ホーム>整体師のミカタ>整体のこと

整体のこと

改善例報告(歪み・腰痛)

202073117143.jpg

~:~:~

 腰の痛みをかばうように、体を歪めてのご来院でした。

 この患者さまの腰痛はかなり強敵で、この姿勢に改善するまでに3回の施術を要しました。とくに1回目は、立った時の姿勢に変化は見られず、それでも私の施術と説明を信じてくださり、2回目のご予約を入れてご来院いただきました。2回目でようやく想定の効果が得られ、さらに今回の3回目でほぼ歪み・痛みを取る事が出来ました。

 もちろんこの効果を定着させ、歪みや痛みの再発を防ぐためには、さらに継続したメンテナンスが必要である説明をさせていただき、ご納得いただきました。  

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

油断大敵!肥満大敵!

2020519171536.jpg

(サツキ/Wikipediaの画像から)

~:~:~

新型コロナ、肥満で重症化の恐れ 英大学調査で「死亡リスク3割増」毎日新聞2020年5月17日

 新型コロナウイルスの感染者のうち、肥満の人ほど重症化するリスクが高い傾向にあることが、英国内での複数の調査で分かった。15日付タイムズ紙によると、ジョンソン首相(55)も、自らの肥満体質が重篤な症状に陥った一因と受け止め、国民の肥満対策を強化する構えだ。

 BBC放送などによると、英国で新型コロナウイルスに感染した入院患者について、リバプール大は約1万7000人を対象に調査。このうち、肥満度の目安となる体格指数(BMI)で、肥満の程度が重いとされる30超の人は30以下の人に比べ、死亡するリスクが3割以上高まると分析した。

 オックスフォード大などによる調査でも同様の傾向がみられたほか、調査機関のICNARCも、集中治療を受けた感染患者の7割以上が肥満体質だったと報告した。

 英国は、3人に1人がBMIで30を超す有数の「肥満大国」。タイムズによると、4月に入院したジョンソン氏も当時、体重が110キロを超え、BMIは35以上だった。集中治療室に移されるほど重篤になったこともあり、今後の感染対策を問われ「50代になって太らないことだ」と自嘲気味に語ったとされる。

 こうした背景もあり、政府は通勤や通学での自転車の利用を促す考え。感染リスクの高い電車やバスの利用を減らすためにも、自転車レーンの増設や、古い自転車の修理を補助する方針を表明した。ジョンソン氏は元々サイクリング好きで、ロンドン市長時代に自転車のレンタル制度を導入したことで知られる。(共同)

 

 国内の新規感染者がようやく減少し、状況改善への兆しが見えてきた昨今ですが、油断大敵です。気を緩める事なく、感染症にうつらない・うつさない行動、心掛けましょう。また、上記の記事のとおり、肥満も大敵です。気になる方はすぐにでもムリのないダイエット、始めてください。

 私はブログで、新型コロナを含め、感染症予防の要になるのは、免疫力だと発信し続けておりました。免疫力の維持・向上の為に、規則正し生活・睡眠時間の確保、バランスの取れた食事、適度な運動が大事ですよと申し上げてきました。また、免疫力の低下要因として、高齢化のほかに、糖尿病や肝障害、腎機能の低下、高血圧など主に生活習慣病関連の病気が危険要因になるとも指摘してきました。

 筋肉、関節が固くなり、血流が滞ると、それだけで内臓の機能も落ちてきますし、リンパの流れが悪くなれば、免疫力も下がってきます。普段からの生活習慣を見直すとともに、整体を上手に利用して、未病状態から病気の方でなく、健康状態に近づけましょうと提案しています。

 肥満の方は、ただ体重が重たいだけでなく、その背後に生活習慣病を抱えている方が非常に多いです。一度整体を受けて、「はい、やせました」「はい、生活習慣病が治りました」なんてことはありませんが、定期的に整体を受けに来ることで意識が変わります。筋肉をほぐして、歪みを改善することで、身体が動きやすくなります。ストレッチ等のアドバイスを受けることも可能です。整体を受けて、ストレスが軽くなって、ドカ食いをしなくなってやせたという患者さんもいます。

 新型コロナウィルスは、私達の普段の生活を粉々にしました。今しか出来なかったことをすべて奪っていきました。大切な人の命まで奪っていきました。二度と起こってほしくない大惨事です。悔やんでも悔やみきれません。恨んでも恨みきれません。コロナ禍が起こってよかったなんて微塵も思いません。しかしそれでもそこから何か拾うなら、これまでの生活習慣や仕事の仕方、家族との向き合い方などを見つめ直して、これから立ち上がる糧にするしかないと思います。

