チャンスを掴む人になろう!

 先日、お昼の休憩中にテレビを観ていたら、『その時チャンスは舞い降りた!』という番組をやっていました。道行く人に、いきなり、「今すぐスカイダイビングしませんか?」と言ってみたり、「今すぐ北海道で本場の海の幸を堪能しに行きませんか?」と言ってみたり、「今すぐ告白しませんか?」と言ってみたりするもの。時間の都合上、始めの2つしか観れませんでしたが、なかなか面白かったです。

 「スカイダイビングとか、やってみたいと思いません?」と、インタビューすると、「やりたい。一生に一度はやってみたい!」と口にはするけど、本当に、「じゃあ、今から行きませんか?」と聞かれると、ほとんどの人は断ってしまいます。この日は大晦日から元日に変わった夜のタイミングでした。たしかに先約が入っている場合もあるでしょうが、いきなり目の前に、チャンスが来ても、それを掴む勇気というか、ふんぎりというか、なかなか出来ないのでしょうね。

 北海道の贅沢一泊旅行も、ホテルから料理から、、本当に自分では企画できない贅沢なものでした。テレビの情報バラエティ番組を見ながら、「あー、一度はこんなことに行ってみたいものだね~」とつぶやくのですが、いざ本当にそのチャンスが目の前に転がっていても、たいていの人はそれを拾おうしないのです。そして、その幸運を手にして人をテレビで観て、「あー、私だったら、絶対行くのになぁ。」と言うのです。不思議ですよね。

 振り返って、私の下の娘ですが、今年度4月から一年間、山村留学に行っています。昨年夏に、妻がパンフレッドを持ち帰って、娘に見せたところ、目をキラキラさせて、「私、行ってみたい!」と言うのです。これには本当に驚きました。1年間、親元離れての集団生活ですよ?その間、こちらの友達とも会えないのですよ?その後、実際に現地を見させてもらったり、2月に面接に行って、話を聞いても、まったく決心は揺るぎませんでした。そして娘は、山村留学という人生でとても貴重な経験をするチャンスを掴んだのです。

 患者さんや知り合いの方に、娘から聞く、実際の山村留学での集団生活の話し、たとえば、「テレビ無し、ゲーム無し、豊かな緑や清流あり、タケノコ掘りや田植え、稲刈り、茶摘みなど様々な自然体験学習あり、剣道や和太鼓まで教えてくれます。」などと言うと、「素晴らしいことだね。」とか、「娘さん、えらいね~」とか、「ウチもやらせてみたいわ~」とか、言われるのですが、本当にさせてみたいと、真剣に話しを聞きに来る人はいません。自分の娘を見ると、それは本当にもったいないことなんですけどね。

 そう思うと、あの時、母親からもらったチャンスを逃さなかった娘は、本当に偉いと思います。そして、実際に、今後の人生に良い影響をおよぼすであろうとても貴重な経験をしています。いざという時、こういった決断を出来たということ。そしてそれが素晴らしい成功体験になったということ。娘にとって一生残る素晴らしい財産です。

 チャンスはいろんなところに転がっています。それを掴むか掴まないかは、ほんの小さな勇気です。自分も、チャンスを掴む側の人間でありたいと思います。

 

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031