勝手にあきらめない○

100914ojigi2-1.jpg

~:~:~

 ウチの下の子(年長さん)が、この春から夏にかけて、水遣りして面倒みていたオジギソウが、だんだんと葉が落ち、ついには葉っぱが全部なくなってしまいました。私はオジギソウは一年草と記憶していたので、枯れてしまったのなら捨てなくては・・・と思っていたのですが、それでも子供が面倒をみているので、飽きるまではとほうっておいていました。

 すると先日、変化が!茎から新しく葉っぱが生えてきたのです。よくよく聞いたら、オジギソウは実は多年草なのだそうです。しかし、寒さに弱いため冬に枯れることが多いため、一年草と思われがちなのだそうです。今週になってようやく秋めいてきましたが、まだまだ日中は暑いので、多年草本来の実力を発揮できたのでしょう。とりあえず、良かったです。

 大人は今までの経験則から、秋になり、葉が落ちてなくなってしまえば草は枯れるもの、と思いがちですが、子供(とくに幼児)には関係ありません。本当に枯れてしまうまでは、元気に生きてる、まだ育ってる、と思えるのです。そして実際に、オジギソウはまだ元気でした。育ってました。

 大人になると利口になります。そして勝手にあきらめてしまいます。しかし、本当はそれは間違っているのだと、子供と幼児に教わったような気がします。自分もよく、空手道の試合で、教え子達に「最後の最後までがんばれ!勝手にあきらめるな!」と言いますが、まず我が身を正さないといけませんね。

 たしかに、いつまでもくだらないことに執着していては、物事は先に進まないし、切り替えが肝腎とも言います。それはそれで正しいのですが、いつもそれでは、予想されたつまらない結果ばかりになってしまいます。別に、奇跡とまでは言いませんが、『まさかの展開』を望むなら、時にはあきらめず、結果が出るまでやってみるというのも、おもしろいと思います。

   

〈整体師の味方コメント〉

 患者さんの中にも、「どうせ整体でもあまり変わらないだろう。」とあきらめ顔で来る方もいらっしゃいます。しかし、せっかく来られたからには『まさかの展開』になって帰ってもらえるよう施術しています。そして「あきらめず通って良かった!」の言葉が、患者さんから出た時ほどうれしいことはありませんね。

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

 

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031