ホーム>あさひ整体センターからのお知らせ>開業13周年を迎えました!
あさひ整体センターからのお知らせ

開業13周年を迎えました!

 今日10月25日は、『あさひ整体センターの誕生日』なんです。

 13年前の2005年、平成17年の秋、あさひ整体センターを開業しました。そして14年目を迎えます。私自身がギックリ腰で辛かったのを、整体で治してもらったのをきっかけに、整体の道を志したのは、2002年。日韓W杯サッカーの年でした。その時、私は35歳。すでに上の娘もいた私にとって(妻にとっても)、とても大きな決断でした。

 しかし、そのままサラリーマン、会社員生活を送るより、整体でさまざまな方の、辛い、お悩みの症状を改善したい。自分が経験したような痛み、苦しみから解放されてほしいという思いが勝ってしまいました。腰痛解消、O脚改善、骨盤矯正から、辛い肩こり、頭痛の消失まで、本当にさまざまの患者さまが来院される整体院になりました。

 最近は、平日の夕方に空手道場の指導、日曜日に空手道大会の審判や整体のセミナー参加など、整体院を不在にする時間帯が増え、いつでも気軽に来れるというイメージから、本当に辛い症状を無くしたい。どこに行っても一向に良くならなくて困っている。という真剣に治したいという患者さまに来ていただく整体院になっています。

 とくに肩こり、首の凝りやズレから来る頭痛には、当院の整体はとても効果があるとお褒めの言葉をいただいています。また、最近は、オスグットやシーバーなど成長期のお子さんの脚の悩みの相談も増えていますね。これは、私が空手に、指導員、選手両面から携わっていることも関連していると思います。アスリートの身体の悩みについては、スポーツをしていないと実感出来ないことも多いですしね。

 ちなみに、今日、10月25日は、くしくも『空手の日』だそうです。『空手の日』は、1936年10月25日に琉球新報社主催で開かれた空手家の大家による座談会で、名称が『空手』に統一されたことに由来し、沖縄県議会が2005年に、『空手の日』宣言を決議したとのことです。

 唐手、手(テイ)、沖縄手などさまざまな呼び方があったのを、現在の『空手』に統一したというのは知っていましたが、それを決める座談会があって、しかもそれが10月25日だったなんて、最近まで知りませんでした。機会があれば、『唐手』の技法も学んでみたいですね。

 護身術、格闘術、武術、武道などは、殺法、活法に通じ、ひいては、整復術、整体法に通じる部分もあります。空手という武道を学んでことによって、それが整体法や患者さまに接する所作につながっていけばと考えています。

 14年目を迎えるあさひ整体センターの更なる飛躍に、ご期待ください!

 

 

 

ページ上部へ