体調は気温だけでなく湿度&気圧も関係します

連日体温超えの気温となる日が続き、暑さが日々体力を奪っていくのがよく分かりますね。ますます熱中症にかかるリスクが高くなりますので、くれぐれも対策を怠らないようご注意ください。

さて、体調管理についてスポーツ指導者は知っておいていなければならない言葉に『暑さ指数』(WBGT)というものがあります。詳しくは、環境省の熱中症予防情報サイトをご覧ください。暑さ指数は「湿度:7」「輻射熱(ふくしゃねつ):2」「気温:1」の割合で影響を計算されています。つまり熱中症リスクを最も警戒しないといけない時は湿度が高い時なんですね。ちなみに輻射熱というのは、外で言うと、ビル窓の反射やアスファルト道路から伝わってくる熱の事を指します。同じ日中でも、土や草むらの上と道路とでは体感温度が全然違いますからね。特に日本の夏は湿度が高いから気温が30度前後の日でも要注意です。

さらに台風の影響時には感じやすいのが気圧の変化です。暑さ指数には入っていませんが、人間の身体は意外に気圧の影響を大きく受けます。天気が崩れる前に、膝など古傷がシクシク痛むなんて聞いた事ありませんか?あれは実は気圧の変化を身体が感じているのです。他にも偏頭痛や首凝り、肩こり、神経痛などがひどくなってきたりします。自律神経も乱れやすいですね。

気のせいでなく、また病気とも言えないので、こういう時こそ整体を頼ってください。なんだか分からないけど調子が悪い、凝りが明らかにいつもよりひどいといった場合、そのままにして回復を待つより、的確に整体で文字通り身体を整えた方が早いです。ガマンしているうちに身体も歪んできているかもしれません。もちろん、体温超えの日中に何の用いもなしに出かけるのは危険ですが、暑さ対策をした上で出来れば、クルマとかでご来院ください。

きっと、「あぁ来てよかった。」と言ってもらえると思います。

 

 

*このブログの感想をお聞かせください。あさひ整体センターのメールフォームのお問い合わせをご利用いただくか、Twitterへのメッセージでもお待ちしております(https://twitter.com/ken1sakata2)。

☆越谷市で整体なら、せんげん台のあさひ整体センター

《頭痛・腰痛・肩こり・神経痛・猫背・骨盤の歪み解消》

☆越谷市で空手を習うなら、剛柔流空手道越香会/弥栄・桜井・桜南空手クラブ

《心身の向上・健康増進・護身術》

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930