NEVER x3 SURRENDER!

巨人がセ・リーグV2、“メークレジェンド”完結  プロ野球セントラル・リーグは10日、読売巨人軍が2年連続32度目(1リーグ時代を含め41度目)の優勝を決めた。優勝マジックを「2」としていた巨人は、神宮球場で行われたヤクルト戦に3―1で勝ち、2位の阪神が横浜に敗れた。  巨人の連覇は1989、90年以来で、セ・リーグでは92、93年のヤクルト以来。原辰徳監督(50)は3度目のリーグ制覇。巨人は上位3チームによるクライマックスシリーズに出場し、2位・阪神と3位・中日の勝者と、日本シリーズ進出をかけて第2ステージ(22日開幕、東京ドーム)で対戦する。  6年ぶりの日本一奪回とリーグ連覇を目指した今季の巨人は、開幕5連敗と出足でつまずいた。7月8日には首位を独走していた阪神に13ゲーム差をつけられたが、若手の積極的な起用で勢いをつけて反撃に転じた。9月には球団として32年ぶりの12連勝を記録し、阪神との一騎打ちに持ち込んだ。  13ゲーム差を逆転しての優勝は、セ・リーグでは96年に長嶋茂雄監督率いる巨人が11・5ゲーム差をひっくり返した「メークドラマ」を上回る。プロ野球でも63年の西鉄(現西武)の14・5ゲーム差に次ぐ史上2番目の大逆転優勝となった。 ~:~:~  最終戦までもつれると思いましたが、今日(日付変わって昨日)ジャイアンツが優勝を決めましたね。まさかまさか、前半戦を折り返す時点で、だれがジャイアンツの優勝を予想いや、期待をできたでしょうか。しかし、原監督は、ジャイアンツの選手達はあきらめていませんでした。原ジャイアンツ、セ・リーグ連覇おめでとうございます。  このように書くと、私がジャイアンツファンのように見えますが、実は、 根っからのドラゴンズファンです。ですから、タイガースを追撃するどころか、ジャイアンツに追い抜かれて、3位に転落した時は、くやしくて、唇をぐっと噛みしめました。カープとの3位争いの時もハラハラしてました。しかしながら、今年のジャイアンツの追い上げは見事と言うほかありません。脱帽です。ここは、潔く負けを認め、ジャイアンツの“メークレジェンド”を祝福したいと思います。  「そこに1%の可能性でもあるならば、けっしてあきらめてはならない。自らがあきらめなければ、願いはきっと叶う。」 あらためて原ジャイアンツに見せつけられました。最大13ゲームをひっくり返して優勝するなんてまさに“奇跡”です。こんな奇跡を見せられたら、何でもできそうな気がしてきます。この奇跡的な優勝に勇気づけられた国民は、少なくないと思います。  そして、私はもうひとつの奇跡を信じます。それは史上初の、3位からのクライマックスシリーズ優勝、そして日本シリーズ連覇。もちろんドラゴンズのことです!「最後は、あきらめない方が勝つ!」その気持ちが最も強いのは、挑戦者であるドラゴンズだと私は、強く強く信じます。   ~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~  「夢はあきらめなければ、必ず叶う。」 これは真実だと思います。しかし、ただ願っていてもダメ。夢は、それを実現させるためにあらゆる努力を惜しまず、ひとつひとつ積み重ねていった物だけが叶えられるものだと思います。ちょうど、勝ち星をひとつひとつ積み重ねていった今年のジャイアンツのように。
2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031