バス停に椅子 完結編?

 今日は、2週間に1度の燃えないゴミの日でした。朝、となりのバス停まで歩いて、そこにも置いてあるキャスター付きの事務用椅子2脚を取りに行き、整体院の前のバス停にあった椅子1脚と合わせて計3脚をゴミ収集場所に出しました。前日の雨から一転、清々しいまでの快晴で助かりました。椅子は3脚とも午前中、患者さんに施術をしている間に、収集業者さんがきちんと持ち去ってくれました。とりあえずひと安心です。  しかし、となりのもうひとつ先のバス停に、まだキャスターの付いていない椅子が1脚放置されたままなので、次回のもえないゴミの日まで放置してあるようでしたら、処分したいと思います。さすがに2区間は少々離れているという事と、キャスターのついておらず、最初に置かれていた椅子のような背の高い不安定な椅子ではなかったため、今回の処分は見送りました。ひょっとしたら、私と同じようにバス停に勝手に椅子を置く事を良しとしない人が処分してくれるかもしれませんし・・・可能性は低いですが。  実は、まだ自治会や警察などには今回の椅子の件は相談していません。それに誰が置いたのかも分かっていません。ただ、「バス停付近に勝手に私物を置く事は許されない」 というメッセージは、置いた人物に伝えたつもりです。これに懲りてこのような迷惑行為は止めてもらえる事を願っていますが、『勘違いの善意』に浸っているようなら、今回で完結とならず、またどこからか椅子を調達してくるでしょう。その時は、イタチごっこをする気はないので、自治会や場合によっては警察に相談しようと思います。  それから、今日もバス停には、タバコの吸殻が落ちていました。整体院の駐車スペースには、空き缶が捨てられてありました。このバス停を利用するなら近くに住む方に違いないのに、平気でポイ捨てされていると思うと、朝から悲しい気持ちになります。その一方で、携帯灰皿を利用し、落ちている吸殻まで拾っている方も、朝のバス停で見かけた事もありますし、掃除をしている時、「いつもきれいにしてくださってありがとう。」と声をかけてくださる方もいらっしゃいます。そんな朝は、とても気分が晴れやかになります。  自分のできる事は限られていますが、せめて身の周りだけでも自分の責任で清潔・清掃に努めたいと思います。 ~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~  ゴミはゴミを呼びます。ほんの少しでもゴミを捨てたままにしておくと、それを見た人がまたゴミを捨てていきます。汚れてほしくないなら、つねにきれいにし続けるしかほかありません。
2021年9月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930