質問に答える?答えない?

皆さんは、誰がに何か質問された時に、その質問に答えようとしますか?

なんだか変な切り出し方ですよね。答えるのを当たり前と思う人もいれば、とくにいちいち答える必要もないと思う人もいるでしょう。ケースバイケースでしょうけど、基本的に自分は『答える側』の人間です。

しかし、「答えない」が正解の場合があります。それは相手が答えを求めておらず、ただただその質問に至った心情に寄り添ってほしい、共感してほしいだけの場合です。私はこれが実に苦手です。つい自分なりの答えを探そうと一所懸命になってしまい、答えたのに喜ばれないという悲しい結果も、、、

そんな中たまに、真面目に答えると、「そんなに真剣に考えなくていい」とか「なんでも真面目に答えようとするんだね」と、若干小馬鹿にされた受け応えが帰ってくることがあります。こちらとしては「聞いておいて、何だよ?」と思うし、悲しくもなるし、悔しくもなるし、自分がバカみたいに思えてきます。

でも本当は、相手の真意を察して、答えるべきか共感するか受け流すかを場の雰囲気に合わせて判断できる適応力が必要なんですよね。でもそれが、なかなか出来ないのです(笑)まあ、がんばります!(^_^)ノ

皆さんは、こういう経験ありますか?

 

*このブログの感想をお聞かせください。あさひ整体センターのメールフォームのお問い合わせをご利用いただくか、Twitterへのメッセージでもお待ちしております(https://twitter.com/ken1sakata2)。

越谷市で整体なら、せんげん台のあさひ整体センター

《頭痛・腰痛・肩こり・神経痛・猫背・骨盤の歪み解消》

越谷市で空手を習うなら、剛柔流空手道越香会/弥栄・桜井・桜南空手クラブ

《心身の向上・健康増進・護身術》

2022年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930