夢を現実に○

 昨日TVで、ある若者が地方議員になりたいという夢の実現に向けてがんばっている姿を放送していました。しかし、残念ながらきっとこの若者は選挙で立候補しても当選は難しいだろうと思いました。それは、この若者が立候補の為の供託金や事前の宣伝活動等にかかる費用を自分で捻出出来ず、全額を親に頼ったからです。

 親は息子の真剣な顔を見て援助することを決めたのですが、できればそのお金を自分で貯めてから選挙に挑戦しろ!と突っぱねてほしかったです。この辺が、やはり自分の子供となるとつい甘くなってしまうところなのでしょう。

 夢を現実にするためには、やりたいことを具体的に「目標」にするが必要です。具体的な目標が定まったら、それに向けて計画を立てます。その際には、どうしても資金的な問題を解決しなくてはなりません。人から出資をしてもらう力(資金調達力)がないと叶わない目標もありますが、やはりそれでも、自分でも貯蓄をし、自己資金をある程度蓄えておく、そういう計画性を持つことが大事だと思います。

 何かやる気になったから、お金が必要になったから、誰かになんとかしてもらおう、そんな姿勢で夢が叶うほど、神様はやさしくありません。整体院を開業しようと思ったら、場所を借り、内装を整え、看板を出し、事務用品や、施術に必要な用具をそろえ、印刷物を作成(発注)するなどさまざまな用意が必要です。安くても数十万、程度によっては百万単位でかかるでしょう。

 整体養成校を修了して、いざ開業したいと思ったとき、全額を自己資金でまかなえるだけの用意を今のうちからしておくことをぜひ、おすすめします。それに半年から1年くらいの運転資金も用意できれば、充分でしょう。  えっ、わたしの場合?わたしは、当然借入金0の無借金経営です。

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031