中学生冬季大会に審判員として参加しました+オマケ

本日は、志木市で行われた県中学生冬季大会に審判員として参加しました。

来年3月に開催される全中選抜の代表選考会を兼ねており、参加選手の真剣さがひしひしと伝わって来て、寒さに丸くなりそうな背中がシャンとなりました。


形3-2で惜敗して悔しい表情の選手、代表圏内に入り、喜びを顕にする選手、組手で接戦を制して、安堵する選手、皆真剣そのものでした。


私達も新ルールに備え、準備をして臨んだおかげで目立ったミスもなく、出来うる限り公平公正なジャッジが出来たのではと思います。

また、開始式の中で、福田会長代行が会場の志木市に掛けて、志しを持つ若い木が、大地に根を張り、幹を太くし、枝葉を伸ばして、目標に向かって努力した成果を発揮する場に、この地はふさわしい会場ではないかとおっしゃっていたのが印象的でした。

加えて、会場で理事長先生から直々に、公認六段位の免状を手渡していただきました。サプライズのうれしいクリスマスプレゼントになりました。来年はいよいよ全国形審判員資格に挑戦しようと思います。中学生達の真剣に勝負に挑む姿から力をもらって自分も更なる高みを目指して来年も頑張って行こうと思います(^-^)/

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829