 「コロナがきっかけで、ダイエットをした、タバコをやめた、飲みに出歩くのを控えてジョギングするようになった、仕事を定時であがるようになった、家族と過ごす時間を大切にするようになった、結果として長生き出来て、充実した幸福な人生になった」と将来、言えるようにならなければ、悔しくてしようがない。私は今、そう感じています。

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

合言葉は『い・い・こ』です

202043084320.jpeg

2020.4.29.整体院の小手毬(隠れミッキーのつもり)

~:~:~

HPでのお知らせ同様、こちらにも記載します。

写真の小手毬(コデマリ)、きれいですよね。この時期とてもきれいに咲きます。

整体院の駐車場にあります。来院時にご覧くださいね。

☆あさひ整体センターは、2020年開院15周年!ありがとうございます。

*5月も同様、新型コロナウィルス感染拡大防止の為、空手道大会、講習会、整体セミナー等すべて中止の為、休診日は原則ありません。

 新型コロナウィルス、国民総出で感染予防対策してもなかなか鳴りを潜めないですね。埼玉県の学校も、5月末までの休校延長が決まりました。人類とウィルスとのがまん比べ、どちらが音を上げるか正念場ですね。

 整体院は東京都のHPに「主として利用者が身体機能の維持を目的として利用する施設は、(休業)要請の対象外とする」とあり、社会生活の維持に必要な業種として認められています。

※適切な感染防止対策の徹底が条件

 

◇『い・い・こ』を心掛けましょう!

 ウィルスに感染しない・させない為には、うがい・手洗いをこまめにし体内に入れない、マスクを着用し、飛沫を飛散させないが必須ですが、それでもどうしても少量のウィルスは体内に侵入します。それを迎え撃つのが人間の免疫機能です。最近はテレビでも、免疫力の維持・向上に関連した番組がよく放送されていますね。そこで私は、免疫力アップの為の合言葉を考えました。ズバリ『い・い・こ』です。

 とくに、お子さんのいる方、必読です!

・『い』いつも同じ時間に起きる、寝る

・『い』いろんな物を残さず食べる

・『こ』こまめに身体を動かす

 の3つです。免疫力の維持・向上には、自律神経を整える為の規則正しい生活、そして良質な睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動がとても大切になってきます。これらをギュギュっとまとめた合言葉が『い・い・こ』なのです。こまめな運動なら、ご家庭ではお手伝いがいいですよね。一緒に体操もGOODです!

 そしてストレスも免疫力を下げてしまう大きな要因の一つです。ぜひ整体を受けてストレス解消して、スッキリしてください。硬い筋肉、固い関節を和らげ、歪みを取り、血液とリンパの流れを良くして、免疫力を上げてください。

 また、整体を定期的に受けることは、単なる消費ではありません。なりたい自分になるために、やりたい事が出来る・やり続けるために必要な投資です。自分の身体に投資してください。あさひ整体センターは、「受けてよかった」「受け続けてよかった」と実感できる整体をご提供いたします。

 

 あさひ整体センターは、『貴方の「困った」を「良かった」に!』をモットーにしています。

*****

休診予定のお知らせは、メール配信サービス、LINE@でも配信いたします。ぜひご登録ください。

メール会員登録ページリンク

LINE@ID:@asahi-sc

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

都知事も感染予防に、免疫力の維持を心掛けてます

202041882316.jpg

(2020年4月18日ヤフーニュース画面より)

~:~:~

 4月17日の会見で、東京都小池都知事は、自身の体調について尋ねられ、「コロナにかかってしまうと都庁が動かなくなってしまう。まず自分自身がかからないために、免疫力を落とさないよう心がけております。体調は大丈夫です」と答えたとのことです。

 3密をさけ、マスク着用、手洗い、うがいの徹底はもちろんですが、ブログで何回も申し上げているとおり、最後の砦は自分自身の免疫力です。規則正しい生活、食事、休息、運動をキーワードにしてお過ごしください。

 当院は整体で、貴方の免疫力維持・向上のお手伝いをしております。ご遠慮なくお問い合わせください。

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

社会生活の維持に必要な施設に分類

2020415152620.jpeg

2020年4月15日毎日新聞朝刊より

~:~:~

 今朝の毎日新聞に、『東京都が公表した休業や営業時間を短縮を要請する主な施設の詳細』の記事が載っていました。対象施設の詳細は、東京都防災ホームページに記載されております。埼玉県は具体的な業種は公表していませんが同様に考えて差し支えないと思います。

