春一番が吹きましたね○

春一番:関東などに 毎日新聞2013年03月01日

 気象庁は1日、関東、中四国、九州北部の各地方に「春一番」が吹いたと発表した。日本海側にある低気圧の勢力が強まり、そこへ流れ込む南寄りの風が強まったため。東京では午前10時29分に最大瞬間風速16・8メートルを記録した。

 これに伴い、この日は全国的に暖かい朝を迎え、東京都心の最低気温は平年より4・1度高い7・9度と4月上旬並みになった。

~:~:~

 今日は朝から曇っていましたが、意外に冷え込まず、なんだか変だなあと思っていたのですが、午後の患者さんの見送りに外へ出てみると、強い南風が吹いていました。ぽかぽか陽気ではないので、風もそんなに暖かくはないのですが、「これって、春一番ですよね?」と患者さんと話していました。そのあと、インターネットのニュース記事を見ると、やはり関東で、春一番が吹いたとのことでした。

 今日から3月。三寒四温の言葉どおり、お彼岸まで暖かい日と、寒いを繰り返しながら、ひと雨ごとに春めいて来るんでしょうね。例年にない厳しい寒さからようやく開放されそうです。しかし、あまり喜んでもいられません。季節の変わり目、しかも冬から春にかけては、体調管理にもっとも注意が必要な時期だからです。

 だんだん暖かくなってくると、人は自然に、体を動かしたくなってきます。しかし、実は冬の間に、体はかたくなっていたり、なまけていた分、筋肉が少し衰えたりしています。それに気づかず、「えいっ!」とばかりに、普段より力仕事や、家事に力を入れたり、いきなり運動を始めたりすると、スジを傷めたり、場合によってはせっかく冬を越したのに、ギックリ腰になってしまったりと、意外とあぶないのです。

 もちろん、健康の3要素は、食事・睡眠(休息)・運動 ですから、運動はたいへん結構です。ぜひやってもらいたいです。しかし、なまった体を急激に動かすのには反対です。自分の体の状態に耳を傾けながら、まずは、自分の体のかたさ・柔軟性の確認から。それからストレッチ~体操と入念に少しずつ自分の体の可動範囲を広げていって、運動はそれからです。とくに初日は、しっかりと。

 普段から体を動かしている方も、注意は必要です。動きやすいからといって、ついついムリをしがちです。全力プレーは、もう少しあとになってからのほうがいいでしょう。腹八分目ならぬ、体八分目でお願いいたします。

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。

http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031