自分の為に、掃除をします。

20157710712.JPG

~:~:~

 梅雨のさなか、ここのところ雨続きで、数日間できなかったのですが、今日は曇りだったので、整体院前からバス停までのところまで、掃き掃除することができました。予想通り、たばこの吸いがらがいくつも落ちていました。多いのは、バス停付近ですが、整体院の駐車スペースやその前の歩道にも捨ててありました。予想していたとは言え、残念です。

 もちろんほとんどの方は、携帯灰皿を持って吸っているのでしょうが、どうしてもポイ捨ては無くなりません。捨てる人はほぼ決まっているのだと思います。そして最早捨てている意識すらないのかもしれません。嫌味を言えば、ポイ捨てまでの動作が喫煙なのでしょうね。

 ただ、別にこの掃除は誰かに頼まれたわけではありません。強いて言えば、整体師養成校時代、学院長から、「もし開業したら、整体院の前はもちろん、その周囲まできれいに掃除をしなさい。」と言われたことを実践しているだけです。掃除は習慣化されているので、雨で出来ない日は、ちょっと気持ち悪いくらいです。ちなみに、隣りの市が所有する空き地も、整体院側の歩道側、四分の一のスペースは勝手に雑草を取ってきれいにしています。

 だから吸いがらの有る無しは、掃除をするしないに関係はないのです。ポイ捨てする人に、まったく響かないのが残念なだけなのです。それに何より掃除は、自分の為にしているのです。もちろん、整理整頓・清潔清掃は、風水的にも幸運を呼び込む基本です。それに正直、整体院の前を通る歩行者や自動車の運転手さんに、「ああ、あそこはいつもきれいしているな。」と良く思われたいというちょっとした見栄もありますが、それだけではありません。

 先日、いつも大変お世話になっている空手のある先生がおっしゃっていたのですが、『掃除は気づきである』と言うのです。どういう事かというと、出来るだけきれいにしようと心掛けて毎日掃除をする、すると昨日まで気づかなかった所の汚れが見えてくる、そこを掃除する、するとまた別の汚れに気づく。そうやって繰り返していくうちに、物事の細部にまで目が行き届くようになって、いろいろな事に気がつくようになるというのです。もちろん、使う時もできるだけきれいに使おうとか、ちらからないように、掃除がしやすいようにちょっとまとめておこうとか、段取りにも気が回るです。

 空手の上達にも効果があります。『気づき』が出来るという事のは、自分の弱点や欠点、練習を見ていて、相手の長所にも気がつくという事に繋がります。相手の気持ちや、やろうしている事に気づけば、思いやったり、一緒に手伝おうという気になり、人間関係も円満になります。そして何より、自分の手の届く範囲、目の届く範囲がきれいに片付いていれば、それだけで気分が良いですよね。

 私は、先日この先生のお話をおうかがいした時に、整体院養成校時代の事を思い出しました。そして、学院長もきっと同じ事を伝えたかったのだと思いました。たしかに、整体師もどれだけ患者さんの身体からの訴えに気づいてあげられるか、どの施術方法が適しているか正確に見極められるかが大事です。単に院内や周辺をきれいして、印象を良くしようというだけではないんですね。

 「掃除は、自分の気づきの為の、大事な練習」・・・そう思って、また明日も掃除から一日を始めたいと思います。

 

=========================

よかったら、facebookいいね!ボタンを押してくださいね。

『整体は、マン病を予ボウする』

【マンボウマーク】でおなじみ。あさひ整体センター0120-42-4955

=========================

 

2021年9月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930