 それによりますと、整体院は『社会生活を維持するうえで必要な施設』に分類され、休業要請の対象外になります。もちろん、『※適切な感染防止対策の協力を要請』と書いてあるとおり、換気・消毒・健康管理といった感染防止対策の徹底をした上での話しになります。不要不急のリラクゼーションは控える必要はありますが、先日ブログに書いたとおり、ぎっくり腰や、肩こりや首由来の頭痛、神経痛などをガマンして過ごす必要はありません。また、今は出来るだけ自身の免疫力を上げて少しでもウィルスに対抗出来る力を備えておくことが肝心です。整体療法はその一助になります。有効活用してください。

 "stay home"ステイホーム(家にいよう)は、感染しない・させない為のとても有効な手段です。ですから不要不急な外出は避けようと呼びかけているのです。整体を受けることが自分にとって必要かどうかの判断は、ご自分にしか出来ません。必要と感じたのなら、ぜひご連絡ください。

 私は、感染予防の目安として、『不特定多数』をキーワードに気をつけています。スーパーやドラッグストア、コンビニ、銀行、郵便局など利用しますが、そこでの振る舞いにはとても注意を払っています。家や整体院に帰るとまず真っ先に、手洗い、うがい、(水で)洗顔を必ずします。うっかりやってしまいがちなのは、最近はエコバッグも多いですが、スーパーでレジ袋を開ける時に指をなめたり、コンビニで買ったお菓子やパン、総菜などを家に帰って手を洗う前に指でつまんで食べてしまう事です。マックでテイクアウトするのはいいですが、車の中でポテトをつまんで食べるのは安全ではないかもしれません。

 咳やくしゃみといった飛沫感染よりも、手から目、口などの接触感染の方が無防備になりやすいです。外出時、とくにスーパーにお買い物に出る際は、マスクの着用やソーシャルディスタンスだけでなく、自身の手や指に注意を払ってください。

 ちなみに、ざっくりとですが、"stay home" はアメリカで多く、"stay at home" はイギリスで多く用いられるそうです。どちらも正しい英語です。

  

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

免疫力を高めるには

20204129497.jpg

~:~:~:~

 新型コロナウィルスが世界中で猛威をふるい、日本でもまだ感染拡大の勢いが止まりません。そんな中、ここ埼玉県も緊急事態宣言地域に指定されました。不要不急の外出を控え、感染しない・させないを徹底させましょうというものです。ちなみに、つらい症状をかかえて整体院を訪れるのは不要ではないし、いち早い対処が求められるケースが多いです。ぎっくり腰やつらい坐骨神経痛を市販薬の痛み止めでひたすらガマンなんてする必要はないですよ。すぐにでもお電話ください。

 ところで、今回紹介の本『スタンフォード式 最高の睡眠』2017年発行の本ということですが、当時大ヒットしましたね。私は、NHKで「睡眠負債」の話題を取り上げた番組を見て興味を持ち、図書館で借りて読んだのを憶えています。そしてちょうど、私の大好きな動画『中田敦彦のYouTube大学』でこの本のことを紹介していました。なぜ今かというと、「免疫力を高める睡眠は新型コロナウィルス感染の防護策」(動画タイトルより)というのです。

 免疫力の維持・向上には、規則正しい生活、バランスのよい食事、適度な運動、十分な休息と睡眠が欠かせません。その中の睡眠に焦点を当てた本です。私自身、大学生の頃からというか高校3年生ぐらいからずっと5時間睡眠を続けています。中田氏の紹介する話しでは、睡眠負債が溜まっていく状態で、甚だよくないとのこと。2~3年前に読んで反省したはずなのに、すっかり忘れていました。ただ救いがあるのは、私は眠りに入るのがすごく早く、感覚的には一気に深い睡眠に入っているようなのです。「黄金の90分」というらしいのですが、ここは確保できているようです。

 身体が歪んだ状態で、凝りや痛みを気にしている状態で、よい睡眠が取れるとは思えません。免疫力を高める良い睡眠を確保したければ、まずは身体の歪みを取ってください。ウォーキングやジョギングは、適度な運動にはもってこいですし、左右の手足を均等に使うので、歪みを取るのに有効です。そこにストレッチが加わればさらに効果的です。「腰が痛くて、坐骨神経痛がひどくて、歩くのも大変だよ。」、「ストレッチするのはいいけど、左右差ありすぎて自分では直せないよ。」という方、ご安心ください。当院の整体で、正しい状態に戻していきましょう。

 

