とくに減量続けているわけではないのですが

weight562_convert_20090501002002.jpg ~:~:~  今日は、朝から予約の方がコンスタントに入っており、終日、整体院で施術をしていました。途中夕方、空手道場に稽古の様子を見がてら、娘達を迎えに行きましたが、私自身道着に袖を通すことはありませんでした。しかし、整体の仕事はかなりがんばったので、今日は体重がいつもより少ない感じがしていました。夜、晩御飯前に入浴を済ませた後、体重計に乗ったら、56.2kgと最軽量を更新していたというわけです。  前回、56.4kgを記録した時は、自分の稽古もして汗びっしょりかいてのものですが、今回は日中そんなに汗はかいていませんから、もし稽古後だったらもっと軽い表示が出ているかもしれませんね。  ちなみに、私は、いつも患者さんには誠心誠意真剣に向き合うようにしていますが、施術を汗だくになってやることはありません。汗水垂らしながら施術をする姿に、一所懸命さを感じる患者さんもいると思いますが、それでは、おそらく力まかせの施術になってしまいますし、筋肉疲労が蓄積した状態では、朝一番の患者さんと同じように、夜の最後の患者さんに質の高い施術が維持できる自信がありません。  最近は、食生活ではあまり制限をかけておらず、アイスやかりん糖、チョコクッキーなどお菓子も食べています。もちろんドカ食いとかはしていませんが。体重がリバウンドせずに維持、またはさらに減少傾向にあるのは下記の2つが要因としてあると思います。  ひとつは、「改善された食生活が抵抗なく持続していること」 です。晩御飯時の脂質を少なめにし、その分、朝しっかり食べる。食後に甘い物を摂ってもかまわないが、できるだけ食後、就寝まで2時間以上空ける。これがそんなに意識せずとも自然と日々の食生活の中であたりまえになってきました。  もうひとつは、「毎日のごく軽めのエクササイズとストレッチングの継続」 です。軽めの筋肉への刺激、とくに腹部への筋肉への刺激を毎日繰り返すことによって、腹部に脂肪が付きにくい状態が維持されているのだと思います。過剰に摂取されたカロリーは蓄える場所が見当たらず、消費に回すしかなくなります。結果的に代謝も上がっているかもしれません。つまり、やせやすい状態が常にできているというわけです。  これから夏に向けて、さらに体重が落ちやすくなりますので、やせ過ぎないようにもコントロールしつつ、健康管理に気を配っていきたいと思います。 ~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~ 健康管理は自己管理。体重管理も健康状態を維持する上で、重要な要素です。
2023年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728