物流もサービス業のはずなのに

 今日、久留米運送という配送会社が、妻が通販で購入した商品を運んできた時のこと、事前に場所が分からないと配送員から電話が入り、場所を教えるついでに、「2階は外出中で居ないから、1階の整体院で受け取ります。」と伝えました。患者さんのいない時間帯だったので奥の方で作業をしていると、しばらくして、ドアホンの音もなく、玄関のドアがカチャッと開く音がしたのです。  次の患者さんまでには、もう少し時間があるので、「えっ?」と思いましたが、「少し待ってください。」とその場で声を出し、ちょっとしてから玄関へ向かいました。するとなんと、20代らしい若い男性配送員が靴を脱いで、勝手に中に上がりこんで、商品を整体院の中に置いているのです。  玄関のドアホンを利用せず、勝手にドア開ける配送員は、少数派ですが今までにもいましたが、それでも中には上がり込まず、普通は入り口で商品を手にして待ったままです。それをズカズカと上がり込まれたのは初めてで、とても不快に感じました。そして、それを注意すると配送員からふてくされた感じで、信じられない言葉が出てきたのです。 「ここ病院だから、勝手に入ってもかまわないと思って。」  私は唖然としました。まず、ここは整体院で、けっして病院でも医院でもありません。民間療法を施す、皆さんの健康のお役立ちの場です。それに、たとえ病院だろうが、お店だろうが、事務所だろうが、何の断りもせず、勝手に入り込んでいい訳がありません。それがこの人にはまったく通じないのです。それどころか、注意をすると、「自分は荷物を運んできただけなのに、何で文句を言われなきゃなんないんだ。」という態度に出たのです。もちろん、そこには自分が、悪いことをしたという反省も謝罪の気持ちもありません。  たしかに、ここにお見えになる患者さんの大半は、とくにドアホンのボタンをいちいち押したりしません。そのままカチャッとドアを開けて入ってきます。その方が当たり前です。だって、事前に整体を受けることを予約している患者さんなのですから。しかし、配送員は、整体院の患者さんでもなければ、私のお客さんでもありません。どちらかと言えば、商品・荷物を受け取るこちら側の方がお客さんとなるはずです。   私も、この開き直った配送員の自分勝手な言動に腹が立ち、言葉も荒くなり、「お前、そんな態度なら、受領書渡せんぞ!」と言ったところ、「じゃあ、その荷物返せ!」と言い返してきました。終始自分の非を認めず、お客をここまで怒らしても平気な態度を見て、こいつには何を言ってもムダだろうと思い、これ以上気持ちを乱すと、以降の施術の効果に影響が出てもかなわないので、帰ってもらうことにしました。  しかし、まだ怒りが収まらないので、「お前は、もう二度と、ここへは来るな!」と言い放ちました。すると、相手も、「ああ、二度と来ねえよ!」と言ってきました。最後の最後まで、最低最悪の印象の配送員でした。こういうことを他の配送先でもやっているのでしょうか?よくこれで仕事が務まるなぁと呆れてしまいました。  直後に、久留米運送の都内の営業所に、事の顛末をクレームとして伝えました。今後このようなことが二度と起きないよう厳しく社員教育を徹底してほしいと思います。  しかし、本当に悔しいのは、配送員にこのような態度を取ることを許してしまった自分の非力さです。もし、自分にもっと威厳があったら、こちらが最初に注意をした時に、相手はナメた態度を取らず、すぐに反省した態度を示したかもしれません。こちらの言い分が正しくとも言い合いに発展してしまった段階で、私のレベルは彼と同等でした。まだまだ未熟で恥ずかしい限りです。 「本当に強い者は、ケンカなぞしない・・・」 そういう域は、はるか先のようです。  
~〈整体師の味方コメント〉~
 ある主婦業の患者さんとの会話の中で、さっそくこの話しをしたところ、「きっとその配送の人は、小さい時、友達ンちに勝手に上がり込んで、ひょっとすると冷蔵庫とかも勝手に開けたりしてたかもね。」と言われました。さすが子を持つ主婦の着眼点は違うなぁ~と関心しました。こういう会話で、患者さんから教わることは多々あります。 ========================= 《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》 『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   これからもどうぞよろしくお願いいたします。   =========================
2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031