今年は漢字は『金』だそうですね。○

 世相:今年の漢字は「金」(毎日新聞 2012年12月12日)  森清範貫主によって書き上げられた今年の漢字「金」=京都市東山区の清水寺で2012年12月12日午後2時5分、森園道子撮影 日本漢字能力検定協会(京都市)は12日、この1年間の世相を漢字1字で表現する「今年の漢字」に「金」が選ばれたと発表した。清水寺(同市)で森清範貫主が揮毫(きごう)した。

 同協会が95年から毎年募集。昨年は「絆」だった。

~:~:~

 今年の世相を表す漢字1字は、『金』だそうですね。シドニー五輪のあった2000年も『金』で、2回目だそうです。実際オリンピックはメダルラッシュでしたが、金メダルの数はすこし少なかったように思います。しかし金環日食や、金星食もあったので、1年を通してみて『金』になったようですね。

 皆さんにとってはどのような1年でしたでしょうか。漢字に表すとどんな字になりますか?私の場合は、『戒』でしょうか。いろいろ反省の多い1年でした。『戒』の読みは『カイ』、これは『解』『改』という漢字もあります。これまでこれで良いとしてきたことを、もう一度見つめ直して、自分の凝り固まった考えを解きほぐし、初心に返り、足元をしっかりと見据え、改めて来年から、また一歩を踏み出していきたいと思います。

 また、自分としては、今年の世相を表すものとしては、『空』のほうが合っているかな?と思いました。金環日食で、みんなで空を見上げました。宇宙飛行士の星出さんが国際宇宙ステーションで、船外活動をし、無事帰還したのは先月11月のことです。

 青空が一変し、つくば市を竜巻が襲ったニュースにはビックリしました。それに今年はスカイツリーが開業しましたね。まさに、スカイ=空じゃないですか!ねっ、『金』より『空』のほうが、いいなあと思いませんか?

 去年の今頃、良きにつけ、悪しきにつけ、今年がこんな一年になっているなんて、誰も想像できなかったと思います。だから、来年の心配をしても始まりません。今できるだけの努力をしたら、あとはなるようにしかならないのです。良い意味で「明日は明日の風が吹く」なのです。

 明日後悔しないために、今を一所懸命に頑張る!結局はこれしかないように思います。間違ったら直して、行き詰ったら考えて、出直したり、廻り道したり、それでちょっとでも前に進めたら、それでヨシとしていきましょう!

 来年、私の『カイ』が『快』になることを期待して、頑張っていきます!!

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

2022年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930