主観と客観

物事を見たり考えたりする時は、感情的にならず冷静的に。つまり、主観的に見るのでなく、客観的に見る事が大切であるということなのですが、これについてはほとんどの人が同意するでしょう。しかし、そうは言ってもなかなか出来ないのもまた人間ですよね。

私は、人に否定をされるのが嫌なタイプなので、物事を言う時は、なるべく客観的に正しい物をベースにして話すよう心がけています。自分がそう思うのは単に好き嫌いでなく、根拠があるという事ですね。それでも、相手からは、「いや、そうは思わない。」と言われる事もしばしばあるのですが。

ただ、自分の好き嫌いや感情を表に出して言う方が良い場合もあります。いわゆる『I message(アイメッセージ)』というものです。自分の感情を相手に素直に伝え、判断は相手に任せるというものです。自分の主張を正論を振りかざして押し通すのは、いくら正論でも少々乱暴な気がします。客観的に正しいはずの正論なのに乱暴に感じるのっておかしいですね。それよりも正しい正しくないの話しではなく、『私はこう感じる』と話した方が相手も意見を言いやすく、建設的な話しなりやすいです。

人間は感情の動物であると同時に高度な理性を併せ持ちます。主観と客観、この両輪が備わってこそ人間なのかもしれませんね。

 

☆越谷市で整体なら、せんげん台のあさひ整体センター

《頭痛・腰痛・肩こり・神経痛・猫背・骨盤の歪み解消》

☆越谷市で空手を習うなら、剛柔流空手道越香会/弥栄・桜井・桜南空手クラブ

《心身の向上・健康増進・護身術》

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031