結果オーライでは済まされない

無免許で「瀉血治療」、札幌の72歳療術師を逮捕(2007年11月25日20時38分 読売新聞)  北海道警札幌南署は25日、医師免許がないのに患部から血液を吸い出す「瀉血(しゃけつ)治療」をしていたとして、札幌市南区真駒内柏丘、療術師渡瀬正方容疑者(72)を医師法違反(無免許医業)の疑いで逮捕した。  調べによると、渡瀬容疑者は、8月下旬ごろから11月12日ごろまでの間、自宅に設けた診療室で、札幌市の自営業男性(55)や名古屋市の自営業男性(50)ら3人に、腰痛などの治療目的で計4回にわたり瀉血治療を行った疑い。  渡瀬容疑者は1990年ごろから違法治療を始め、これまでに北海道や東京都、沖縄、愛媛両県などの患者2000人以上から1000万円以上の利益を得ていたとみられる。  調べに対し、渡瀬容疑者は「瀉血治療で膠原(こうげん)病やがん、脳こうそくなどの患者を治してきた。患者は口コミで集まってきた」と話しているという。 ~:~:~  以前にも、川崎の整体院が患者さんに瀉血治療を行い、医師法違反で逮捕された事件がありました。こういう療術師は、「医師以外は医療行為を行ってはならない」という意識があまりに欠けています。「法律ではそうだが、実際に患者さんが良くなれば問題ない」という「結果オーライ」の感覚で施療しています。たしかに一見効果があると見られるケースもあったでしょうが、こういったいいかげんな考えで施療しているのですから、患者さんに健康被害を及ぼし、トラブルになるケースもあったと思います。  自分の行為が、患者さんを健康にするどころか、患者さんを感染症などの危険にさらしているという危機意識をまったく持たず、がんなどで苦しみ、わらをもつかむ思いで来ている人に医学的根拠もなく、「悪い血を出せば健康になれる」などといいかげんな治療をすることは、許しがたい罪です。この療術師を信じてしまった人の中には、本来医師から受けるべき治療をせず、かえって病状が進行してしまった人もいたのではないでしょうか?厳しい処分を求めます。  私のところではしていませんが、中国整体などで、「吸い玉療法(カッピング)」というのを、しているところがあります。吸い玉療法には瀉血する方法としない方法があります。瀉血しない方法ならかまいませんが、瀉血する方法については、医師法に触れるおそれがあります。 ~:~:~:~:~:~:~  「結果良ければすべて良し」という言葉がありますが、そんな考えで施術をし、もし、患者さんに健康被害が発生した場合、あなたは責任をとれますか?  患者さんに施す技術は、適法であることはもちろん、しっかりと裏打ちされた正しいものでなければなりません。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆  ↓励みになります。1日1回のクリックおねがいしま~す[emoji:e-365] blogRanking にほんブログ村 健康ブログへ
2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31