*当院は、換気・消毒・健康管理に細心の注意を払い、感染予防しております。

*当院は、密閉空間ではありません。施術は1対1なので、密集空間でもありません。

*施術中は密接に近い状態になりますが、マスク着用、手や備品の消毒、タオルを介しての押圧・こまめな交換など、感染予防策を実施しております。直接触れる施術は極力しておりません。

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

整体院に通うことは不要不急には当たりません

202042121848.jpeg

≪いつも清掃・清潔・消毒の3Sを!≫

 

*あさひ整体センターのお知らせにも載せておりますが、ブログにも併せて載せることにいたします

 いよいよ政府による緊急事態宣言が出ますね。埼玉県もその対象地域になります。より一層の感染拡大予防への各自の協力が必要となってきます。

 しかし勘違いしないでいただきたいのは、一歩も外へ出るなというのではないのです。感染しない、させないを徹底して早く事態を終息させようというのが主旨です。

 ですから、スーパーやコンビニ、ドラッグストアでの買い物も、病院への通院も、犬の散歩も全然OKです。ただし、その場合でも感染しない、させないが鉄則です。逆にそれさえ守れるなら出来るだけ健康的な毎日を送るべきなのです。

 整体院に通うことは、不要不急な外出ではありません。むしろ必要なことだと思います。例えばギックリ腰でウンウン唸っていて、ただガマンしろというのはひどくないですか?夜も眠れない頭痛や肩こりをガマンして不眠が続いたら、そっちの方が病気になってしまします。

 整体を定期的に受けることは、免疫力向上につながります。整体は未病状態を健康状態にする療法です。健康でいられれば結果として、体内の少量のウィルスなら退治したり、感染しても、自身の免疫力で無症状や軽症で済ますことが期待出来ます。

 心身ともに辛い状態を抱えたまま、じっと家に閉じこもっていなければならないこどほど嫌なことはありません。それこそストレスで心身に異常をきたしてしまいます。そういう時こそガマンせず、当院へ整体を受けにいらしてください。いっしょにこの非常事態を乗り切りましょう!

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

感染症予防へのご協力をお願いしています

202042121848.jpeg

~:~:~

 当院は、院内の換気、消毒、施術者の健康管理に最新の注意を払っております。安心してご来院ください。

 また、来院時には、手にアルコール消毒のご協力をお願いしております。

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

新型コロナウィルスに対する私の考え

2020330111416.jpeg

2020年3月24日近隣にて

~:~:~

 あさひ整体センターのお知らせに書いた同内容のものをブログの方にも転記させていただきます。

 新型コロナウィルスが猛威をふるっています。新型故に分からない事が多く、不安や恐れがますます増大しています。しかしだんだんと分かってきたこともあります。目安として感染した場合に80%の人が軽症か無症状で自宅療養、15%の人が入院を要する症状、残りの5%の人が重症化し、重篤もしくは死に至るというものです。

 まずは感染をどうあっても避けたいですし、人にも感染させたくありません。しかしもし万が一感染してしまった時に、8割のほう、無症状か軽症で済んでほしいと願うのが当たり前のことだと思います。しかしではどうすればいいのか。

 方法として2種類あります。

 ひとつめは ウィルスの体内への侵入を減らすことです。  取り込む量が少量であれば自然免疫により無症状、軽症で済む可能性が高くなります。手洗い・うがいをしっかりこまめに、手づかみで物を食べない、髪や顔を触らないなどに気をつけてください。手洗いやアルコール消毒で100%ウィルス除去できるわけでありませんが、1%ぐらいに減少できれば自然免疫でも抑制しやすくなります。 マスクも正しく使えば侵入するウィルスの量を減らすことに効果があるでしょう。

 ふたつめは免疫を上げる ・体温を上げることです。基礎代謝を上げたいなら、運動をして筋肉を増やすことです。免疫がアップする食物を積極的に摂りましょう。ヨーグルト、納豆、キムチなどの発酵食品、モズクやめかぶなどのネバネバ系食品などです。昨年、インフルエンザが猛威をふるった中で、R-1ヨーグルトが大ヒットするなど免疫力アップに関心が集まったのを覚えていらっしゃいますか?

