自信を持つ、だけど満足はしない

昨日の日曜日、3年振りの越谷市空手道選手権大会が越谷市立総合体育館サブアリーナで行われました。感染対策を意識し、午前・午後の2部制を採用しました。目立った混乱や問題もなく、無事成功裡に終わったと思います。大会準備や運営に関わった関係者各位、とくに出席を快諾くださった審判員の先生方には感謝してもしきれません。大会当日不慣れな中、お手伝いしてくださった各団体のスタッフの方にもお礼を言いたいです。

そうやってなんとか開催にこぎつけた大会、良い試合がたくさんありました。中学生男子の組手の決勝戦は見ごたえありましたね。たくさんの選手の輝ける姿を見て、本当によかったと実感しました。

振り返って、私の教える空手クラブの生徒達もがんばっていました。優勝者はいませんでしたが、形や組手で3位入賞や敢闘賞獲得者は複数いました。結果がすべてという考えは好きではありませんが、がんばりの結果が目に見えるのは実に気持ちいいものです。私自身がマスターズ大会を通して感じているところです。*優勝者、いました!小6女子形の部で桜井空手クラブの生徒が優勝していました。水曜日の稽古の時に教えてくれました。おめでとう!おめでとう!うれしいです。

もし結果が自分の目標に届いていないものだとしても、この時点での結果に自信を持ってもらいたいと思います。たとえ緒戦敗退でも、真剣に形をやりきった、組手で相手の圧力に負けず、一所懸命に技を繰り出せたのなら、おおいに自信を持っていいです。自分で自分を褒めましょう。

その一方で満足しない姿勢も大事です。自分程度の実力じゃ勝てっこないとか、負けても全然気にしないとかでは進歩や成長は見込めません。がんばったらがんばった分だけ、試合で良い結果が得られるチャンスが増え、もっと良い気分を得られる、もっと良い景色が見れるチャンスが出てくるのです。それをみすみす逃してしまうのはもったいないことです。またチャレンジしている瞬間は他のことを一切気にしない自分だけの充実した時間です。幸福な時間だと私は思っています。

現状に満足せず、次のステップに挑戦し続けることは、自分自身の成長につながるだけでなく、それ自体が楽しいことなのではないでしょうか。「ふざけて楽しい」ではなく、「真剣にやって楽しい」この感覚を味わえる人は幸せだと思います。

次のステップに挑戦する気持ちを持つためにも自信は必要です。

 

*このブログの感想をお聞かせください。あさひ整体センターのメールフォームのお問い合わせをご利用いただくか、Twitterへのメッセージでもお待ちしております(https://twitter.com/ken1sakata2)。

☆越谷市で整体なら、せんげん台のあさひ整体センター

《頭痛・腰痛・肩こり・神経痛・猫背・骨盤の歪み解消》

2022年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930