星奈津美選手、金メダルおめでとうございます!

『星 病乗り越え涙の金!女子200バタでリオ五輪切符 』 水泳世界選手権第14日 (8月7日 ロシア・カザン)

 奇跡の金メダリストだ。12年ロンドン五輪銅メダルの星奈津美(24=ミズノ)が2分5秒56で優勝した。五輪、世界選手権を通じ、女子200メートルバタフライでの日本人の金メダルは初めて。バセドー病を克服し、昨年末から04年アテネ、08年北京五輪連続2冠の北島康介(32=日本コカ・コーラ)を育てた平井伯昌コーチ(52)に師事。完全復活し、世界選手権で日本女子初の金メダルを手にし、来年のリオデジャネイロ五輪の代表権も獲得した。

 こんな瞬間が訪れるとは思わなかった。序盤から好位置につけ、残り50メートルで3位浮上。じわじわと上位陣を追い上げ得意の展開に持ち込んだ。「持ち味を生かしたレースが久しぶりにできた」。最後は体半分ほどリードして静かにタッチ。ゆっくりと掲示板を見上げ、柔らかい笑みを浮かべ「今までやってきたことを出そうと思っていた。感謝の気持ちを強く持って表現できるような泳ぎをしたかった」。奇跡の復活劇に涙が頬を伝った。

 試合前、ある決意を口にした。「リオまでしか考えていないところがある。世界水泳も最後と思っている」。ここから最後の1年の競技生活。「これからもう来年に向けてスタートできる。本当にいい結果を出せるようにしなきゃいけない」。金メダリストとして臨む花道を、有終の美で飾る。(Sponichi Annex より)

~:~:~

 世界水泳、今大会ようやく日本人金メダルが出ましたね。しかも、それがあの星奈津美選手とは、喜びもひとしおです。星選手は、越谷市・弥栄町の出身らしく、私は直接は存じ上げないのですが、整体院に来られる患者さんの中には、「小さい頃、近所に住んでたよ。」とか、「子供が同級生だった。」なんて方もいらっしゃるくらいです。ロンドン五輪で銅メダルを獲得した時も、眠い目をこすって応援していましたが、今回は金メダルという最高の結果で、本当にうれしいです。

 バセドウ病の手術後、昨年末から、北島康介を始めとする多くのメダリストを育て上げた平井コーチの指導を受けて、この世界選手権に臨んだということですが、もちろん本人の努力のたまものなのですが、それにしても、平井コーチってすごいなってあらためて思いました。甲状腺除去手術に踏み切らなければならない状態の選手を、1年も経たずに世界一にしてしまうのですから。

 シンクロの井村コーチしかり、越谷市の某中学校吹奏楽部の顧問の先生しかり、やはり1年も経たずに素晴らしい結果を選手・生徒に残してあげています。指導者で教え子達は、別人のように変わりますよね。選手のやる気や、持っている力を引き出す指導法が、どれだけ重要か思い知らされました。

 星選手は、五輪、世界選手権を通じて、日本人初の女子200メートルバタフライ金メダルということで、これはもう快挙というほかありません。来年のリオ五輪の代表にも決まり、ますます期待が膨らみますね。これからの活躍ますます楽しみです。越谷市民として日本人として、応援していきたいと思います。 

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

2021年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930