ストレートネックを改善する方法は?原因とセルフチェック法も紹介

ストレートネックは、現代人によく見られる症状のひとつです。

放っておくと全身の不調につながるため、早めの対処が大切です。

この記事では、ストレートネックを改善する方法や、ストレートネックになってしまう原因、セルフチェック法なども紹介しますので参考にしてください。

 

ストレートネックとは?

ストレートネックとは、本来緩やかなカーブを描いている首の頚椎が、まっすぐになってしまっている状態のことです。

前傾姿勢を長く続けると頚椎のS字カーブが失われ、ストレートネックの原因となります。

ストレートネックにより、首の痛みだけでなく、肩こりや頭痛など、さまざまな不調があらわれる場合があります。

 

ストレートネックをセルフチェック

自身がストレートネックになっているかは、以下の2つの要素からセルフチェックできます。

大まかな目安を紹介しますので、参考にしてみてください。

 

  • 姿勢
  • 症状

 

姿勢

壁を使って、以下の動作をしてみてください。

 

  1. 背中を壁側に向けて立つ
  2. かかとを壁に当てる
  3. お尻と肩を壁に当てる

 

かかと、お尻、肩が全て壁についた状態で、自然に頭がつくかどうかを確認します。

頭がつかない場合や頭をつける際に息苦しさや痛みがある場合は、ストレートネックが疑われます。

 

症状

ストレートネックには、さまざまな身体症状が伴う場合があります。

以下のような症状がある場合は、ストレートネックが原因かもしれません。

 

  • 首こり・肩こり
  • 上を見るとき、首に痛みがある
  • 疲れ目・ドライアイ
  • 睡眠不足
  • やる気が出ない

 

ストレートネックを放っておくと、首周りの神経が圧迫され、あらゆる症状を引き起こします。

当てはまる症状が複数ある場合には、早めに対処するようにしましょう。

 

ストレートネックになる原因

ストレートネックになる原因には、主に以下の3つが挙げられます。

 

  • スマホやパソコンの長時間使用
  • 猫背や反り腰
  • 合わない枕

 

スマホやパソコンの長時間使用

ストレートネックは、「スマホ首」との別名もあるほど、スマホやパソコンを長時間使用する現代人に多い病気です。

スマホやパソコンを操作するとき、首は自然と肩より前に突き出す姿勢になりがちです。

この姿勢は、頭の重みによって首に大きな負担をかけることになり、負担がかかり続けると頚椎がまっすぐになって、ストレートネックを引き起こします。

 

猫背や反り腰

日頃の姿勢が悪い人は、ストレートネックになりやすくなります。猫背は頭が前に出る前かがみの姿勢となり、首に負担をかけます。

また、妊娠や出産を経験した女性に多いのが、骨盤が前傾する反り腰です。反り腰は腰だけでなく、首にも負担をかけるためストレートネックの原因となります。

 

合わない枕

人は毎日6〜8時間ほどの時間を睡眠に費やすため、睡眠時の姿勢もとても大切です。

合わない枕を使い続けると、首に大きな負担がかかります。高すぎる枕は、常に下を向いているような姿勢になります。

また、柔らかすぎる枕は、頭を安定させるために首に力が入ります。高さや柔らかさが適度な枕を選ぶことで、ストレートネックを予防できるでしょう。

 

ストレートネックの改善方法4つ

すでにストレートネックの症状があらわれている場合でも、改善する方法があります。ここでは、以下の4つの方法を紹介します。

 

  • ストレッチ
  • デスクワーク時の姿勢を正す
  • 病院へ行く
  • 整体院へ行く

 

ストレッチ

ストレッチは、首周りの凝り固まった筋肉をほぐすのに有効です。

ストレートネックの症状を緩和するためには、首だけではなく、肩や背中など広域を動かすストレッチがオススメです。

 

デスクワーク時の姿勢を正す

デスクワークで長時間座っていることが多い人は、正しい姿勢を意識しましょう。

以下は、デスクワーク作業中の姿勢のポイントです。

 

  • ディスプレイと顔が40センチ以上離れた位置に座る
  • 目線は水平よりやや下になる高さの椅子に座る
  • 肘の角度は90度以上に保つ
  • 背もたれに背中がつくまで深く座る

 

疲れてくると姿勢も乱れやすくなるため、時折立ち上がって歩いたり、少しストレッチをしたりするのもよいでしょう。

 

病院へ行く

ストレートネックの症状がひどいときは、病院での治療も検討できます。

整形外科では、レントゲンで骨の状態を見た上で、内服薬や点滴治療など、痛みにアプローチした治療をおこないます。

 

他の病気や怪我が原因で、ストレートネックに似た症状があらわれる場合もあります。

病院では、他の原因の診断もできるため、首の痛みが慢性化している場合は、診察してもらうとよいでしょう。

 

整体院へ行く

整体院では、骨や筋肉のバランスを調整し、ストレートネックの緩和に期待できます。

悪い姿勢や筋肉のこりが固定化されてしまっている場合、セルフケアだけでは改善が難しい場合もあるでしょう。

専門家からアドバイスをもらえば、根本解決に近づけるはずです。

 

まとめ

ストレートネックは、首に負担がかかり続けることによってS字カーブがなくなりまっすぐになってしまう症状です。

首には多くの神経が集まっているため、重症化すると首の痛みだけではなく、全身の不調につながります。

 

「あさひ整体センター」では、姿勢改善のメニューをご用意しています。

「お腹のほぐし」で機能の活性化を図り、「筋肉のほぐし」と「骨格の調整」をバランスよく組み合わせた3ステップ施術が特徴です。

 

人間に本来備わっている自己回復力を高め、腰痛・肩こりといった痛みの解消・緩和や骨格の歪みの改善などをするお手伝いをしています。

ストレートネックでお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

2023年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728