バス停に椅子

丸いす
~:~:~  先週末あたりから、整体院の目の前のバス停に、誰かが椅子を置いたようなのです。足の不自由な方か、もしくはその付き添いの方、あるいは、荷物を道路に直接置きたくない方が、家で余っていた物でも持ってきたのでしょうか。  たしかに、バスを待つ数分の間でも、腰かけられたり、荷物を台の上に置けたりしたら便利でしょう。きっと、椅子を置いた人は、「こんな便利な物、他の人も喜んで使ってくれるはず。」と思って置いたのかもしれません。しかし、それでいいのでしょうか。  まず、杓子定規に言うと、歩道に、勝手に私物を放置してはいけません。バス停は歩道にありますから、当然この椅子も歩道にあります。歩行者の安全な通行の、妨げになるおそれがあります。 それに、何よりこの椅子、木製でとても軽いのです。風にでも飛ばされたら、通行中の歩行者や自転車に当たったり、路上に転がって、自動車事故を引き起こす恐れが十分にあります。おそらく、この椅子を置いた人はそこまでは考えていないでしょう。  しかし、このあたりがとても北風が強いのは、近くの住人なら誰でも知っているはずです。こんな椅子、ちょっと強い風が吹けば簡単に倒れてしまいます。実際に、整体院前の白いスタンド看板が、足元をブロックでしっかりと押さえているにもかかわらず、毎年1~2回は、風で倒れてしまいます。自分のいっときの利便性のために、歩道・道路を危険にさらすのは迷惑行為だと思います。もし、椅子を置いた本人や関係する方がこのブログを見ていたら、至急片付けるようお願いいたします。  患者さんを外まで見送った時など、気が付いた時は、とりあえず椅子を横倒しにしてはいるのですが、しばらくすると誰かが使うらしく、また立ててあります。どう対処していいか正直、困っています。  *ゴミとして処分するとしても、燃えないゴミではないし、燃えるゴミとしては大きすぎます。のこぎりで切ってしまおうか・・・いやそもそも、人の物を勝ってに処分していいのか?*落し物として警察に連絡しようか。*バス停にあるのだから、バス会社の管理になるのか?  持ち主が引き取る可能性もあるので、しばらく様子を見てから自治会の班長さんに相談しようかと、現時点では考えています。しかし、何か事故が起きては遅いので、それも心配なのですが、どなたかいい考えありましたら、コメント欄に書き込みお寄せください。 ~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~  「これくらいの事ならかまわないだろう。」 たとえ軽い気持ちからでも、自分の勝手な判断や行為が思わぬ事故につながる事があります。あなたはその時、きちんと責任を取れますか?
2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930