地元が一番のパワースポット○

130815_tsukuba.jpg

~:~:~

 8月14日と15日をお休みして(といっても、結局14日の午前中は整体の予約を取ったのですが)、茨城の実家に帰りました。夜寝る時は少し蒸し暑いかな?と思いましたが、こおろぎの声を聞きながら眠りにつきました。そして明け方は、とてもすがすがしくセミの声で目覚めました。扇風機の風が肌寒いくらいでした。あまりの気持ちよさに、そのまま寝ているのがもったいなく、散歩にでかけ、またケータイで筑波山の田園風景を撮りました。

 実家に入ってくる朝風も、水の冷たさやおいしさも、朝日に映える筑波山も、その前に広がる田園も、まるで私にパワーを与えてくれているかのようでした。つくづく、結局地元が一番のパワースポットなんだなって感じました。そんな実家に、家族を連れて泊まりに来れる私は幸せなんだなって感じました。

 ブログアップした写真にあるとおり、私は少年時代を過ごしたこの場所から見る筑波山が大好きです(メルマガの方すみません)。なんといっても形がとてもきれいです。すーっと左右に末広がりになっていて、男体山と女体山の寄り添う距離が絶妙です。男女仲良く連れ添っている感じが出ていると思いませんか?

 百人一首にある、陽成院が詠んだ

『筑波嶺(つくばね)の 峰より落つる 男女(みなの)川 恋ぞつもりて 淵となりぬる』

という句は、まさにこの筑波山の美しい立ち姿と、男体山・女体山のバランス良さがあったればこそ生まれた句だったのだと思います。  

 長期休暇、短期休暇、お仕事、勉強、宿題、趣味、皆さんそれぞれに、今年の夏を過ごされているかと思います。その中には全国のパワースポット探訪などを、されている方もいることでしょう。もちろんそれも楽しいと思いますが、まずその前に、自分の生まれ育ったところから、パワーを確かめてみてはいかがですか?きっと、貴方だけのパワースポットがあるはずです!

 もちろん、筑波山自体有名なパワースポットですから、地元外を訪ねてみようという方にもおすすめですよ。

 

=========================

《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》

『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが ございましたら、お気軽にお知らせください。 http://www.mag2.com/m/0001002720.html   

これからもどうぞよろしくお願いいたします。  

=========================

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031