空手道のこと

備わっているんだから使おう

空手の生徒でどうしても、一所懸命になりきれない生徒がいるのですが、形稽古の最中になぜかクスッと笑ってしまうのです。まったく集中していない証拠ですね。 昔の私なら、「しっかりやれ!」と叱責していたのですが、最近は歳を取った…

話しが通じなくて悲しい思いになりました

空手の稽古で、なかなか真面目にやってくれない生徒がいるのですが、注意をしても『馬耳東風』なのです。どんなに真剣にこちらの話しを伝えようとしても、通じている様子がなくて、なんだか無性に悲しくなってしまいました。これはもう完…

空手道大会の審判を務めて来ました

空手道大会の審判を務めて来ましたサムネイル
10月30日(土)、東京武道館である協会の空手道大会が開かれました。もちろん、感染対策は万全です。 私のコートで行われた小学5年女子の上位の試合は、形も組手もほとんど中学生顔負けの素晴らしい試合でした。そういう試合の審判…

越谷市連盟から表彰されました

越谷市連盟から表彰されましたサムネイル
越谷市空手道連盟から今年の優秀選手として表彰されました。関東マスターズ大会には進めませんでしたが、県大会で3位入賞したことが表彰の対象となったそうです。 来年には、ワールドマスターズにも出場予定ですので、指導のみならず、…

一事が万事

一事が万事サムネイル
『一事が万事』。このことわざを知ったのは、子供の頃で当時もなんとなくその意味は理解していたのですが、歳を重なるにつれ、ますますそのとおりだと実感するようになりました。 よく、空手の指導時にプチ説教が始まってしまうのですが…

久しぶりに大会審判務めました

久しぶりに大会審判務めましたサムネイル
昨日の日曜日、久しぶりに県内のある地域の空手道大会の審判を務めてきました。 十分に感染対策気を配り、学年毎の入れ替わりで一度に入る人数も多くならないよう配慮されておりました。 久しぶりの大会、ひょっとしたら今日がデビュー…

ほめて & そだてる ⇒ 難しい?

ほめて & そだてる ⇒ 難しい?サムネイル
空手の指導をしていると、本当に気づきや反省、思考の繰り返しです。今は昔ほど怒らなくなったと自覚しているのですが、それでも未だに『ほめて育てる』というのが出来ていないと実感します。 ほめるのは出来るのは出来る(それも苦手で…

『空手 五輪に歴史刻む』

『空手 五輪に歴史刻む』サムネイル
令和3年9月17日(金)毎日新聞に特集記事が掲載されてました。 BS放送でライブで観れる時はライブで。仕事で観れないのは録画して観ました。世界最高峰の戦いに年甲斐もなくワクワクしました。 賛否両論ありましたが、やはり私は…

今年一年を振り返って…漢字は『改』

 今日はもう大晦日。今年もしっかり最後まで整体の施術をさせていただきました。ありがとうございました。今年はコロナ禍に振り回された一年でしたね。改めて自分の仕事や身の回りのこと、人間関係に至るまで、実感する事、思い知らされ…

手段の目的化・目的の手段化

 『手段の目的化』とは主に、元来ある目的を実現するために手段を選択したはずなのに、気づいたらその手段の実行自体が目的化してしまうことを指します。あまりいい意味に使われませんね。ただ私はそれが必ずしもマイナスだとは思ってい…
2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031