ホーム>整体師のミカタ>整体のこと>48『才』を迎えて
整体のこと

48『才』を迎えて

201511617511.JPG

(大宰府天満宮にて。桜門『登龍門伝説 飛龍天神ねぶた』)

~:~:~

 私ごとで恐縮ですが、11月5日、昨日誕生日を迎え、めでたく48歳となりました。 そしてそれよりも少し前、母と福岡に旅行に行って参りました。旅行先のひとつである大宰府天満宮では、合格祈願の人と、七五三の人と、外国人観光客(おもに中国人)でとても混んでいました。私も、娘と姪っ子らの合格を祈願して参りました。

 48才といえば年男。節目の年ですね。この歳まで、元気に整体の仕事をして、空手道を続けられる丈夫な身体で産んでくれた母に、ただただ感謝です。七五三参りに来ている家族の微笑ましい姿を見て、さらに一層そう感じました。母とここに来られて本当に良かったです。

 年を数える歳は、才とも書きますね。才は『才能』の才、つまり『生まれつき備わっている能力』という意味です。母から、五体満足のこの能力を備えてもらえなければ、整体師にもなれなかったかもしれないし、空手もできなかったかもしれない。親からもらった『才』に、自分の努力をひとつひとつ毎年毎年積み重ねて行って48年経ちましたっていう意味が、48才という言葉にあるような気がなりません。

 実は自分には取り得というものがありません。芸術的センスもないし、体力的にもまったく秀でていません。しかし、何か自分で決めたことを、飽きずに継続するということは、昔からそんなに苦ではありませんでした。「がんばれば、がんばった分だけ、良い結果が待っている」という成功体験を小さい時に出来たおかげで、何かに向けて努力をするということが好きになれたのです。そんな『才』を親から授かった自分は、本当に幸せです。

 これから、50才、60才と節目の年を迎えて行きます。体力的には落ちていくのかもしれませんが、スキルは磨くことが出来ます。整体のスキルアップも、空手道の追及も、親からもらった、この『努力する才』があれば、年齢に関係なく、いや年齢を重ねていくにしたがって、ますます突き進めていける気がします。

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.asahisc.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1576

ページ上部へ