 もちろん、頭痛・肩こり・腰痛解消、整体のスキルアップも忘れてはいませんよ!

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

秋の健康チェック。献血も整体も。

201891814300.jpg

~:~:~

 先週14日、日本スポーツマスターズ出場の為、札幌へ向かうはずだった日、地震の影響で、全日程が中止となり、普通に仕事をしておりました。当然の如く、患者さんがいつもより少ないので、空き時間に献血に行って来ました。血液検査は、上記のとおりです。

 今回は珍しくというか、初めて総蛋白量が、しっかり基準内に納まりました。いつも基準値ギリギリか下回っていたのですが、一安心です。これにも増してしっかり、たんぱく質、アミノ酸を摂取したいと思います。しかし、変わりに白血球数が33と、基準値下限の38を大きく下回ってしまいました。これが30を割って来るようだと、一度精密検査が必要かもしれませんね。今のところ健康状態には、まったく異常は感じないので、大丈夫だとは思いますが。

 7月の関東マスターズの後、お酒を止め、節制し、体調管理に努めて来ました。ウエストも75cmを下回り、身体のキレも良くなってきていたので、マスターズ中止は本当に残念です。ただ、残念以上に辛い思いをしているのは、被災した現地の方々なので、いち早い復旧、復興を願うばかりです。

 猛暑が過ぎ去り、ようやく季節も秋めいてきました。今の時期は夏バテ、秋バテと言われるだるさや疲労感が気になる時期です。献血や健康診断での、血液の状態のチェックも大事ですが、整体での歪みチェックも、健康チェックには欠かせません。

 肩こり、頭痛、腰痛のほか、気になる症状ありましたら、ぜひあさひ整体センターにご相談ください。きっとお力になれると思いますよ。

 

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

恒例の献血。そしてその結果も恒例。

2018618121012.jpg

~:~:~

 先日、レイクタウンに、恒例の献血をしに行って来ました。平日で、しかも雨だったので、献血ルームはとてもすいていました。少し肌寒かったので、献血前からカイロで、採血する腕を温めておくように言われました。そのおかげか、今回の採血はいつもより短時間で、済んだみたいです。

 さて、その採血の際の血液検査の結果ですが、これまた恒例の結果となりました。数値としては、昨年秋に結果に似ていますね。それにしても、総たんぱく量、上がりませんね~。基準値の下限は、6.6だというのに、またもや6.3.要注意の域です。ずいぶんとたんぱく質は摂っているのですが、効率悪いですね。

 白血球数も、基準値の下限38を下回る37。私の体の中の白血球さん達は相当ヒマ過ぎて、リストラにでも遭っているんでしょうか(笑)?基準値の上限が89ですから、どれだけ少ないか分かりますよね。でも、健康体なんですよね~不思議です。

 また、総たんぱく量が少ないので、仕方ないのですが、そのたんぱく質の一種である、肝臓で作られるアルブミンも、基準値下限4.0をギリギリ上回る4.1。それでも肝臓はがんばって作ってくれているほうですよね。肝機能は問題なし。よかったです。

 血糖値の目安となるグリコアルブミンも、安定の13.8。糖尿病予備軍にはなりたくないので、上げたくない数値です。

 これから夏に向けて、献血する方がどうしても不足するといいます。ちょうど今、二ノ宮君主演のドラマ『ブラックペアン』が放送されていますが、手術だけでなく、がん患者や血液透析の方にも、輸血が必要とのことです。献血は、誰かの為だけでなく、自分の健康チェックの一端を担ってくれます。健康な方は、どうぞ、献血ルームに足を運んでください。ジュース、コーヒー、クッキー、おせんべい、それと面白いマンガが、そろってますよ!

