マウントを取りたがる人は

最近「マウントを取る」、「マウントを取られた」なんてはなしをよく耳にします。要するに話しの主導権を握ったり、何かの経験や資格の話しになった時に、自分の方が格上であると示したりというような状態を指す言葉のようです。おそらく、マウントを取りに行ってる人は無自覚無意識でやってるんでしょうね。でも、相手や周りはそれが分かってしまうから不思議です。

それでひとつ気づいた事があります。マウントを取りたがる人は、人の話しを聞いた時、「そうそう、そうだよね。」の肯定ではなく、「いやそうじゃなくて、こういう事だよ。」の否定から入ります。世間話的な本当にどっちでもいい話しでも否定から入ります。下手をすると否定しておいて話しを聞くと、こちらとほぼ同じような事を言ってたりします。面白いですね。

また、逆に先日ある動画で対談を見ていたら、ある有識者が、相手から意見されて「おっしゃる通り」から話しを始めて、よく聞くと全然逆の事を言ってました。私は、1人でタブレットに「全然おっしゃる通りじゃないじゃん」と突っ込んでましたが、この有識者とても優秀だなと感じました。もちろん、この方は全然マウントを取るような人に見えません。

私は、持論を話した時、否定され、もう一度別の説明を加えて話して否定された時は、もう引っ込めてその話しはしません。マウントを取るまで持論を進めるなんてマネはしないですね。また、体験や資格などで同程度のあるある話しか、それ以下なら軽く自虐を混ぜながら笑いを取りに行ったりしますが、自分が上的なマウントはしないです。ただ、事実を述べる中に軽く自慢混ぜたりしますが(笑)

マウントを取りたがる人には、好きに取りたいだけ取らせてあげて気持ちよくなってもらうのが一番です。話しを否定されても、最初からそういう展開だと思っていれば、ストレスも感じません。ホットコーヒーでも飲んでリラックスしてください。夏でも敢えてのホットです。

「マウントを取りたがる人は、自分の心を大きくする肥やし」くらいに思ってるほうがいいかもしれませんね。

 

*このブログの感想をお聞かせください。あさひ整体センターのメールフォームのお問い合わせをご利用いただくか、Twitterへのメッセージでもお待ちしております(https://twitter.com/ken1sakata2)。

☆越谷市で整体なら、せんげん台のあさひ整体センター

《頭痛・腰痛・肩こり・神経痛・猫背・骨盤の歪み解消》

☆越谷市で空手を習うなら、剛柔流空手道越香会/弥栄・桜井・桜南空手クラブ

《心身の向上・健康増進・護身術》

 

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031