棲み分けができている

 先日、理容店に散髪してもらいに行きました。今回は、チラシが入っていたこともあり、いつも行く店ではなく、近くにオープンしたいわゆる“格安理容店”に行ってきたのです。  料金は、カット・洗髪・顔剃りで1890円。理容組合加盟店の通常料金が3600円ですから、かなり割安です。それでやっていけるのでしょうか?⇒実は、ちゃんと理由があります。仕上がるまでにかかる時間がとにかく“早い”のです。スポーツ刈りの私で20分少々でしょうか。いつも行っている理容店の3分の1の時間です。これなら、入れ替えの時間を含めても、最低1時間に2人は、カットできます。人数さえ、来てくれたら十分やっていけるのです。  では、肝腎の仕上がりはどうでしょう?その日、妻に髪型でどこかおかしい点がないか聞いたところ、とくに気になる点はなく、その後患者さんからも、指摘はないので、大丈夫みたいです。私自身も仕上がりには満足しています。そうなると、理容組合加盟店などは、格安店に淘汰されていってしまうのでしょうか?いえ、おそらくそうはならないでしょう。それは、棲み分けがきっちりなされているからです。  格安店は、時間に追われるため、店員さんとほとんど会話がありません。私の担当の方は、温和でまじめなイメージの方でしたが、テキパキと仕事をこなすことに集中している感じでした。理容店を、ただ、「髪を切るためだけの手段」ととらえる方、時間と料金をとにかく節約したい方には、ピッタリなのでしょう。  それと比べて、私の普段利用している店では、テキパキと仕事はしているのですが、けっして急いでいるわけではなく、店主独特の“間”というものがあります。会話も、時事ネタから、家族の話しなど、ちょっとした人生相談になる時もあります。洗髪や顔剃りもとても丁寧です。居心地がいいので、すぐに1時間くらい経ってしまうのです。髪を切ってもらいながら、同時にその空間を楽しむ事ができるのです。まさに理容“サロン”という言葉がピッタリです。そういう時間を過ごしたい方には、格安店でなく、従来の形態のお店の方がいいでしょう。  それと、もうひとつあります。切ってもらった後、これから3週目以降の髪型です。私は、だいたい4週目に散髪に行くことが多いのですが、仕事が忙しく、5週目になる時もあります。しかし、熟練したプロがカットすると、伸びた髪形でもそんなに無様にはならないのです。これが、今回、格安店で切った後では、どうなるか?楽しみにして待ちたいと思います。  従来店と格安店、そのどちらにも良さがあります。今回、初めて格安店を利用しましたが、次回は、またあの店主に会いに行こうと思っています。   ~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~  最近は、整体もクイックメニューを取り入れるところが増えてきました。しかし、安易にメニューを増やすのでなく、自分の整体の良さがなんなのか、しっかりと見極めてから設定した方が良い結果につながると思います。
2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031