久しぶりの安かろう悪かろう○

kome.jpg ~:~:~

 先日あるお店で、店頭に置いてあったお米10kgを1袋買いました。10kg2,600円で、安くていいなと思って、つい買ってしまったのです。実はそれがとんでもないくず米だったのです。上の写真の左側がそれです。米のつぶも小さく、欠けたものや、白くなっているものも多く、ここまでひどいのを買ったのは初めてです。それでも炊いて食べてみたのですが、つぶが小さいせいか、なんだか雑穀を食べているようでした。香りも古臭く、ひょっとしたら古米なのかもしれません。娘は、「ひなあられみたいな味がする」と評していました。

 買った袋も捨ててしまい、レシートもないので、お店に文句を言ってもしようがないので、返品には行きませんが、とても残念で、くやしい思いです。「食べ物のうらみはおそろしい」と言いますが、別にこのお店の悪口を言いふらす気は毛頭ありませんが、もう二度とここではお米を買う気になれません。

 しかし、このままネガティブで終わってもつまりません。そうならばと、騎西に住む農家の友人を思い出し、連絡を取って、お米を売ってもらいに行って来ました。それが上の写真の左側です。銘柄はもちろん、『彩のかがやき』です。粘りがあり、炊き立ての香りがとてもよく、美味しいです。クルマで片道1時間ほどかけて行かなくてはならないので、まとまった空き時間がないと買いに行けません。しかし今回は、このくず米をガマンして食べ続けることは、どうしてもできそうもないので、時間を作って行って来ました。

 スーパーで5kg1,800円前後くらいで売っている茨城コシヒカリも十分美味しいですが、今回買った彩のかがやきは良いですね。精米し立てっていうものあるんでしょうか?お店でくず米を買わなければ、米を買い直しにわざわざ騎西まで足を運ぶこともなかったかもしれません。そう言った意味では、くず米を売ったお店には、いいきっかけを作ってくれたのだと思うことにします。

 友人のお母さんには、「食味が落ちない程度に、今のお米を少しずつ混ぜて、食べればいいよ~」とアドバイスをもらいました。くず米とは言え、捨てるには忍びないので、チャレンジしてみようと思います。

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。

http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031