 

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

久しぶりの献血。

2018319145154.jpg

(今年3月の越谷梅林公園)

~:~:~

 先週、半年振りに、レイクタウンで献血をして来ました。10月末に左薬指を剥離骨折(マレットフィンガー)、手術をしたので、しばらく控えていました。ちなみに写真のみごとな梅林公園の様子と、献血とは関係ありません(笑)

 献血の検査結果で、気になったのは、今回初めて、アルブミン対グロブリン比(A/G比)が基準上限ギリギリの2.1まで行ったのと、白血球数が36と久しぶりに下限を下回ったことですね。総たんぱくは、6.7と下限の6.6よりちょっとだけ上回りました。ちなみに、糖尿病検査のひとつであるグリコアルブミンですが、これは12.9と、上限の16.5を大きく下回っています。高血糖状態は、万病の元ですから、これからも、食事や生活習慣には、気をつけたいですね。

 A/G比が高いというのは、実は総たんぱくが低いのと関係しており、アルブミン値が正常な為、高い比となるのです。アルブミンは、肝臓で作られますから、この値が正常なのは、肝臓が正常に機能している目安になるので、低くなるよりは良いですね。

 それにしても白血球の値、36って低いですよね(38~89までが基準値)。ご存知のとおり、白血球は、日々細菌やウイルスと闘って私たちの体を外敵から守ってくれます。ですから白血球が減ってしまうと、免疫力が下がり、風邪やインフルエンザなどに感染しやすくなります。今年も、インフルエンザにはかかりませんでしたので、免疫力が低いという実感はないのですが、手洗い、うがいなどは、年間を通じて気をつけたいと思います。

 私は、タバコも吸わないし、お酒は飲むといっても、家で晩酌程度だし、適度(を少し超えるくらい?)な運動もしているし、肥満体形でもないし、血液の成分的には、きっと良いほうだと思います。この血液が、誰かの為になるのなら、私の健康管理と合わせて、まさに一石二鳥ですね!

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

面白かった本の紹介/闘う敬語(プレジデント社)

2018116153133.jpg

~:~:~

 最近、図書館で本を借りて読むのが好きで、返しに行っては借り、返しに行っては借りを続けているのですが、今借りている本が面白いので紹介したいと思います。プレジデント社の『闘う敬語』という昨年出版された本です。

 なぜ、相手に確認を取る際、「よろしかったですか?」を使うと、相手が不快に思う場合があるかとか、「伺う」と「参る」はどの場面で使い分けるかなど、ショートストーリーを例に、分かりやすく説明してくれます。タイトルを、なぜ『闘う』としているかも、読み進めていくと分かります。

 けっして、「今の若い者は敬語が出来ない」的な、一方的な本ではなく、年頃の娘を持つ上司も大ポカをやらかします。そういえば、この本に出てくるケースの失敗例は、私も結構しでかしていましたね。そういう意味では、共感しながら楽しく読める本です。この本に出てくる登場人物は、敬語の使い方や対処の仕方でミスをするものの、のちにきっちりリカバリー、リベンジを果たしてくれるので、読後感もスッキリしています。

 そして、この本の中で、私が一番ドキッとしたのは、「言葉遣いが適当になると、仕事まで適当になる」という一文です。なんだか自分の事を言われているようで、ハッとさせられました。やってしまいがちなので、気をつけたいと思います。

 私も、整体の患者さんとの会話や、空手関係での会話の中で、敬語をメインに、しかしできるだけ親しみを込めて話したいと思っています。しかし、自分の話し方如何で、実は相手が不快に感じている場合があるのかもしれないと、この本を読んで、あらためて思いました。

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

今年のキーワードは、『誠実』で行きます!

201815175130.jpg

(筑西市から見る筑波山)

~:~:~

 皆さん、新年あけまして、おめでとうございます。あさひ整体センター院長、坂谷です。

 皆さんは年末年始は、どのように過ごされましたか?私は、今年も実家の茨城で、しっかりと英気を養ってきました。ちょうど実家からすぐそばのところで、ダイヤモンドつくばが拝めるので、今年も素晴らしい眺めを見ることが出来ました。私にとっては、やはりこの地が一番のパワースポットのようです。

 昨年10月には、日体協上級指導員の資格を取得しました。空手道の指導のみならず、整体の施術の際にも、その知識や考え方を生かしていきたいと思います。今年は、あさひ整体センターを開院して13年目、空手クラブも4月で丸3年、4年目を迎える年です。整体の患者さまにも、空手クラブの生徒達にも、きちんと誠実に向き合い、寄せてくださっている信頼を裏切らないよう、自分に与えられて務めを果たして行こうと思います。

 今年1年、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

ページ上部へ