 初めてウイルスが体内に侵入した時は自然免疫が攻撃しますが自然免疫自体はそんなに強くはありません。 しかしその後、ウイルス情報により、より強力な獲得免疫が生成されます。しかし、これには時間がかかり数日から1週間と言われています。 数日間、自然免疫で抑え込むためには侵入させるウイルスの量は少なければいいというわけです。  

 かかっても軽症・無症状で済むと言われている8割の側になるためには、日頃から自分の免疫力を高めておくほかないと思います。そのために私は、日頃からお腹を押す、入念にストレッチをする、軽いエクササイズをするなど自力で出来る整体法を行なっています。整体・カイロプラクティックが免疫力アップに有効なことは、これまでに多くの方が提唱・実践して示しています。

 しかし、自分が軽症・無症状で済む身体だからといって、どこにでも出歩いていいわけではありません。換気のない密閉空間、不特定多数が集まる密集空間、見知らぬ人との密着な状態は避けるといった、感染リスクを下げる努力は責務です。その一方で、自分の免疫力を上げる努力も怠ってはほしくないです。あさひ整体センターは、密閉空間、密集空間ではありません。整体の施術時にも、マスク着用、タオルを介しての施術、院内のアルコール消毒等で飛沫感染・接触感染の予防対策をしております。

 ですのでどうぞ安心して、頭痛・腰痛・肩こりの解消に、免疫力アップのためにご来院ください。整体を定期的に受けることは、単なる消費ではありません。なりたい自分になるために、やりたい事が出来る・やり続けるために必要な投資です。ぜひ自分の身体に投資してください。あさひ整体センターは、「受けてよかった」「受け続けてよかった」と実感できる整体をご提供いたします。

 思考停止せず、今この時に、自分の出来ることをしっかりやっていきましょう!

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

「コロナ、コロナも彼岸まで」ではありませんが

2020321164949.jpeg

2020321165029.jpeg

(2020年3月21日近隣にて)

~:~:~

 今年は暖冬で、お彼岸に桜が満開となりましたね。たしか7年前にもそうだったと記憶しています。その時は桜の中の卒業式でした。本来なら今年もそうなるはずだったのですが、新型コロナウィルス感染拡大防止策の一環で、軒並み卒業式が中止となり、越谷市では代替案で先生と卒業生のみでの卒業証書授与式のみ行われることとなりました。

 校門に皆が集まって写真撮影が始まってしまうと防止策の効果が十分でなくなってしまうので、保護者の登校を見送るよう通知がありました。残念でなりません。せっかくなので、桜の花の下で、娘の写真撮りたいものですね。

 「コロナ・コロナも彼岸まで」となって欲しかったのですが、なかなかそうは行きませんね。それでも日本国内では、この未曾有の事態に翻弄されながらも、何とか踏ん張りどころを見せ、パニックをギリギリで回避しようという日本国民みんなでがんばっています。何を恐れながらも、何が出来るのかをだんだんと見極められるようになって来ました。

 むやみに怖がるのでなく、まずはウィルスを体内に入れない事。これはマスク着用、こまめな手洗い・うがい、家庭や仕事場の清掃・消毒が重要になってきます。それと万が一ウィルスが体内に入ってしまった際に、抵抗出来る免疫力を持っている事です。新型といえどウィルス。免疫で撃退可能です。8割が軽症・無症状で、その後自然治癒しています。そのあたりは、既存コロナウィルスによる風邪と同様でしょう。

 ただ、高齢者や、循環器系や呼吸器系に疾患がある方、免疫抑制作用のある治療を受けている方は、ウィルスへの抵抗力が弱く、免疫力が低いと思われるので、新型のみならず感染症にかからないよう配慮が必要です。

 免疫力を高めるには、早寝・早起きといった規則正しい生活習慣、バランスのとれた食事、適度な運動・血行促進、十分な休息及び睡眠、ストレス過多にならないよう気をつける事が肝心です。

 また生徒・児童の健康保持、運動不足解消の為に、学校の校庭や体育館、公共施設等の使用に関して、消毒や換気その他、十分な対策を施した上での使用は推奨される旨の連絡も、スポーツ庁から県のスポーツ協会に出ています。

https://www.mext.go.jp/content/20200317-mxt_kouhou01-000004520_2.pdf(問44・45)

 そして4月新学期からの通常授業や春休み中の部活動再開に向けてのニュースも報道されましたね。入学式も十分な配慮の上、ぜひ実施してほしいと思います。

 世界はまだまだ感染拡大のニュースが連日報道されていますが、こういう時こそ日本が範を示して、感染拡大防止と、様々な文化活動・経済活動を両立させなければならないと思います。

 あさひ整体センターでは、ホームページに記載のとおり、清潔・消毒その他、出来る限りの配慮をし、患者さまをお迎えしております。整体療法には免疫力向上の効果が期待されることは、これまでも提唱されております。頭痛・腰痛・肩こり解消だけでなく、少しでも地域の皆様の健康増進、快適な毎日の実現へのお手伝いをしたいと考えております。

  

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

ページ上部へ