星に願いを

 今日は7月7日、七夕ですね。日中から晴れて、夏さながらの天気でした。梅雨時なので、毎年七夕の日に、星空を眺めるのはあきらめているのですが、今晩はなんとかそれが叶いそうですね。  子供たちは、七夕飾りの短冊に思い思いの願いを書いて、笹の枝に吊り下げています。憧れのヒーローになりたいとか、漠然と目指している職業とか、なかには、クリスマスと混同して、欲しいプレゼントを書いてしまったりとおもしろいですね。  さて、大人はどうでしょう。別に短冊に願いを書いてもそれで叶うわけでないし、くだらない・・・みたいなことになっていませんか?それでは、夢がありませんし、そんな心構えでは、自分の中にホントに叶えたい夢や目標があってもけっして叶うことはないでしょう。  自己啓発で、自分の夢や目標(正確には、夢と目標は違いますが)を、紙に書いて目に見えるところに貼り出し、それを毎日声に出して読む というのがあります。私も、整体師を目指している頃、壁には貼り出しませんでしたが、手帳に目標を書いて、ひとりでそれを見てはつぶやきながら、自分に言い聞かせていました。  短冊に夢を書くという行為自体が、自分を夢に近づけるとは言えないでしょうか?たとえそれが、直接的には無理なもの(シンケンジャーになりたいとか)だとしても、強い憧れはやる気や努力を引き出します。結果、夢や願いを強く想うことは、その人を夢に近づけます。  今日は、子供たちに混じって、大人もいっしょに夢を短冊に書き込んで飾るのもいいかもしれませんよ。  ちなみに私の夢は、80歳まで、現役の整体師と空手家でいられることです。そのための努力は惜しまないつもりです。当面の目標としては、まずは『全空連公認四段位の取得』 ですね! ~:~:~ ~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~  貴方の夢や目標は、何ですか?  書いてみましょう!声に出して読んでみましょう!人に聞いてもらいましょう!  有言実行あるのみです!!!
2021年9月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930