バス停に椅子 その2

 先日のブログで、突如、整体院の前のバス停に椅子が現れた話しをしましたが、その時の椅子は、結局次の燃えないゴミの日に、収集車が持っていってくれました。これで、やれやれひと安心と思っていたのですが、今週の月曜日にまた、新たな椅子現れました。今度は、事務用のキャスター付きの椅子です(写真は撮りませんでした)。しかも、今回は、そのほか4号バイパスへ向かう道路沿いのバス停2ヵ所に同様に椅子が置かれていたのです。確認できるだけで全部でで椅子は3脚になります。これはいったいどういうことでしょう。  どこかの会社で、不要になった椅子の処分に困って、この道路のバス停付近に捨てていったのか?ご近所の誰かが、善意のつもりで椅子を提供していったのか?まったく分かりません。ただひとつ言えることは、この椅子が歩道を歩く人や、自転車で通る人のじゃまになっており、それにもまして、この椅子が風にあおられ、車道に転がってしまった時には重大な事故につながり、たいへん危険であるということです。  とりあえず、私の整体院の前の椅子は、キャスターで移動しないようにひっくり返して、ゴミ収集場所に移動させておきました。まだ燃えないゴミの日までしばらくありますが、しかたありません。本当はそれまでの間に、この椅子の本来の持ち主が撤去しにくればいいのですが、おそらくそれは期待できないでしょう。もし、持ち主が特定できたら、置いた理由をぜひ聞きたいです。そして、二度とこのような身勝手な危ないまねをしないよう申し伝えたいです。  実は、他の2ヵ所のバス停の椅子については、そのままにしてあるのが現状です。私もどこまで手を出していいのか分かりません。しかし、少なくとも私は、この3年間、ほぼ毎朝、このバス停付近を掃除しています。そのバス停にゴミや危険物があれば排除するくらいの権利はあると思っています。朝の掃除については、もうひとり、山本歯科さんの業者さんも、歯科医院の周りを掃除する際に、バス停の方まで掃除をされているようです。今回、椅子を置いていった人は、もし善意で椅子を置いたのなら、掃除くらいするのでは?と思いますが、その形跡はありません。そんな人に、椅子を撤去されて文句を言われる筋合いはないと考えています。  私は、本当に腹立たしく思っています。この件について情報をお持ちの方、当ブログコメント欄でも、mixiのメッセでもかまいませんのでご連絡ください。 ~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~  「善意からなら、多少の迷惑は許される。」 という考えは間違いです。
2021年9月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930