今年一年を振り返って…漢字は『改』

 今日はもう大晦日。今年もしっかり最後まで整体の施術をさせていただきました。ありがとうございました。今年はコロナ禍に振り回された一年でしたね。改めて自分の仕事や身の回りのこと、人間関係に至るまで、実感する事、思い知らされる事が多かった一年でした。

 整体の方は、1月こそ前年並みでしたが、2月後半くらいから予約、来院数が減り始め、全国の小中高校の一斉休校が始まった3月、緊急事態宣言となった4月、5月は半減、激減となりました。余波はその後も続き、前年並みに回復してきたのは7月くらいからでしょうか。とくに4月、5月は空手の稽古もお休みとなり、生徒らにも会えず、自分の稽古もままならず、ストレスも極度に溜まっていました。

 よく「日々当たり前の事に感謝し、、、」と言いますが、頭では分かっていても実感はあまり湧きませんでした。しかしながら今回の事で大きく考えが改まりました。私はいつのまにか、「整体院に予約した患者さんが来るのは当たり前」、「夕方、空手の稽古があるのは当たり前」、「日曜日に空手の大会や講習会、整体のセミナーがあるのは当たり前」と思い、特段それに感謝をするという意識を持っていませんでした。

 しかし状況は一変しました。そんな中、緊急事態宣言中に当院を信頼して整体を受けに来てくださる患者さまには、本当に感謝に気持ちでいっぱいでした。空手の稽古が再開出来た時、みんなに会えただけで本当にうれしかったです。当たり前は自然に当たり前になっているんじゃない、みんなで誰かの当たり前を作っているのだと。当たり前の事が出来る今日がどんなに幸せで有難い事なのか骨身にしみました。そして自分も誰かの当たり前を作るお手伝いをしていきたいと強く思いました。

 新型コロナの世界的な猛威は収まらず、日本でも第3波と言われるように日毎に新規感染者、重症患者は増える一方です。そのような状況下、整体院では『換気』『消毒』『健康管理』、空手稽古時にさらに『3密を避ける』など常に感染予防に細心の注意を払い、出来るだけ当たり前の日常に近い活動、精神状態を保つよう心掛けています。行動改革、意識改革をしなければ、ウィズコロナは出来ません。ただ息を殺してガマンするだけでもダメですし、何も考えずに開き直って行動するのは愚の骨頂、みんなの迷惑です。

 特に年の前半はかなりつらかったでしたが、様々な方に支えてくださったおかげで乗り切る事が出来ました。おそらくそこで私は精神的に強くなれたのだと思います。それが、今年の空手の全国組手審判員の合格につながったのだと考えています。講習会もなく、実戦経験もほとんどない圧倒的不利な状況でありながらネガティブな思考にならず審査会に挑めたのには、ほかに理由が思い当たらないのです。

 以上の文面で、私の今年の漢字が『改』なのはご納得いただけたでしょうか?令和3年がどのような年になるのか皆目見当もつきません。しかしながらどのような状況下におかれようと、自分自身を見失わず、信念を持って行動すれば道は開けると信じてがんばるほかありません。「正しい方向を向いて、出し惜しみなく努力する」それで今まで結果を出して来ました。これからもそれを続けていきます。これを改める気はありませんが(笑)

 一年間ありがとうございました。令和3年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

2021年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930